乾燥肌を防ぐ方法

· 8月 23, 2017
乾燥肌に悩んでいませんか? ここでご紹介する方法を試してみてください。

乾燥肌はとてもよくある肌トラブルの一つです。しかし、特に冬の間や40歳以上の方に多く見られるでしょう。

今日は、顔の乾燥を抑え、自然に潤いを与える方法を見ていきましょう。

乾燥肌:対処方法

肌を乾燥させてしまう原因は様々です。主な原因としては、遺伝的要素、環境、気候、洗いすぎ、肌に合わない製品などが挙げられるでしょう。

もし乾燥肌に悩んでいるのなら、以下のことに注意しましょう。

1.毎日保湿する

毎日、または1日数回など様々なタイプのクリームが販売されています。

保湿というのは、今日保湿クリームをたっぷり塗っておけば来週まで何もしなくても大丈夫というようなことではありません。毎日、少なくとも朝晩きちんと保湿することが大切なのです。

ついつい忘れてしまうという人は、ベッドサイドのテーブルやバスルームに置いておくと良いでしょう。

また、肌の保湿力を高めるには、洗顔後やお風呂の後(まだ濡れている状態の時)に保湿クリームを塗ることをオススメします。

肌の炎症を避けるには、刺激の弱い製品を使いましょう。

2.ぬるま湯で洗顔する

仕事から帰った後、エクササイズの後、朝起きた時、寝る前など顔を洗う時はぬるま湯を使いましょう。

ぬるま湯を使うことで毛穴がリラックスします。それにより肌が保湿されるのです。熱いお湯で洗うことはオススメできません。肌を刺激したり水分を奪ってしまうからです。

シャワーにも同じことが言えます。熱いシャワーを浴びたいのなら(例えば冬場など)顔は冷たい水で洗いましょう。

お肌のシミよ、さようなら!アスピリンとヨーグルトで作る自家製フェイスパック』も参照してください。

3.優しく顔をピーリング

乾燥肌の人はピーリングをする必要がない、というのは間違っています。ピーリングは死んだ肌細胞を取り除き、毛穴の詰まりを取るためのテクニックですので、あらゆる肌タイプに効果的なのです。

だからと言って、市販のピーリング剤はどれでもいいというわけではありません。

その製品が自分の肌に合うかどうか確認し、使う時は優しく行いましょう。

ピーリングした後は必ず保湿をしましょう。

4.ゆっくりと肌を乾かす

シャワーの後、洗顔の後は肌を自然乾燥させるのが理想的です。自然乾燥させるのが嫌だという人はタオルの使い方に気をつけましょう。

  • まず、使うタオルは綿や柔らかい素材の物を選びましょう。
  • 次に、肌をタオルでこすってはいけません。優しくポンポンと押さえるようにして20秒を最大とし、水分を取り除きましょう。
  • タオルの代わりに、柔らかい布で押さえるようにして水分を取り除くのも良いでしょう。

5.水をたくさん飲む

肌に柔軟性を与えるには、体の内側から肌に水分を与えることも大切です。

水を飲むと、乾燥を引き起こす毒素の排出が促されます。水は栄養が細胞にまでいきわたるのを助ける働きをします。

乾燥肌がひどいという人は、1日2ℓ以上の水を飲みましょう。これには天然のフルーツジュースやハーブティーも含みます。

6.ワセリンで肌を保護

乾燥肌でお悩みの方は、冬は特に乾燥がひどくなることに気がついているでしょう。冬は室内の暖房、風、気温、雪などが肌の乾燥を加速させるからです。

冬の乾燥で悩んでいるなら、外出する前にワセリンを顔に塗りましょう。肌を長時間自然に保湿する効果がありますよ。

7.健康的な食事

水を飲むと保湿されるのと同じで、フルーツや生野菜を食べることでも肌は潤うのです。さらに、フルーツや生野菜を食べると、体全体の健康を促進する栄養素やビタミンをしっかりと取り入れることができます。

1日あたりフルーツは2片、野菜は2杯分以上、特に季節のものを食べましょう。

水分補給にオススメのフルーツ、野菜は以下です。

  • スイカ
  • トマト
  • りんご
  • チャード(不断草)

8.牛乳で洗う

信じられないかもしれませんが、市販のフェイシャルクリームには牛乳が含まれているものが多くあります。牛乳には天然の保湿、クレンジング効果があるからです。

  • まず、顔全体を綺麗に洗いましょう。
  • 牛乳にコットンかタオルを浸し、肌全体を拭き取ります。

炎症を予防するだけでなく、保湿効果があり、赤みやソバカスを目立たなくするでしょう。

使う牛乳は脂質や乳糖、脂肪を含んだものが良いですので、低脂肪乳を避け全乳を選びましょう

9.塩分と脂質の摂取を抑える

ファストフードは太るだけでなく、コレステロールのトラブルをも引き起こします。さらに、体の水分を奪い取り、乾燥肌へと導いてしまうのです。

  • 塩分の多いもの、揚げ物、カフェインの入ったものを控えましょう。
  • アルコールやソフトドリンクを飲みすぎないようにしましょう。

10. タバコは吸わない

タバコは健康の害です。様々な害がありますが、肌にも良くないのです。

  • タバコ毛穴を詰まらせ、乾燥や吹き出物のの原因となる物質タールを含んでいるからです。
  • 体の細胞から酸素を奪い、細胞が呼吸しづらくしてしまいます。
  • タバコを吸うと組織に蓄えられるビタミンCの量が減ってしまいます。