甘味料は/健康にどんな害を与えるのか?

9月 17, 2015

加工食品や清涼飲料水の生産者のほとんどが、製品の成分として人工甘味料を使用しています。こうして、理想的な体重を維持できるかどうか心配で、砂糖のようなカロリーの高い食べ物を食べないような消費者が、彼らの製品に吸い寄せられていきます。

甘味料は、世界中の家庭でかなり日常的に使われていますが、今日は、それが私たちの健康に害を与えるのかどうか、確かめてみたいと思います。

カロリーオフの砂糖は存在するのか?

カロリーの少ない天然の砂糖を抽出する方法が存在することは、絶対に無理です。残念ながら、多くの人々がこの誤った事実を信じてしまっているのです。

有名になったこともあるような、カロリーオフの砂糖やダイエット用の砂糖は、実際には存在しません。これは、白い砂糖の大部分をスクラロースにすることで、甘さを作り出す製品にした、ただの人工的な混合物なのですが、それは天然のものではありません。

甘味料は健康に害を与えることがあるのか?

甘味料や添加物は体に影響を与える混合物または物質であり、以下に示すような健康問題を引き起こす可能性があります。

  • 目のかすみ
  • けいれん
  • 記憶の喪失
  • 聴力の喪失
  • 頭痛

だからこそ、米国食品医薬品局(FDA)(それぞれの人工甘味料を検査する責任を負う機関)は、市販されているそれぞれの甘味料を日常的に摂取するには、特別な方法を採用するように、指導しているのです。

甘味料を使わずに体重を減らすことは可能なのか?

人工甘味料を摂取することによるメリットが、あなたの人生に必要なのかどうか、時間をとって徹底的に考えてみましょう。もし、ただ『体重を減らす』ためだけに甘味料を摂取するなら、この方法で体重を減らしてはいけないということを知っておくべきです。体重を減らすには、例えば、運動の習慣を作るといったような、もっと効果的な別の方法を採用する必要がありますし、何より健康な食生活を送ることが必要です。

もし、例えば糖尿病の治療のように、健康上の理由で甘味料に頼っているなら、専門家の診察を受け、あなたの身体に最適な甘味料を薦めてもらう必要があります。

もし、何らかのほかの理由で、人工甘味料を使おうとまだ考えているのであれば、とにかく言えることは「摂取しすぎないこと」。また、はちみつやステビアのような天然甘味料を代替品として選ぶこともいいでしょう。

あなたへおすすめ