ピロリ菌退治に役立つ自然療法

2月 5, 2016

胃潰瘍や胃炎、その他の胃の感染症の主原因であるヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)。必ずしも症状を伴うわけではありませんが、非常に感染しやすいため、世界人口の約3分の2がピロリ菌に感染していると研究者たちは推定しています。幸いなことに、この細菌に対抗する治療法は数多くあり、症状を緩和するだけでなく、完全に菌を殺してしまうことを目的とした除菌療法も広く行われています。

今回は、ピロリ菌による胃潰瘍や胃炎などでお悩みの方たちのために、ピロリ菌退治と健康増進に役立つ自然療法をいくつかご紹介いたします。ぜひお試しください!

レモンバーベナ・エッセンシャルオイル

レモンバーベナ(和名:香水木)は、クマツズラ科の落葉低木。胃腸内のガスを排出し、消化を助ける作用があることで知られており、腹部膨満の治療に役立ちます。さまざまな研究によると、レモンバーベナのエッセンシャルオイル(精油)にはピロリ菌の除菌に役立つ成分が含まれているそうです。

プロポリス

蜂ヤニとも呼ばれるプロポリスは、ミツバチが自分たちの巣を細菌やウイルスから守るために利用する物質。天然の抗生物質および殺菌剤として知られており、身体の抵抗力を強める・感染症を抑える・胃炎などの病気を治療するなどの効能があります。プロポリスのすぐれた薬用効果は、ピロリ菌退治にも役立ちます。

ショウガ

生姜-髪1

ショウガは、さまざまな薬用効果がある植物として世界中で知られており、特に消化器系の自然療法に利用されています。胃酸過多・吐き気・めまい・胃潰瘍・その他の胃の疾患でお悩みの方は、ショウガを食べるようにしましょう。ショウガには殺菌作用もあり、一部の医療専門家によると、ピロリ菌退治にも役立つ可能性があるそうです。

ブロッコリー

ブロッコリー-カルシウム

ブロッコリーには、スルフォラファンというフィトケミカル(植物栄養素)の含有量が高いため、ピロリ菌退治に役立ちます。ブロッコリーをひんぱんに食べることで、ピロリ菌の減少がみられたという研究結果が報告されています。

ピロリ菌退治に役立つスルフォラファンは、胃がんの予防にも役立つと言われています。ただ、人によっては、ブロッコリーを食べることで胃腸内にガスが発生し、腹部膨満を引き起こすことがあります。この問題を解決するには、ブロッコリーをゆでてから、クミンとショウガをまぜて食べるようにしましょう。

キャベツ

キャベツにも、ピロリ菌と闘い、排除するのに役立つ成分が含まれています。ただし、生で食べなければなりません。ブロッコリーと同じように、キャベツも人によっては腹部膨満を引き起こす可能性がありますから、最初は少しずつ食べて、様子をみるようにしましょう。料理の付け合わせとしてだけでなく、千切りにしたキャベツを少量のお酢とレモン汁であえたキャベツサラダや、水を加えてミキサーで撹拌して作るキャベツジュースもおすすめ です。

ターメリック

インド原産のターメリック(和名:ウコン)には数多くの薬用効果があり、数年来、研究がすすめられています。胃の疾患に関しては、消化不良(膨張・むかつき・吐き気・ガスなどの症状を含む)の治療に使われています。また、ピロリ菌の活動を抑えて胃の粘膜を守り、胃酸の生成をうながすのにも役立ちます。ただし専門家たちは、ターメリックを食べ過ぎないよう勧めています。

ピロリ菌退治に役立つその他の自然療法

  • ピロリ菌と闘うには、抗菌力が強い食品を積極的に食生活に取り入れることをおすすめします。これには、ニンニク・玉ネギ・エキナセア・ショウガ・タイム・ローズマリー・ミント・ハチミツなどが含まれます。
  • ピロリ菌退治に役立つその他の食品は、乳酸菌やビフィズス菌などのプロバイオティクス(善玉菌)。ピロリ菌そのものを殺すわけではありませんが、その活動を抑える働きがあります。また、頭痛・つわり・消化不良の緩和にも役立ちます。
  • ピロリ菌の保菌者で胃潰瘍や胃炎にかかっていない人は、レモンの絞り汁・パイナップルジュース・リンゴ酢を飲むことができます。
  • ピロリ菌に感染している人は、砂糖・精製小麦粉・白米などの食品をなるべく食べないようにしなければなりません。その代わりに、くだもの・野菜・水を積極的に摂るようにしましょう。
  • 最後に、ピロリ菌を退治するため、生のジャガイモ・セロリ・ニンジンをまぜて作ったアルカリ性ドリンクを、食事のまえに飲みましょう。
あなたへおすすめ