テニスボールを使って筋肉痛や痛みを解消する方法

9月 17, 2017
筋肉痛や不快な痛みに悩まされていませんか? 本記事ではテニスボールを使った、筋肉の痛みを和らげる自然療法をご紹介します!

筋肉痛や体の痛みが起こる原因は様々ですが、症状が現れると非常に不快であることは間違いありません。

今回ご紹介するのはテニスボールを使った痛みの解消方法です。数分でできる自然療法ですので、手軽に行うことができます。

数分で筋肉をリラックスさせる方法

筋肉を簡単なマッサージでリラックスさせます。テニスボールを2−4個ご用意ください。

首のマッサージには新品のボールではなく、すでに使用したボールが柔らかくておすすめです。

脚、ヒップ、そして背中には硬めのボールをおすすめします。

首から肩、そして背中の上部のマッサージ

所要時間:2−5分

  • 肩甲骨の位置にボール2個を置いて床に仰向けになります。必要に応じて、頭の下に枕を置いて快適な状態を保ちましょう。
  • 肩甲骨の位置にあるボールが動くように前後にゆっくりと動きます。
  • 2−5分間続けてください。
  • ボールが滑りやすい場合は、靴下をかぶせると滑り止め効果があります。

背中の下部から腰のマッサージ

  • 腰のあたりをマッサージするときには尾てい骨からマッサージを始めてください。
  • ヒップの片側にボールを2個置いて床の上に座ります。
  • ゆっくりと横になり、仰向けになります。
  • ヒップをゆっくりと下げ、腰の上10−15cmのあたりまでボールが動くようにします。
  • 反対側も同じように繰り返します。

ヒップのマッサージ

所要時間:2−3分

  • ヒップをマッサージするときは、左側を下にして横になります。
  • 足をまっすぐにしたら肘を曲げた状態の右腕で体を支えます。
  • ボールをヒップの左側に置いたら徐々に下げます
  • 自重をボールにかけるように動きます。
  • ボールはヒップから膝のあたりまで動いたら後、ヒップに戻ります。
  • 反対側も同様に行ってください。

首のマッサージ

所要時間:1−2分

  • 首の痛みを取り除くマッサージを行うときは、まず仰向けになり頭を左側に傾けます。
  • ボールは首の右下に置きます。
  • ボールを下から上に向かって動かします。
  • 1−2分かけて頭を右に動かします。
  • 反対側も同様に行います。

足のマッサージ

所要時間:30秒

  • 足の痛みを解消するためには椅子に座ってボールを足の下に置きます。片足ずつ行います。
  • 体を軽く前に傾けて体重を前に向けてかけます。
  • 30秒間プレッシャーをかけます。
  • 反対側も繰り返します。

腕のマッサージ

所要時間:2−3分

  • 筋肉痛や痛みを感じやすいのが腕です。
  • テーブルの前に置いた椅子に座り、テーブルの上に置いたボールの上に手を置きます。
  • 指先から肘に向かってボールを転がすように動かします。
  • その後、肘から指先に向かって動かし、温かさを感じるまで続けます。
  • 腕を回転させたら、今度は手首から始めてください。

胸筋と肩のマッサージ

所要時間:1分

  • 壁の前に立ち、ボールを鎖骨の下に置きます。
  • 深呼吸を行い、この姿勢を1分間保ちます。
  • 上下、左右に動きながらマッサージを行います。
  • 筋肉をコントロールするためには、頭を左右に回転させたり下げるなどの動きを加えてください。

脚のマッサージ

  • 椅子に座って片足を軽く曲げる姿勢から始めてください。
  • 曲げている方の足のかかとを別の椅子にのせます。
  • テニスボールを膝の裏側に置いたら、ゆっくりと「押す・戻す」の動きを繰り返します。
  • 片脚10回ずつ繰り返して両脚を行います。
  • 脚のマッサージには硬いテニスボールがおすすめです。
あなたへおすすめ