超カンタン!二重あご解消法6選

二重あごで悩んでいる女性はたくさんいます。中には太っているわけではないのに、美容のためにあごの下にたまった脂肪を取りのぞきたいと願っている人もいます。また、まだだいじょうぶだけど、将来のため今から予防したいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

今回は、二重あご解消と予防に役立つ、カンタンなエクササイズとアドバイスをご紹介しましょう。毎日根気よくつづけることで、ムリなくあごの脂肪を減らすことができます。つづけてお読みください!

二重あごって?

二重あごとは、あごの下に垂れ下がった厚い脂肪の層のこと。その大きさは、さまざまな原因(肥満・皮膚のたるみ・加齢・遺伝など)によって異なります。 

首のエクササイズ

nijuuago-2

とってもカンタンなエクササイズです。二重あごを解消するだけでなく、首の凝りや痛みを軽減するのにも役立ちます。

  • いすに腰かけたまま、または立ち上がって上を向き、あごを持ち上げます。限界まできたら、くちびるをひきしめ、数秒間このポーズを保ちましょう。首全体が伸びていることに気づかれることでしょう。
  • 首をゆっくり右に動かし、数秒とめてから、左に動かしましょう。

テニスボールを使ったエクササイズ

テニスボールをあごの下にはさみ、胸に押しつけます。押しつけては元に戻す動きを繰り返してください。たるみやすいあごの筋肉を強化することができます。

ガムをかむ

眠気ざましや口臭をとるためにガムをかむ人は多いですが、あごの筋肉の強化にも役立つってご存知でしたか。1日に数回実行し、意識的にあごを動かすようにしましょう。口を開けてかむのも効果的です。なるべくまわりに人がいない時に行い、体重増加と虫歯を防ぐため砂糖入りガムは避けましょう(ただし、シュガーレスガムの食べすぎには注意が必要です)。

食事に気をつける

たとえあなたの二重あごが遺伝によるもので、先祖代々二重あごだったとしても、あきらめないでください! ここにあげるエクササイズを開始し、できるだけ毎日つづけましょう。

また二重あごは、肥満と密接な関係があります。もしあなたの二重あごも太りすぎが原因なら、エクササイズを行うだけでなく、ヘルシーでバランスのとれた食事をとるようおすすめします。

ここで覚えておきたいのは、脂質は健康的な食事に欠かせないということ。身体によくない脂質(揚げ物・ペーストリー・ハム類など)は避け、身体にいい脂質(バージンオリーブオイル・アボガド・ナッツ類・魚・卵黄など)を選ぶようにしましょう。

体重の急激な変化も避けましょう。ついて欲しくないところに脂肪がたまってゆき、組織のたるみがひどくなる原因となります。

 

首まわりをひきしめる

oiru

たるみ、あごの下の肌をひきしめるために、取り組まなければならない重要な問題です。先に挙げた首のエクササイズをつづければ、首のまわりを引きしめるのに役立ちます。同時に、お顔に使う保湿クリームを使って、いつも首にうるおいを与えることも忘れてはなりません。

さらに1週間に1度、天然のピーリング剤を使って角質を除去し、お肌の再生をうながすようにしましょう。だれの家にもあるような自然で安価な材料を使って、自家製ピーリング剤をつくることもできます。

 

kao-massaaji

日光の浴びすぎを避ける

最後に、二重あごを引き起こす、もうひとつの原因—継続的に過度の日光をあびることで皮膚が受けるダメージーも避ける必要があります。

紫外線の量が最大となる時間帯に数時間日光を浴びると、コラーゲンとエラスチンが破壊され、お肌の老化を早めて張りが失われてしまいます。どうしても日光浴をしたければ、正午前後(10時~2時)を避ける・日焼け止めを使う・水分補給に努めるなど、紫外線対策をお忘れなく!

写真は、 WildBeauty様、cottonseedoil様、 Tina:O)様のご好意で使用させていただいております。