最も体重が増えやすい食べ物は?

今日から自分たちの健康に気を使うことは、将来の病気を避けることになります。身体は私たちが与えるものに影響を受け、そのすべては、遅かれ早かれ、身体に対する悪い影響につながります。
最も体重が増えやすい食べ物は?
Elisa Morales Lupayante

によって書かれ、確認されています。 体育教育学者、栄養士 Elisa Morales Lupayante.

最後の更新: 06 12月, 2022

このご時世、時間がない、勤務時間が長い、いろいろな業務がある、心配事が絶えないなどの理由から、私たちはますます、見た目だけの良い、栄養価の低い食事をとるようになっています。

 

今日取り上げるのは、缶詰、炭酸、濃縮ジュース、即席スープで、どれも自然のものではありません。こういったものによって、野菜、果物、食物繊維が脇へ追いやられ、ファストフードや脂肪の多い食べ物がその代わりとなっています。

身体に良い材料を使った料理を自分で調理するのは難しく、最高の食べ物といえば、時間がかからず食欲をそそるもの、となってしまっています。これは子どもにも言えることで、甘いもの、清涼飲料水、ハンバーガー、フライドポテトを食べる量がどんどん増えています。それが何を引き起こすか、わかりますよね? 日ごとにより多くの人が影響を受けている肥満です。

私たちは、身体に良い食べ方をすることで、じわじわと身体がむしばまれていくのを食い止めるべきです。今日から自分たちの健康に気を使うことは、将来の病気を避けることになります。身体は私たちが与えるものに影響を受け、そのすべては、遅かれ早かれ、身体に対する悪い影響につながります。

もちろん、食べ物の中には、他の食べ物よりも体重が増えやすい食べ物があり、それらの多くはどうしても食べたくなるような食べ物ばかりです。

 

どの食べ物がそれに当てはまるのか?

以下に挙げる食べ物は、最も短時間で、最も体重が増える食べ物です。

1. ファストフード、ハンバーガー、フライドポテト、ペストリー、ピザ

2. パスタ自体は大きな問題を引き起こしませんが、たっぷりのソース、調味料、チーズなどと一緒に食べると、それは悪さをします。本当の意味で体重を増やすものは、パスタと一緒に食べる他の食べ物なのです。

3. 加工肉、調理済み肉製品、ソーセージは、飽和脂肪酸、塩分、高いカロリーを含んでいます。

4. サラダはとても健康に良いですが、パスタと同じ間違いを犯さないでください。サラダは良いのですが、ドレッシングのかけ過ぎには注意が必要です。健康に良さそうに見えるサラダを食べることはかまわないのですが、調味料や他の添加物を加えることで、そのカロリーはかなり上がります。

5. 揚げ物:食べ物は、蒸したり、フライパンで焼いたり、オーブンで調理したり、炒めたりして食べるのが、良い調理法です。揚げ物はたくさんの油を吸収します。食べ物を揚げることは、その食べ物のカロリーを上げることになります。

6. 砂糖で甘くした飲み物もこのリストに含まれます。

7. 精製された小麦や砂糖から作られた製品

8. ホワイトチョコレートは最も糖分の多い食べ物の1つですので、体重の増加にも最もつながりやすくなります。

 

何かを食べている時に、止まらなくなって、どんどん食べてしまった経験はありますか?そのカラクリは、しょっぱい食べ物、加工食品、缶詰、冷凍食品、レトルト、ファストフード、中華料理などに大量に加えられる、ある成分です。

乳製品、お肉、様々な野菜などタンパク質を含む食べ物には、その成分が自然に含まれる食べ物もあります。それは、グルタミン酸ナトリウムと呼ばれる、依存性の高い調味料なのです。これが、例えば、ポテトチップスの袋を開けると、最後まで食べるまで止まらなくなる理由なのです。

この成分は食べ物を単純に美味しくします。この成分を食べ物に加えた結果、日本語で美味しい味という意味の『うま味』と呼ばれる新しい味が作り出されます。

この添加物はそれを含む食べ物への執着を引き起こし、過体重や、高血圧、心臓疾患などの病気を引き起こします。

グルタミン酸ナトリウムを擁護する人たちは、これらの有害な働きには、科学的根拠がないと主張します。

特定の食べ物には自然に含まれるため、この成分から逃れることはできません。そのため、完成した食品に加えるのが良いのかどうか、どの程度であれば良いのか、などが議論されることになります。

グルタミン酸ナトリウムの危険

人生においては様々な事と戦わなければなりませんが、自分の体重と戦うこともその中の一つ。「食べる楽しみ」という考えを全否定するべきではありませんが、健康な体重を維持したいのであれば、今日楽しみを味わうことは後で余計な脂肪を燃やすことを意味するのです。

1キロの脂肪を燃やすには、およそ7,800カロリーを燃やす必要があることをお忘れなく。良い食べ物かどうか分からないときは、とにかく極力自然な食べ物を選ぶことが一番です。それがあなたの身体への最善の方法です。

こちらの記事もおすすめです。
すぐに食事に取り入れるべき7つの健康的で美味しいレシピ
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
すぐに食事に取り入れるべき7つの健康的で美味しいレシピ

飽きずに健康的な料理を楽しみ続けるコツは、調味料を正しく使って、美味しい食事を作る方法を習得することです。健康的な食事をするために、味の薄い美味しくない料理を食べる必要はありません。カロリーを抑えつつ、美味しい食事を作る方法はたくさんあります。



  • Kirshner, H. S. (2013). The Power of Habit. Cognitive And Behavioral Neurology. https://doi.org/10.1097/wnn.0b013e31828644a1
  • Pérez-Guisado, J. (2008). Las dietas cetogénicas: fundamentos y eficacia para la pérdida de peso. Archivos Latinoamericanos de Nutricion.
  • Carlos, M. E., Ezequiel, M. O., Federico, B., Fernando, M. L., & José, M. F. (2010). Tratamiento quirúrgico de la obesidad mórbida. Prensa Medica Argentina.
  • Esquivel-Solís, V., Gómez-Salas, G., Esquivel Solís, V., & Gómez Salas, G. (2007). Implicaciones metabólicas del consumo excesivo de fructosa. Acta Médica Costarricense.
  • Physiol Behav. 2010 Apr 26;100(1):47-54. Sugar-sweetened beverages and risk of obesity and type 2 diabetes: epidemiologic evidence. doi: 10.1016/j.physbeh.2010.01.036. Epub 2010 Feb 6.
  • BMJ. 2014; 348: g1610. Published online 2014 Mar 19. Fried food consumption, genetic risk, and body mass index: gene-diet interaction analysis in three US cohort studies. doi: 10.1136/bmj.g1610
  • Anca BUZESCU, Aurelia Nicoleta CRISTEA, Luminiţa AVRAM, Cornel CHIRIŢĂ. Department of Pharmacology and Clinical Pharmacy, Faculty of Pharmacy, „Carol Davila“ University of Medicine and Pharmacy, Bucharest. The addictive behaviour induced by food monosodium glutamate. Experimental study. https://rjmp.com.ro/articles/2013.4/PM_Nr-4_2013_Art-4.pdf

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。