カロリーカットのために避けたい食品

チョコレートアイスではなく、フルーツを材料に使ったアイスを選ぶ、オイル漬けではなく水煮のツナ缶を選ぶといった小さなことでも、カロリーは大きく変わります。

食べる量はそのままで、摂取カロリーを一日あたり500キロカロリー減らしたいと考えている方は、この記事を読んでみてください。

体重を減らして引き締まった体を手に入れたい場合、食べすぎに気を付けるだけでなく、いくつかの種類の食べ物を避けることも必要になってきます。

今回は、カロリーが高い食べ物を別のものに置き換えることで、一日の摂取カロリーを大幅に減らすためのヒントをご紹介します。ほんの少しの努力で実践できますし、お腹が空くことも、気分が落ち込むこともありません。

それでは見ていきましょう!

1. チョコレートアイス

アイスクリーム

どうしてもアイスクリームをやめられないという方は、チョコレートアイスの代わりに、フルーツを材料に使ったアイスを選びましょう

このちょっとした変化で、脂質だけでなく、摂取カロリーも大きく減らすことができます。チョコレートアイス100グラムあたりのカロリーはおよそ216キロカロリーですが、フルーツアイスのカロリーはおよそ100キロカロリー近く低くなります。

こちらも参考に:ヘルシーなアイスクリームの作り方

2. チョコレートケーキ

カップケーキやマフィンなどを食べるとき、いつもチョコレート味を選ぶという方は、代わりにジンジャー味などを試してみてください。だいぶカロリーが抑えられますし、チョコレート味よりずっと好きになるかもしれませんよ。

  • チョコレートを使ったお菓子はかなり高カロリーであることを心に留めておき、何か甘いものがほしくなったときは、別のカロリー控えめなものを選ぶようにしましょう。

3. オイル漬けのツナ

炒飯

摂取カロリーは、思っているよりもずっと簡単に減らせることもあります。例えば、料理にツナ缶を使うとき、ひまわり油などのオイルに漬けてあるツナではなく、水煮のツナを選んでみましょう

この方法でおよそ100キロカロリー(一缶あたり)を減らすことができます。

オイル漬けの代わりに水煮のツナを選んでも、ツナの栄養が摂れなくなるわけではありません。脂質は少なくなりますが、ビタミン(A、B12、D、Eなど)やアミノ酸、ミネラル(カリウム、鉄、リンなど)はしっかり含まれています

4. スナック類のカロリーに注意

スナック菓子などのおやつを少し食べたいときも、カロリーに注意しましょう。例えばポップコーンは、同じ量のナッツ類よりも低カロリーです

  • ポップコーン100グラムあたりのカロリーが、およそ375キロカロリーであるのに対し、ミックスナッツ100グラムのカロリーは600キロカロリーを超えます。

5. クッキーの代わりにフルーツを

フルーツプレート

クッキーは腹持ちも良いため、間食として選びがちですが、ダイエットのことを考えるとあまり良い選択肢とは言えません。

間食をしたくなったときは、クッキーに、体が必要としている以上の砂糖が含まれていることを思い出してください。

こちらも参考に:簡単に体内をデトックスする5つのスムージー

6. 甘いシリアルの代わりにオートミールを

甘い市販のシリアルの代わりに、無添加のオートミール(オーツ麦)を、ドライフルーツなどを加えて朝食に食べてみましょう。

砂糖や添加物などが入ったシリアルは、おいしくてつい食べすぎてしまいますが、カロリーはオートミールよりも高くなりますし、糖分も摂りすぎてしまいます。

 

7. ポテトチップス

自宅で市販のポテトチップスを時々食べているという方は、ポテトチップスではなく野菜チップスに変えてみましょう。市販のものよりも、自宅で野菜チップスを作ることをおすすめします。

市販のポテトチップスのカロリーは、100グラムあたり500キロカロリーを超えますが、手作り野菜チップスはその半分以下のカロリーです

この記事を参考に、適正なカロリーで、栄養バランスの取れた食事を実践してみてください。

カテゴリ: ダイエット タグ:
あなたへおすすめ