子供の卒乳について【離乳食の始め方】

18 1月, 2021
赤ちゃんの離乳は、お子さんの人生における重要な経験の1つ。乳離れの最初は、食べ物を食べたがらない可能性があることを念頭において、忍耐強く卒乳させましょう。

赤ちゃんの離乳は、文字通り授乳をやめる時期のことです。このステップは、それぞれの赤ちゃんのタイミングで起こり、それぞれの家族が異なる方法で開始します。どんな方法で行うにしても、愛情を持って、徐々に慣らしていくべきです。

生物学的、社会的、文化的な側面が、いつ、どのように離乳を行うかに影響を与えます。科学的には、離乳の最適な時期や、最適な方法は確立されていません。私たちがわかっていることは、生後6ヶ月までは(可能であれば)母乳育児が重要であるということです。しかし、世界保健機関(WHO)は、2歳の誕生日以降は母乳を継続すべきではないと考えています。

離乳の過程

離乳食の習慣は文化によって異なります。

例えば、イヌイットの文化では、7歳頃まで母乳育児が行われていますが、西洋の文化では、このような長期間の母乳育児は全く一般的ではありません。いつ、どのようにして授乳を終了するかは、様々な社会的要因と、もちろん、それぞれの母親と赤ちゃんとの関係で決まります。

しかし、国際機関は、母乳育児は2歳を超えるべきではないという見方で一致しています。また、生後6ヶ月までは、この時期に必要な栄養素がすべて含まれているため、母乳のみを与えることを推奨しています

卒乳 お乳を飲む赤ちゃん
WHOは、生後6ヶ月は母乳だけで育てることを推奨しています。

離乳食の種類

離乳には、様々な方法があります。場合によっては、医学的な理由や、母子分離や感染症など、母乳育児ができない理由があり、母親に選択の余地がないこともあります。

任意離乳は、子供か母親のどちらかが母乳育児をやめる時期が来たと判断した場合に行われます。子供の「判断」というのは、単にお乳に興味を失い、飲み続けたがらない場合です。

母親はまた、個人的な理由や仕事上の理由で、母乳育児をやめる時期が来たと判断することもあります。

ここで指摘しておきたいのは、母親が離乳させることを決定した場合、赤ちゃんが嫌がる可能性があるということです。子供が乳離れをしたくて離乳を始めたわけではない場合は、このようなことがよく起こります。手間のかかる作業なので、根気よく少しずつ進めていくことをおすすめします。

こちらもお読みください:赤ちゃんにあげてはいけない8つの食べ物

初めての離乳食の食べさせ方

子供が離乳食を食べ始める時期や、その食事の内容は、時代とともに変化してきました。一般的に小児科医は、食べ物を口に運んだ時に、頭が据わった状態で口を開けることができるようになったときに離乳食を始めることを推奨しています。これは通常、生後4ヶ月から6ヶ月の間を指します。

これまで離乳食を食べたことのない赤ちゃんは、なかなか食べられなかったり、最初の数回は拒否したりすることがあります。そのため、一度にスプーン半分程度の量を与えるとよいでしょう。そうすることで、食べ物を口から喉の方に移動することを覚えます。

食事の前に母乳をスプーン2~3杯程度与えると、食事の味に違和感を感じないようにすることができます。

無理やり食べさせるのはよくありません。その代わりに、歌やゲームなどを使って、少しずつ食べることを覚えさせていくのがいいでしょう。もし、まだ十分に食べていないと思ったら、母乳や哺乳瓶を与えても大丈夫です。

離乳食を始めるには、2つの方法があります。1つ目は典型的な方法で、まずは市販のどろっとした離乳食を食べさせ、その後に他の食感の食べ物を食べさせるというものです。もう1つは、赤ちゃんに自分で手に食べ物のかけらを取らせたり、口に入れたり、味見をさせたりして、少しずつ食べ物に慣らしていく、赤ちゃんに自主的に離乳させる方法です。

こちらもお読みください:子供にとって大切な食習慣:ありがちな親の7つの間違い

初めての離乳食の食べさせ方 卒乳
離乳は、忍耐力が必要な長期戦です。人工ミルクなどもうまく活用しながら行いましょう。

赤ちゃんを離乳させるコツ

離乳は段階的に行う必要があります。赤ちゃんの主食である母乳をやめるというこの過程は、それぞれの赤ちゃんにとって異なる経験です。生後12ヶ月未満では、徐々に授乳回数を減らす方法が主流ですが、1歳以上になると、遊びや散歩に出かけたりと、赤ちゃんの気をそらす方法が多くなります。

子供がお乳が欲しいと言っても、決して頭ごなしに「ダメ」と言わないことをおすすめします。家に帰ってからね、と伝えたり、おもちゃで気を紛らわせたりして、しばらくはお乳を飲みたいという気持ちを忘れさせてあげましょう。お子さんが理解できるようになったら、「交渉」を始めて、例えば、母乳は就寝時だけにしましょう、などと伝えてみましょう。

離乳は、人生の中で重要な時期には始めるべきではないということを心に留めておくことが大切です。例えば、保育園や幼稚園に通い始めたばかりの時、引っ越しをしたばかりの時、兄弟が生まれようとしている時などは、離乳食を始めてはいけません。また、いわゆる成長期にやってはいけません。

離乳食は子供にとってストレスの多い時期であることを覚えておく必要があります。なので、授乳がなくなるのを補うために、子供と一緒に過ごす時間を増やすのが大切です。

  • Odent, M., Cisneros, M. V., & Balbás, M. J. (2007). El bebé es un mamífero. Ob Stare.
  • Oribe, M., Lertxundi, A., Basterrechea, M., Begiristain, H., Santa Marina, L., Villar, M., … & Ibarluzea, J. (2015). Prevalencia y factores asociados con la duración de la lactancia materna exclusiva durante los 6 primeros meses en la cohorte INMA de Guipúzcoa. Gaceta Sanitaria, 29(1), 4-9.
  • International Baby Food Action Network, and UNICEF. “Lactancia materna: una estrategia para mejorar la salud, el crecimiento y la nutrición del lactante y del niño pequeño.” (2004).
  • Castillo Belén, Juan Ramón, et al. “Lactancia materna e inmunidad: Impacto social.” Medisan 13.4 (2009): 0-0.
  • Roy, M. R. (2006). El destete natural. Medicina naturista, (10), 161-167.
  • Díaz-Gómez, N. M. “¿ En qué situaciones está contraindicada la lactancia materna.” Acta Pediatr Esp 63.8 (2005): 321-327.
  • Vidal, A. Viñas. “La lactancia materna: técnica, contraindicaciones e interacciones con medicamentos.” Pediatría Integral 15.4 (2011): 317-328.
  • Díaz-Gomez, M. “Contraindicaciones y falsas contraindicaciones para la lactancia materna.” J. Maldonado, J. Ansótegui, M. Gómez, A. Papí, M. Aguilar, L. Rivera,… & D. Gómez de La Torre (Eds.), Lactancia materna: Guía para profesionales 5 (2004): 107-118.
  • Romero-Velarde, Enrique, et al. “Consenso para las prácticas de alimentación complementaria en lactantes sanos.” Boletín médico del Hospital Infantil de México 73.5 (2016): 338-356.
  • Garibay, Edgar M. Vásquez, et al. “Recomendaciones para la alimentación del niño durante los primeros 23 meses de vida.” Pediatría de México 14.1 (2012): 25-42.