健康的に体重を減らす10の方法

· 4月 18, 2016
短期的で厳しいダイエット方法で、大切な体が壊れるようなことになっては本末転倒です。適度なペースのダイエットで健康的な生活習慣を構築していきましょう。

健康で充実した生活、そして理想的な体型を達成する為には、健康的な体重と生活習慣を維持することが必要不可欠となります。しかし体重維持は難しい課題で、ましてや太りやすい傾向にある人にとってはなおさらです。ですから自分をコントロールして、真剣に取り組み、自制心を保てるのであれば、「ダイエット」というのは体重を減らして体のバランスをうまくとる最高の方法の1つとも言えます。

ダイエットは痩せるのには効果的ですが、とても大変で、時には体の機能にマイナスの影響を引き起こすこともあります。ですが朗報です。実は、厳しく節制する必要なく体重減少を促進する、そんな健康的な方法もあるのです。ということで今日は、痛みを伴わずカンタンに体重を減らす10の方法をご紹介しましょう。

多様な食べ物を食べる

食べ慣れているすべての食品を止める必要はありません。目標は、体の代謝を助け、脂肪を燃やし、毒素を除去して、体液貯留を予防する食品を加えて、健康的な食生活を続けることです。食事に果物や野菜を多く取り入れるのは良い考えですが、とはいえ健康に良い他の食品をやめる必要までありません。おいしい食事を楽しむ鍵は、食べる量を少なめにして、不健康で高カロリーの食べ物を避けることなのです。

ダイエットは適度に

「週に1〜2kg減らすことができる」といった謳い文句の急速な体重減少ダイエット方法は、今やあらゆる所で見かけます。確かにそれは魅力的ですが、肉体的および精神的に大きな影響を及ぼすこともありますし、減った体重が短期間で元に戻ってしまうといったリバウンドに繋がりやすいものも多いと感じます。短期間の厳しいダイエットは、放っておけば深刻なストレスやうつに繋がる可能性があるのです。一方で、適度なペースのダイエットは、体重を少しずつ落としつつ、必要な栄養は摂取しながら健康的な習慣を構築することができます。

こちらも合わせてご覧ください:

ダイエットの失敗を避けるための秘訣

1日の食事を5つ分ける

重要な栄養分とエネルギーを補給する為に、どんな状況でも食事を抜いてはいけませんお勧めは1日分の食事を分け、ちゃんとした食事を2回、軽食を3回とるというやり方です。こうすることで、血糖値が急速に上下することも少なくなり、また満腹感をより長く維持する事ができると言われているのです。

水を飲む水を飲む

水は体の機能に大切な要素で、痩せる助けとなる多くの利点があります。(人によって水分の消費量が異なるので一概には言えませんが)一般的には最低1日に2リットルの水を飲んでいると、デトックス効果もあり、代謝を促進して脂肪を燃やすのを助けてくれると言われてます。

塩の使用を避ける

塩は食べ物に風味を加えて美味しくしてくれますが、過剰摂取してしまうと体に悪いものです。言い換えると、減塩を心がけるだけで好きな食べ物を食べながら楽しんで痩せられて、しかも健康にも良いという寸法です。

体重計を気にしない体重を減らす

 

体重は週に一度だけ、朝に衣類なしで測ってください。体重計への強迫観念は、すぐに結果が出なければ不安を感じさせ、さらに厳しいダイエットを始めたくなります。できるだけリラックスして健康的でいるかが重要であることを覚えていてください。どんなに小さくても、自分が達成したことを誇りに思ってください。

ゆっくり食物を噛む

最も一般的な間違いの1つは、食べる時に、食物を十分に噛まないことです。これは消化器系の機能を阻害しています。言い換えると、噛めば噛むほど消化によくなり、すべての栄養分を吸収して不要物を排出することができるのです食べ物の味をより楽しむこともできますしね。

運動する

運動は体重減少にとって不可欠です。なんといっても脂肪とカロリーを消費するのを助けて、体液貯留から体を守り、筋肉をつけて魅力的な体にしてくれるのです。運動するのは簡単です。1日最低30分は行いましょう。より良い健康を促進してくれることはもちろん、当然体重の減少にも繋がりますので、走る、飛ぶ、歩く、自転車に乗る、階段を登るなど、なんでも好きな事をしてください。

こちらも合わせてご覧ください:

有酸素運動が体と心にもたらす効果

ポジティブでいる

健康的な食事、そしてそれに付随する全ての行動を強い意志を持って続けるためにはポジティブでいることはとても大切で、痩せる秘訣とも言えるでしょう。目標を設定して、達成できたらそのことを誇りに思いましょう。自分自身を急かさず、望む結果がすぐに出なくても落胆しないでください。

ストレスの多い状況を避ける

研究では、ストレスで苦しむ人々は食べ物への強い欲求をもつ傾向があると判明しており、ストレスと体重増加の関連が指摘してされています。ですので、日常からあらゆる緊張を取り除いて、穏やかでいようとするのが理想的です。また、多くの果物や野菜を食べるのも、ストレスから解放される一つの手段と言われています。