毎晩のスキンケアにおすすめ:7つの美容ルーチンとは?

8月 20, 2019
お化粧をしない場合でも、肌を清潔に保つための洗顔や毎晩のスキンケアは大切です。健康的で若々しく輝く肌を手に入れるためのヒントをご紹介します!

毎晩のスキンケアは、毎朝家を出るまでの様々な用意と同じくらい、またはそれ以上に重要なルーチンです。

美しい肌を目指す場合は、毎朝晩のスキンケアが欠かせません。

本記事では、毎晩のスキンケアで行うべき7つの方法をご紹介します。

正しい製品を使用すれば、肌を休ませながら活力を取り戻す夜のスキンケアルーチンが完成します。

毎晩のスキンケアルーチン

1. メイク落とし

夜間のスキンケア スキンケア ルーチン

毎晩のスキンケアの最初のステップは、化粧落としです。

肌を休ませる準備をする前に、化粧を丁寧に落とす必要があります。

化粧を落とさないと、毛穴が塞がり肌が呼吸をすることができません。

「落ちない」と宣伝されている化粧品を使っている場合は、化粧落としオイルなど専用の化粧落としを使って、確実に落としてください。

また軽めの化粧をしている場合は、刺激の少ない化粧落としで落としてください。

こちらもお試しください:お家で簡単! メイクアップリムーバーの作り方

2. マイルドなスキンクレンザー

化粧をしない場合は、この2番目のステップから始めます。

ここでは肌のディープクレンジングを行い、肌のくすみの原因となる汚れや老廃物、そして死んだ皮膚細胞である角質を除去します。

刺激の少ないマイルドな石鹸やクレンザー、そして角質除去効果のあるディープクレンザーなどが販売されています。

アルコールなどの強い成分を含まないクレンザーを使用してください。

アルコールが含まれていると、肌のpH値や皮脂を変える可能性があります。

3. 化粧水(トニック)

1日の疲れを和らげるためには、化粧水やトニックを使って毛穴を閉じ、肌に潤いを与えましょう。

こちらもアルコールを含まない製品を選択することで、肌にダメージを与えずハリのある状態を保つことができます。

ローズウォーター、ローズマリー、マンサクなどの天然素材を使う方法もあります。

4. 美容液(セラム)

セラムと呼ばれる美容液は、保湿剤の前に使う化粧品で、肌に良いとされる栄養素が豊富に含まれています。

美容液は朝晩に使用することができますが、特に寝る前の使用が効果的だとされています。

使用する美容液のタイプは、その目的によっても異なります。

一般的な美容液には、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンA、BおよびC、コエンザイムQ10などが含まれています。

5. ナイトクリーム

夜間に使うナイトクリーム スキンケア ルーチン

25歳を過ぎたら、ナイトクリームと呼ばれる夜間の保湿剤の使用を開始しましょう。

就寝前のお手入れで使うクリームは、日中に使うクリームとは異なります。

就寝中は、日中よりも効率的に肌が栄養素を吸収するため、栄養が豊富に含まれたナイトクリームが効果的です。

また、日中に使うクリームには日焼け止め成分が含まれていることが多くありますが、栄養素には特化していないことがあります。

このため、日中のクリームを夜間に使用しても問題はありませんが、日中と同じメリットは得られません。

2つの異なるクリームを買う必要があるものの、効果は2倍であり、長い間使うことができるという効果もあります。

こちらもご参考に:敏感肌の人のための自家製メイク落とし

6. マッサージ

毎晩の美容ルーチンの最後には、フェイスマッサージを行いましょう

可能ならば、パートナーや家族にマッサージしてもらうとリラックス効果が高まります。

フェイスマッサージは、顔全体をリラックスさせて緊張をほぐす最適な方法で、皮膚にハリを与えながら血液の循環を促進します。

また、マッサージによりここまでのルーチンの成分を肌がよりしっかりと吸収する効果があります。

7.十分な休息をとる

マッサージが終わったら就寝時間です。

ただ眠るだけではなく、ここでご紹介するヒントを参考に質の高い睡眠を心がけてください

  • 就寝時には、寝室を完全に暗くする必要があります。携帯電話やコンピューターなどの電子機器も含みます。
  • 顔を上にして寝てください。これはシワを防ぐ効果が期待できる姿勢です。
  • 心身をスッキリさせ、心をリラックスさせると同時に顔もリラックスさせてください。
  • 起床時に顔がむくむ傾向がある人は、枕を少し高くしてください。
  • 睡眠時間が少ないと、肌に悪影響を及ぼしますが、眠すぎも疲れの原因となります。自分の中で健康的でバランスのとれた睡眠時間を見つけてください。

健康と美は同義であり、健康維持が美への第一歩となります。