ビーツのジュースで脳を健康に!

7月 9, 2017
健康を促進したいなら、是非ビーツを食生活に取り入れましょう。ビーツは、慢性的な炎症を抑え、高血圧やアテローム性動脈硬化を予防する効果があるのです。

ビーツは大地のような独特な香りがします。そういうビーツの味が大好きだという人は、積極的にビーツを使ってヘルシーなレシピやジュースに挑戦していることでしょう。

いくつかの研究によると、1日にグラス1杯ビーツのジュースを飲むだけで脳への血液の流れが増加するそうです認知症やその他の変性疾患の予防に繋がるかもしれません。

今日は、この脳に良いビーツについて見ていきましょう。

脳の健康に良いビーツジュース

ビーツは元々、はるか遠くアフリカの沿岸地域からやってきました。その後、アジアやヨーロッパにも出回るようになりました。

ビーツが急速に広まった原因は、ビーツが塊茎であるからだけではありません。今でもそうですが、その葉も重宝がられていたのです。古代ローマ帝国では特に愛されており、様々な料理で食べられていました。

のちにナポレオンは、ビーツを砂糖の源として使うことを普及させました。これはイギリスがフランスがサトウキビを使用することを禁止した後のことです。

実際、ビーツは今日でも砂糖の生成に必要不可欠な素材です。糖尿病の人は特に知っておきたいですよね。

でも、糖分が多いなんて、ビーツは体に悪い野菜なのではないでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。実際、脳はエネルギー源としてブドウ糖を必要とするのです。他にもビーツには欠かすことのできない特別な栄養が含まれています。

では詳しく見てみましょう。

硝酸塩

ビーツには硝酸塩が非常に豊富に含まれています。硝酸塩には特別な力があります。血管を広げ、血液の流れを促すのです。これにより、酸素が増加します。

この興味深い効能は、ビーツほど豊富ではありませんが、ニンニク、スイスチャードやほうれん草などの葉物野菜にもみられます。

ビーツに含まれる硝酸塩は、心臓発作になるリスクを減らすことができるかもしれないのです。

ビーツを普段から食べているという人はいるでしょう。逆にどうしてもビーツの独特な香りが好きになれないという人もいることでしょう。

しかし、ビーツの効能を知ってしまったら、ビーツが苦手でもなんとか好きになり、食生活に取り入れていきたいものですね。さらに、ビーツだけで食べるのではなく、より食べやすい組み合わせを探すのも良い方法でしょう。

ビーツは慢性的な炎症に効く

硝酸塩の他、ビーツには様々な生物活性化合物が含まれています。これには、慢性的な炎症を防いだり、抑えたりする働きがあります。

炎症は、心臓発作をはじめ多くの心臓病の主な原因です。

炎症が多ければ多いほど、血液の流れがスムーズにはいかなくなります。これによって、酸素の量が減り、毒素が蓄積される原因となるのです。

また、神経炎症ほど健康にとって危険なものはほとんどありません。

ビーツを一週間に2〜3個食べるととても体に良いのです。この習慣に慣れれば、高血圧やアテローム性動脈硬化のリスクを減らすことができるでしょう。同時に、認知機能にも良いでしょう。

脳に良いビーツジュースの作り方

材料

  • 生のビーツ 3個
  • ニンジン 2本
  • 赤キャベツ ¼個
  • みかん(小) 7個
  • 水 2カップ

作り方

  • 最初に、ビーツとニンジンをよく洗います。
  • 次に洗ったビーツとニンジンを小さめ一口大に切ります。キャベツも同様に切りましょう。
  • ブレンダーまたはミキサーに切った野菜を入れます。
  • なめらかになるまでブレンドし、横に置いておきます。
  • 次に、みかんを絞りジュースを作ります。
  • 先ほどの野菜ジュースにみかんの絞り汁と水を加え流と完成です。とてもおいしいですよ!

このドリンクは1日を通して分けて飲むと良いでしょう。朝食に一杯、昼食または夕食時に一杯飲みましょう。

お好みで、中位のサイズのビーツ1個と水だけで作ったジュースを飲むのも良いでしょう。とても簡単にビーツの効能を摂取することができますよ。

脳がきっと喜ぶはずです!

あなたへおすすめ