リンゴ酢はダイエットに効果あり?

· 9月 13, 2017

リンゴ酢にはたくさんの健康効果があります。自然食品として再びブームになっていますが、実は体重をコントロールしたい場合にもとても役に立つのです。

リンゴ酢の特質

リンゴ酢には酢酸が含まれているため、腸内をキレイにし、便秘を解消したい場合にも効果があります。

体内にガスや痛みを引き起こすバクテリアは、リンゴ酢と交わると生きられなくなるといわれています。

消化不良や腹部のハリに悩みの方は、効果を実感できるでしょう。

リンゴ酢を使った自然療法を行うことで、スリムダウンしたり、身体の重たい感覚を軽減したりすることもできます。

その他にリンゴ酢のもつ特徴といえば、カリウムをたっぷり含んでおり、pHレベルを整えてくれるということです。

そのため、疲労感やめまい、腹痛を緩和する効果があります。

身体が軽くなり、お腹の中もスッキリするでしょう。

こちらもご覧ください ダイエットにぴったりのキャベツスープ

リンゴ酢の使い方は?

リンゴ酢

材料

  • リンゴ酢 小さじ1(5ml)
  • 水 1/2カップ(100ml)

作り方

  • 小さじ1杯のリンゴ酢と1/2カップの水をよく混ぜ合わせます。強すぎる場合は、ハチミツか砂糖を少量加えて甘みをつけましょう。
  • この療法に使用できるのはリンゴ酢だけなので注意してください。ワインビネガーは異なる特質をもっているため、同じ効果は得られません。

酢の危険性

お酢を自然療法として使用すると危険を伴う場合があるため、十分に気を付けましょう。

また、糖尿病をはじめとする様々な疾患がある場合は、お酢は他のと合わせて飲むととても危険になります。

  • お酢を使用する際は、水で薄めて、身体への影響をやさしくする必要があります
  • 酢酸にはとても危険になりうる刺激的な成分が含まれています。
  • したがって、お酢を飲むと歯のエナメル質を傷つけ、口や食道に炎症を引き起こすことがあります。
  • また、あやまって吸いこみ、肺に入ってしまうと、深刻な健康問題につながることがあります。

こちらもご覧ください 肺のデトックスを促す自然療法

リンゴ酢の効果

  • リンゴ酢は食生活を補うには最適なのですが、何度も続けて飲んではいけません。
  • 上でも述べた通り、リンゴ酢は体重の増加を抑えるためには理想的なものです。
  • リンゴ酢には食欲を抑えるはたらきがあります。毎食前に大さじ2~3杯を飲むと、食欲が収まり、過食したくなる衝動も減っていることに気が付くでしょう。
  • リンゴ酢はスキンケアにもぴったりです。お肌をしっとりさせたり、弾力を取り戻したりすることができるでしょう。

リンゴ酢にはビタミンAが入っているため、乾燥肌を和らげるだけでなく、目をはじめとする体中の粘膜にも良い効果をもたらします。

ダイエットをしていて乾燥肌にお悩みの場合は、リンゴ酢がとても役に立つでしょう。

空腹時にリンゴ酢を飲む

ガラス瓶のリンゴ酢

一晩中食べ物をとらないで過ごすと、朝起きて一番に身体に入れるものは素早く吸収されます

そのため、空腹時にリンゴ酢を飲むととても効果的なのですが、ここでもほどほどの量にとどめることを心がけましょう。

空腹時にリンゴ酢を飲むと以下のような効果が期待できます。

  • 大腸の解毒を促す。
  • リンパのはたらきを整え、血液をスムーズに循環させる。
  • 動脈の血圧、悪玉コレステロール、中性脂肪値を低くする。
  • 空腹時にリンゴ酢を飲むと一酸化窒素値が上昇するため、血管の収縮を防ぐ。
  • アルカリバランスを整えることで、乳製品による胸やけを抑える。