肝臓の炎症:症状と適切な食事

· 12月 18, 2015
ミルクシスル(マリアアザミ)とタンポポで作られたお茶が、炎症を起こした肝臓の治療に役立ちます。

肝臓の炎症はよくある問題です。

医学用語で肝腫大と呼ばれ、この重要な器官が突然、通常のサイズより大きくなります。

肝臓の炎症の最も一般的な症状と、医師の指導を補完するために、自宅で行うべき食事法をご紹介します。

肝炎の症状

肝臓

肝臓がどこにあるか知っていますか

肝臓の下縁部は、右側の胸郭の真下にあります。

肝臓の機能とサイズが正常であれば、胸郭の下を指で押しても(深く息を吸ったりする場合を除いて)、恐らく気付かないでしょう。肝臓が炎症を起こしているかは通常、肝スキャンを見ればわかります。

肝臓の問題のほとんどは、初期症状が出ないので、後々まで気づきませんが、肝臓のサイズが大きくなるにつれ、徐々に症状が現れます。

こちらの記事もご参考に:肝臓ケアにおすすめの食品8選

1.痛み

肝炎から生じる痛みは通常、しつこい鈍痛です。痛みは少しずつ大きくなり、最終的に激しい痛みになります

右側から始まるので、常に腹部の右上に注意を払ってください。

痛みは腰にも到達しますが、まだ右側だけです。 良くならない強い疲労を感じるかもしれません。鎮痛剤を服用しても、効果は一時的です。

2.吐き気や全身の倦怠感

肝臓の調子が悪いと、食欲が減退します。

また、脂肪が多い食べ物や塩漬け肉は、消化が困難で、食べた後は、疲労が悪化し、めまいや吐き気を伴うでしょう 。

医者はよく、疲労や体の不調は、午前中により顕著であると言います。

肝臓は、リンパ系と同じく、夜間に本格的な浄化機能を発揮します。

炎症を起こした肝臓は、その必要な機能を行うことができないので、1日のうちで朝が最も辛い時間になるのです。

3.発熱

低めの発熱が続く場合は、赤信号です。それは感染の兆候で、医師の治療を必要とする体の変化です。 熱は異物の侵入に対する体の自然な反応なのです。肝炎の原因を見つけるために、医者に相談してください。

こちらもご覧ください:平熱について知っておくべきすべてのこと

4.黄疸

黄疸は肌が黄色っぽくなる状態で、目にも現れます。 これは肝臓の問題や、その正常な機能の変化の最も明白な症状の一つです。

黄色はどこから来るのでしょう? 赤血球分解の副産物であるビリルビンは、肝臓が必要な浄化機能を果たしていない明らかな兆候です。逆に、体内から除去されるべき物質を蓄積しています。

5.便の異常

あなたの健康状態について多くのことを語る、尿と便の色に常に注意することは重要です。

突然、便の色が明るくなったら、医者のみが診断できる病気が原因である可能性があるため、直ちに医師の診察を受けることをお勧めします。

炎症を起こした肝臓を治療するための食餌療法

タンポポティー

  • 午前中に、オリーブオイル大さじ1杯にレモン汁を少し混ぜたものを飲むのは、肝臓の治癒を促進する素晴らしい方法です。 この重要な臓器を保護し生き返らせる、浄化作用のある強壮剤として機能します。 日常的に飲用することで、炎症を軽減します。
  • アーティチョークウォーターとレモン果汁もまた、理想的な毎日の治療になります。沸騰したお湯で、アーティチョークを2個茹で、その茹で汁にレモン汁を加えます。 1日に3、4杯、いつでも好きな時に飲みましょう。
  • すりおろしたニンジンとビーツのサラダ。炎症を起こした肝臓に最適な、ビタミンやミネラルを含んだ、おいしいサラダです。
  • 1日にお茶1杯 :炎症を起こした肝臓に最高のハーブは、ミルクシスルとタンポポです。朝食時と昼食後、この2つのハーブで作られたお茶を毎日2杯飲みましょう。 ゆっくり飲んで、必要なら、蜂蜜のような天然甘味料を加えます。 ミルクシスルは、乾燥ハーブとタブレットが、自然食品店で売っています。 これは炎症を起こした肝臓のケアの素晴らしい選択肢です。