肝臓を浄化するお茶

· 11月 9, 2015

肝臓は体にとって有害な要素を除去してくれる大切な臓器です。 肝臓が毒素に汚されていくのは自然なことで、 浄化が必要になります。しかしどのようにして肝臓を浄化すればよいでしょう?  ここでは植物を使った自然な方法をご紹介しましょう。

 

肝臓の浄化が必要であることがどうしたら分かるか?

胃

肝臓が毒素でいっぱいになっている時、または肝臓が通常の機能を果たすことを妨げる物質によって炎症を起こしたり阻害されている時、通常以下のような症状があるでしょう:

  • 腹部の重苦しさ
  • 食欲不振
  • 食べることにより気分が悪くなり、吐き気がある
  • 下痢。
  • 熱が出る
  • 腸内ガス
  • 頭痛
  • 肝臓の周辺の痛み(肝臓は右上の横隔膜のすぐ下にあります)
  • 皮膚のできもの
  • 口臭

肝臓を浄化するお茶

アーティチョークのお茶

アーティチョーク

アーティチョークのお茶は肝臓を保護し、浄化し、肝臓に関する病気の治療を助けます。このお茶は葉酸、マグネシウム、リン、カルシウム、鉄、カリウム、亜鉛や食物繊維と同様にビタミンA1、ビタミンB1、ビタミンCを豊富に含みます。アーティチョークのお茶は朝に摂取するのが適切です。少なくとも5日間連続して摂取し、15日毎に摂取しましょう。これで肝臓を定期的に浄化します。

作り方:

  • 3枚の乾燥したアーティチョークの葉をコップ1杯の水で茹でるだけ。
  • 沸騰したら15分置き、それをゆっくり飲みます。もしすでになにかしらの肝臓の病気があるならば、1日3回まで飲んでもかまいません。

オオアザミのお茶

オオアザミ

オオアザミの秘訣はその種の中にあります。オオアザミは抗酸化作用のある、フラボノイド類のシリマリンを含みます。オオアザミは肝臓の再生を促進し、脂肪の消化を促進し、肝細胞に毒物が入るのを防ぎます。オオアザミのお茶は、体内の解毒にとって適切かつ必要な方法です。

作り方:

  • オオアザミの種は健康食品の店でみつかります。オオアザミはもっともよく売られている天然成分です。ただし、シリマリンは水溶性ではない活性成分であるため、お茶によって100%の効果を得ることはできないことがあります。
  • お茶以外では、カプセルや錠剤などで摂取することを推奨します。
  • もしオオアザミのお茶を作りたければ、小さなスプーンに1杯のオオアザミの種を砕き、1カップの熱湯のなかにそそぎましょう。そして20分置いてから摂取してください。

セージのお茶

セージ

セージのお茶は肝臓の毒素を除去し、不快感を軽減し、洗浄するのにもってこいです。

作り方:

セージは簡単に見つけることができる植物です。自分で栽培している人もいますし、またお店でも入手が簡単です。

  • 1カップの熱湯につき、4グラムの葉と花を入れて15分ほど置いて完成です。

タンポポのお茶

タンポポ茶

タンポポ茶は肝臓を洗浄し、肝機能を改善します。午後や食後にタンポポ茶を飲むことがおすすめです。そうすることで消化を助けます。

作り方:

  • 一握りのタンポポの乾いた葉と花を、コップ一杯の水に加えて煮ておきます。飲むのは1日に2杯までにしましょう。

ボルドのお茶

肝臓を浄化するお茶1

ボルドのお茶は消化を助ける特性を持ちます。ボルドは胃、小腸をケアしますし、なにより肝臓を保護します。

 作り方:

  • ボルドもまた健康食品の店で見つけることができます。また準備も簡単です。ティースプーン1杯の乾いたボルドの葉をコップ一杯の沸騰したお湯にいれるだけで大丈夫です。そのままおいておき、食後に飲みましょう。