チベット僧侶に学ぶ:歯を強く白くする方法

· 2月 19, 2017
チベットの僧侶は、肉体を魂が宿る寺だと考え、肉体の健康を保つために様々な自然療法を用いています。今回は理想の白い歯を作る自然療法をチベットの僧侶から学びましょう。

仏教の僧侶は、肉体への欲望から自己を切り離し、内面の平穏を求める修行を行います。チベットの僧侶も、物欲にまみれた世界を離れ精神的な世界に身を置き修行に専念します。また肉体は魂の宿る場所といわれているため、身体面の豊かさも大切にします。

チベット僧侶の自然療法を学ぶためには、彼らの生活を知ることが大切です。

チベット僧侶は人里離れた場所、つまり近所にスーパーがあるような便利な場所から離れた場所に住んでいます。定期的な健康診断や歯科検診を受ける機会などはなく、自然療法を用いて身体や歯の健康を維持しています。

本記事では、チベット僧侶が、強く白い歯を維持する秘訣と、彼らの使っている自然療法をご紹介します。

西欧文化の影響を受けている私たちは、高級な歯磨き粉、ホワイトニングクリームやジェルなどの特別な方法にお金をつぎ込まない限り、チベット僧侶のような白い歯を手に入れることは不可能ですし、高級なホワイトニング製品を使っても白い歯を手に入れられない人もいます。

チベット僧侶達のうらやましいほどの白い歯は、歯を健康に保っている彼らだからこそのものですが、精神を大切にする彼らにとっては、美容面などの見た目の美しさは二の次です。

昔から受け継がれている歯を白くする自然療法

前述した通り、僧侶達の住む場所にはスーパーなどはありませんので、自然療法を使い健康を維持しています。

これから、その効果が認められている伝統的な歯磨き粉の作り方をご紹介します。

おすすめ記事をご覧ください: 5 natural teeth whiteners

歯のホワイトニングに必要なもの

2-kosher-salt

  • コッシャーソルトまたはヨウ素が含まれていない塩:ユダヤ教の人々が食品の調理や長期保存に使う塩です。オンラインショップや健康食品店などで購入できます。

材料

  • 水 1/2カップ(100ml)
  • コッシャーソルト 大さじ1(15g)

作り方

  • 1/2カップの水を沸騰させた後、適温になるまで冷まします。
  • コッシャーソルトを大さじ1杯加えます。
  • その後1時間そのままにします。
  • 表面に泡などが浮き上がってきたら取り除いてください。
  • 忙しい方は多め作り保存してください。保存するとわずかに成分が失われますが、ほぼ同じ効果が期待できます。

歯磨き粉としての使用方法

出来あがった水の中には塩の結晶が出来あがりますが、これが今回の自然療法で大切な特徴です。使い方をご説明します。

  • 歯ブラシにこの結晶をつけ、通常と同じ方法で歯を磨きます。
  • 円を描くような動きで歯を磨くことで、結晶が歯の細かい場所や隙間に届きます。
  • 先ほど作った塩水で口をゆすぎます。
  • 1日3回繰り返してください。

安価でとてもシンプルな方法で、時間もほとんどかかりません。

一度に使う分量は少量ですので、外食する際もこの塩水を持ち歩き、ホワイトニング効果を有効に活用してください。

歯の健康を保つためのアドバイス

3-white-teeth

今回ご紹介した方法以外にもチベットの僧侶には数多くの健康的な生活習慣があります。

例えば、飲酒や喫煙は体に毒だと考えられているため、絶対に行いません。また同様に、砂糖、市販のデザート、脂肪分の多い食品なども摂取しません。

飲酒や喫煙を避け、歯への着色の原因となる食品を避けているため、チベット僧侶の歯は強く白いともいわれています。

私たちが口にする食品には多くの人工着色料が含まれており、これが歯に付着すると歯の白さが失われます。

チベット僧侶は、人工着色料が多く含まれた食品ではなく、有機栽培の野菜や食品を食べています。チベット僧侶が口にする食品にはバクテリアや菌がほとんど含まれていないだけではなく、歯のエナメルを攻撃し虫歯の原因になる化学物質も含みません。

これが、昔から愛用されているチベット僧侶の自然療法です。

試して見る価値はあります!