鮭が体に良い6つの理由

· 6月 6, 2016
鮭は減量の強い味方になってくれる食材。筋肉の生成と脂肪燃焼を助けてくれる、たんぱく質や良質の脂肪が豊富。

鮭と言えば、美味かつ健康的な魚の一つとして良く知られている食べ物。

健康には欠かせないたんぱく質、オメガ3不飽和脂肪酸、必須ビタミン、必須ミネラルが豊富です

体に良い良質の脂肪分を含み、様々なタイプの食事プランに取り入れることが出来るため、多くの栄養士が特にお勧めする食材です。

嬉しいのは、様々な料理に応用がきき、色々な食材やスパイスと組み合わせて楽しめること。

実は、週に2回以上鮭を食べることで、あらゆる健康効果を得られることを知らない人もまだ多いのでは? 次に、そんな鮭を食べるべき理由を6つご紹介します。

1.心臓血管系を健康にする

鮭

鮭の大きな特徴の一つは、オメガ3不飽和脂肪酸がとても豊富であること。

オメガ3は心臓と心臓血管系を保護してくれる栄養分です。組織の修復や血圧の調節といった働きに加えて、血管に溜まってしまった脂肪を取り除いてくれる力があります

鮭を定期的にとることで、心臓発作や心臓血管系のトラブルの一番の原因である動脈硬化を防いでくれます

こちらもご覧ください 手足の動脈硬化:その原因と治療法

2.炎症を鎮める

私たちの体に炎症を起こす要因は色々とあるもので、時間が経つと別の病気の原因に発展しがちです。

オメガ3不飽和脂肪酸が豊富なのと、抗酸化物質も含まれているおかげで、鮭はこの炎症も抑えてくれる食べ物です。

様々な炎症は、下手をすると糖尿病、関節炎、心臓病と言った重たい病気に繋がる場合もあります。

週に最低でも2回鮭を食べると、軟骨組織の生成を向上することで関節の痛みを軽減してくれる効果が期待できます

3.骨を守る

骨

鮭の栄養分でもう一つ特徴的なのがカルシウム。カルシウムはカルシトニンと共に骨を健康にし、骨がもろくなったり病気になるのを予防します。

これは更年期の女性に最適です。というのは、更年期にはエストロゲン値が下がり、骨の密度が下がって骨粗しょう症になりがちだからです。

4.減量を助ける

その必須栄養素の豊富さを考えれば、痩せたい人のダイエットの強い味方であるのも納得です。

たんぱく質と良質な脂肪を含み、余計な脂肪は排除しつつ、筋肉の生成を助けてくれます。

更に、鮭100gのカロリーは208kcalと低く、それでも満腹感があるため、カロリーのとりすぎも予防出来ます

こちらもご覧ください セロトニンダイエットとは?

5.脳の働きを良くする

脳

抗酸化物質とDHAをはじめとしたオメガ3不飽和脂肪酸が脳の働きを刺激し、思考を明快にして認知力も向上させてくれます。

また、鮭を食べると気持ちを高める働きもあり、ストレスに関係するホルモンの分泌を抑えて、脳の働きを助けてくれます。

また、オメガ3はアルツハイマー病のような認知障害の予防にも効果的。

さらに、鮭を頻繁に食べる人は鬱になる可能性も低くなるという研究結果も出ています。

6.睡眠の質を向上

中々眠りにつけない人や睡眠障害に悩む人も、鮭をもっと食事に取り入れることで大きな変化が期待できます。

鮭にはトリプトファンと呼ばれる成分が含まれており、その鎮静効果のおかげでよく眠れて、途切れない睡眠を取ることが出来るようになります。

 

鮭の副作用

焼き鮭

体に良いことがたくさんの鮭。しかし人によっては食べない方が良い場合もあるので注意が必要です

例えば塩がしてあるもの、燻製、冷凍のものなどはナトリウム量が高いことがあり、高血圧の人や体液循環の滞りが見られる人には害になる場合があります。

また、消化に特定の問題があるときの食事や、脂肪分を抑えた食事が必要な場合にも、鮭を取り入れない方が安全です。たとえ鮭の脂肪は体に良い脂肪分とは言え、脂肪であることに変わりないのを忘れないようにしましょう。

もちろん、魚にアレルギーがある人や消化不良を起こす人は必ず避けてください。また、尿酸値が高い人も、鮭に含まれるプリンが症状を悪化させるため、消費の制限を。

上に挙げた特別な場合を除き、鮭を食事に頻繁に取り入れることで、より良い健康を手に入れることが出来るようになります。

ヘルシーな食事も常に心がけてください。鮭を食べて生活の質をさらに向上させましょう。