痴呆を予防する5つの方法

· 4月 10, 2017
平均寿命が伸びている現代、痴呆で苦しむ人もまた増加しています。ここでは5つの非常に効果的な、痴呆を予防する方法をお伝えします。

痴呆に苦しむ人々は、この先20年、更に増加し続けます

これは決して大げさではなく、私たちがこれから向き合っていかなければならない現実なのです。

平均寿命は現在伸び続けています。つまりこれは、高齢者が増えるという事であり、アルツハイマー病や痴呆など、神経変性疾患の患者が増加する恐れがあるという事とつながります。

数十年前にはなかった問題に、私たちは現在直面しているのです。

だからこそ、早期発見や新しい治療法を、模索し、確立する必要があります。

そして自分自身の健康管理にも十分な注意を払わなければなりません。普段の生活の中に痴呆を予防する方法を取り入れましょう。

 

1.脳に刺激を与える

脳を刺激することは、認知低下の予防に必要不可欠です。

これは、神経可塑性と呼ばれる脳が持つ素晴らしい能力で、伝達を変化させ、新しい神経細胞を構築します。

クロスワードパズルや数独は、私たちが期待するほどの効果はありません。

痴呆を予防するには、人と話をしたりしてコミュニケーションを取ったり、何かにチャレンジすることが必要です。新しいことを学び、視野を広げ、笑ったり、時には言い争ったりしながら、他の人から刺激を受けることが大切なのです。

新しいことを学ぶと、脳が刺激されます。(複雑であればあるほど、より効果的です。)70代に入ってから新しく楽器を習うなど、認知低下には非常に効果的です。

 

2.オメガ3脂肪酸

フィッシュオイルは脳に最も良い栄養素の一つで、クルミやアボカドなどはオメガ3脂肪酸を豊富に含むので、脳にとても良い食材です。

これらの自然食品は、認知機能を改善し、心臓を守り、加齢に伴う神経変性などを予防します。

食事を見直し、オメガ3脂肪酸を含む、食材やサプリメントを摂りましょう。

 

3.アスピリンと脳の健康の関係

いくつかの研究や、イギリスの雑誌テレグラフに載せられた記事によると、長期にわたるアスピリンの服用は、アルツハイマー病のリスクの低下に関係していることが示されている。

ある年齢以降に、アスピリンを少量ずつ摂取することで脳細胞が保護されるのです。

アセチルサリチル酸(アスピリン)は、筋肉や関節の炎症を抑え、大脳変性やニューロンの死を妨げます

アスピリンは、血液を薄くするので、脳血管の疾病や心臓発作を予防します。

しかし、自己判断で毎日アスピリンを飲んではいけません

専門医に健康状態を診察してもらってから、アスピリンを毎日飲んでも良いかどうか判断してもらいましょう。

 

4.エクササイズと地中海食

オメガ3脂肪酸を含む食材は、果物、野菜、赤身の肉、ナッツ類など繊維も豊富です。

また、毎日赤ワインを少しずつ飲むのも、心臓や脳の健康にとって良いことです。

地中海食は、これ以上ないほど最適な食事です。

オリーブオイル、米、旬の食材は、多くのビタミン、ミネラル、それに抗酸化剤を含んいます。

痴呆を予防し、より良い人生を過ごすためには、体を動かすことも重要です。

歩く、泳ぐ、ダンスをする、自転車に乗る、エレベーターじゃなく階段を使う、一晩中テレビを見るのではなく散歩をするなど、毎日をアクティブに過ごしましょう。

 

5.痴呆を避けたいなら、まず心臓から

ここまで神経伝達や脳の敏捷性の回復、変性を防ぐ食材などについて話してきました。しかし、心臓の健康がなければ、脳の健康もないという事を忘れてはいけません。

以下の事に注意を払いましょう:

コレステロール値のバランス

・血糖値

・血圧

・肥満

メンタルにも気を配りましょう。精神的なダメージは体にも影響します。

ストレスや不安は特に心臓と脳の大敵です。