脂肪肝の症状を緩和するアーティチョークレシピ5選

· 8月 10, 2018
アーティチョークの特性と他の食品の成分を組み合わせることで、肝臓機能を最適化しながら浄化します。脂肪肝や肝機能の合併症を予防する効果も期待できます!

脂肪肝とは中性脂肪が肝臓に蓄積する病気で、他の体内器官にも脂肪が蓄積されたり、細胞の炎症をはじめとするいくつかの症状を併発するリスクがあります。

しかし目に見える症状がないことや自覚症状がないため、体内の不調に気づく人はほとんどいません。

今回は、脂肪肝を予防するアーティチョークの効果と活用法をご紹介します。

アーティチョークの持つ薬用成分が、脂肪肝をはじめとする肝疾患を予防しながら、健康状態を改善する効果があります。ぜひお試しください!

アーティチョークの効果

  • 肝機能を保護しながら肝細胞を再生する
  • 胆汁を強化する
  • 脂肪を減らす
  • 抗酸化作用で老化を防ぐ
  • タンパク質の値を低下する
  • 心血管系の疾患を予防する
  • 腸の機能を改善する
  • 体液貯留を解消・予防する
  • 血糖値を下げてインスリン抵抗性を予防する

アーティチョークを使った自然療法

1.アーティチョークとターメリックのスープ

栄養が豊富に含まれているこのスープは、一年中いつでも食べたいデトックススープです。アーティチョークと抗炎症作用を持つターメリックを組み合わせることで、肝臓に高い効果を発揮します。

材料

  • アーティチョーク 2個
  • ウコン 小さじ1
  • 水 2カップ
  • シーソルト (味付けに)

レシピ

  • アーティチョークとウコン、そして水を30分間火にかけます。
  • 塩で味付けをします。
  • 食事の30分前にこのスープを飲んでください。

2.アーティチョークのローストとレモン

アーティチョークはローストするとその風味が増します。オーブンまたはバーベキューグリルなどで焼くのがおすすめの方法です。

  • アルミホイルでアーティチョークを包む場合は、40分以上調理すれば中心まで火が通ります。
  • クレンジング効果を高めて脂肪肝を解消するためには、レモン果汁、黒胡椒、オリーブオイル、そしてシーソルトを加えるのが良いでしょう。
  • 前菜や副菜として美味しく仕上がります。
脂肪肝

3.アーティチョーク、ラディッシュ、ビーツのサラダ

暑い日の冷たいレシピに、アーティチョークサラダはいかがですか?

アーティチョークに薬用効果のある野菜を組み合わせることで、脂肪肝を予防します。

  • ラディッシュ:苦味と辛味のある野菜であるラディッシュは肝機能を改善しながら、胆汁の生成を促進します。ビタミンCが豊富で、治癒効果とクレンズ効果があるため、ラディッシュの葉もぜひ食べてください。
  • ビーツ:ビーツに含まれる抗酸化物質の働きにより、脂肪肝をはじめとする肝臓病の予防・治療に役立ちます。また脂肪の酸化を防ぎます。

こちらもお読みください:ビーツのジュースで脳を健康に!

4.ローズマリーとアーティチョークの葉を使ったお茶

アーティチョークの最も簡単な活用方法は、その葉と茎を抽出したお茶を摂取する方法です。残りを後で調理に使うこともできるので、食材を無駄にしません。

アーティチョークを抽出すると苦味があるため、ローズマリーと組み合わせると風味が増すだけでなく、ローズマリーの含まれるウルソール酸が肝機能を保護しながら炎症を軽減し、血流を改善しながらコレステロール値を低下させます。

アーティチョーク茶

5.アーティチョークの葉とオオアザミ

即効性を求めている人は、特定のサプリメントを購入する方法がお勧めです。

脂肪の多い食事の後に飲むアーティチョークの成分を凝縮したカプセルや錠剤が市販されています。

また他の成分とアーティチョークの成分を組み合わせたサプリメントも販売されていますが、どちらも消化を促進する効果があります。

また再生作用のあるオオアザミは肝疾患に効果的な薬用植物です。

ターメリック、ボルドー、タンポポ、そして脂肪の肝臓での蓄積を予防するビタミンB7(コリン)がお勧めです。

サプリメントを摂取する場合は、医師または専門家の指導のもとで行ってください。特に現在服用している薬がある場合は、その薬への影響がないかを必ず確認してください。