完璧なナニーを見つけるための6つのヒント

10月 31, 2019
母親になるのは簡単だと誰が言ったのでしょう? 自立して働く女性にとって育児との両立は大変なことです。そこで活躍するのがナニーです。

昔は「乳母」と呼ばれたこともあるナニーは、産後数ヶ月で職場復帰をしなくてはいけない母親にとって必要な存在です。

子供の発達段階において、なんらかの理由で家族のサポートなどが得られず、ナニーを雇う必要が生じるかもしれません。

ところが、完璧なナニーを見つけるのは容易ではありません。

完璧なナニーを選ぶ時にはいくつかの条件がありますが、最も大切なのは、子供の幸せです。

子どもたちが家族や身近な人と築き上げる絆はとても大切なものなので、赤ちゃんの世話をナニーなどに任せる場合には、様々な質問や心配事が尽きないのも普通のことです。

特に、赤ちゃんがこれまで親や祖父母以外の他人と接したことのない場合は、心配になるでしょう。

我が子の世話を他人に任せることや、完璧なナニーを見つけるのは簡単なことではありませんが、不可能なことでもありません。

ナニーの候補者が見つかったら、面接で相手を注意深く観察して、できる限り多くの質問をして相手のことを理解しましょう。

これは、我が子の安全を確保するためにも大切なステップです。

時間と忍耐力が必要

完璧なナニーを見つけるためのヒント

正しいナニーを選ぶ上で大切なのが子供の年齢です。

母性本能や親の直観が子供を守るケースがあります。大切な子供を世話するナニーを見つけるのは長いプロセスです。

しかし、忍耐強く時間をかけて行うのが最適な方法であり、急がずに今回ご紹介するヒントをすべて確認することが大切です。

子供の年齢、子供の世話するのが短期間または長期間なのか、そして子供を世話する時には自宅で子供とナニーだけになるのか、それとも他の子供も預かる託児のような仕事をしている人なのかなど、多くの注意点があります。

また、生まれてすぐの赤ちゃん、乳児、そして幼稚園児、または年長クラスの子供など、子供の年齢によってナニーに求める条件も変わります。

信頼できる素晴らしいナニーを見つけることで、親であるあなたが穏やかな状態で仕事や自分のすべきことを安心して行うことができます。

本能的に何か不安を感じたら、自分の本能や直観を信じましょう。

すぐにナニーが見つからないからといって、焦って選んではいけません。

落ち着いてゆっくりと、自分の条件に合う人を選びましょう。

よくある質問と心配事

ナニー探しを始めると、様々な質問や心配事が現れる可能性が高くなります。

特に、最初の子供のナニーを探すときは、特に自分のニーズにあったナニーとなると心配は尽きません。

ここからはよくある質問や心配事を分析し、本当にナニーが必要なのか?託児所に預ける方法はあるか?保育園などに行かせる方法はあるのか?などを考えていきましょう。

託児サービスを個人的に提供している人の多くは、資格を持った専門家ではありません。

このタイプの託児サービスは、保育園や幼稚園で提供されるものとは異なりますが、あなたの忙しい予定に柔軟に対応して子供を預かってくれるという利点があります。

多くの保育園の場合は、決まった時間に登園し、お迎えに行く必要がありますが、自宅にきて子供のお世話をしてくれるナニーの場合は、さらにその柔軟性が高まりますが、金額が高くなります。

まずは自分の予算を出し、どのサービスならは支払いが可能かを考えましょう。

自宅に来てもらう場合は、ナニーの交通費はもちろん、食費が必要になる場合もあります。

また、ナニーについて悲しいニュースも多くあるため、心配事はつきません。

何かがおかしいと感じた時には、自分の直観を信じることが大切です。

こちらもご覧ください:シングルマザーになること:ママとしての課題とは?

基本的なヒント

完璧なナニーを選ぶ:簡単なテストをする

ナニーの面接中には、自分の子供のお世話を任せるのにふさわしい人かどうか、そして完全に信頼できる人かどうかを見極めてください。

1. バックグラウンドチェックを行い、これまでの経歴を確認する

バックグランドチェックと呼ばれる人材採用調査、つまり相手のこれまでの経歴や歴史を調べる方法があります。

候補者が履歴書に書いている情報を調べる機関があるため、依頼しましょう。

もちろん、相手からの同意の上で行うことが大切ですが、適切な機関に依頼すれば、これまでの経歴や犯罪歴などをはじめとする情報を確認することができます。

これが、ナニー選びの最初のステップです。

候補者が以前ナニーをしていた場合は、その時の雇い主の連絡先を聞き、推薦状をもらうように頼みましょう。

前の依頼主からの推薦などがあれば、素晴らしい保証になりますね。

2. 面接の予定を立てる

候補者との面接の予定を立てましょう。

相手に直接会って、相手を知り「感じる」ために必要な質問をすべて行いましょう。

前職、子供のお世話をした経験や資格などはあるのか、子供に関わる仕事をした経験はあるか、また子供の世話している時に起こる緊急事態や不慮の事故にどう対応するのかなどを相手に質問してください。

また、しつけや罰則についても候補者の考えを聞きましょう。

3. 礼儀正しさ、性格、そして見た目を確認する

面接中の候補者の態度や礼儀正しさ、そして基本的なマナーが身についているかを確認してください。

話しやすい相手というだけでなく、子供が安心感を得られるような穏やかな性格であるのも必須事項であり、良い態度、マナー、そして心地よさを感じるような性格などが非常に重要な条件となります。

見た目が良いというのは、キャリアウーマンやファッションモデルのような服装で登場するという意味ではありません。

清潔感があり、手入れの行き届いた服装や髪型が大切です。

また面接にふさわしい服装かどうかも確認してください。

会話をする時に相手への敬意を払った話し方をするか、そしてマナーの良さも注目すべき点の一つです。

子供たちと長い時間を過ごすナニーから子供たちは様々なことを学ぶため、子供の見本になるような人であることが大切です。

4. 小テストを行う

面接の際には小テストを行いましょう。

テストといっても筆記試験ではなく、あなたが見ている状態で子供の世話をしてもらうテストです。

ナニーの候補者と子供が一緒にいる様子を観察し、子供がこの候補者を好きかどうか、何か気になる点はないかを見てください。

子供の直観はとても鋭いため、親が不信感を感じるよりも前に、何かを感じるかもしれません。

また自宅で飼っているペットの反応も注意深く見ましょう。実は動物も参考になります。

ペットや子供が、どちらも落ち着いて候補者の周りにいる時や安心しているのは良い兆候です。

子供が嫌がる場合は、無理やりナニーと遊ばせようとはしないでください。

5. 自分のスケジュールと候補者のスケジュールが合うかどうかを確認する

面接では、相手からさまざまな情報を収集することが大切ですが、その中でも、ナニーとして勤務可能な時間を確認する必要があります。

決まった時間、またはこちらがナニーを必要とする時間や指定した時間に時間通り現れ、仕事を遂行することができるか、そしてスケジュールにある程度の柔軟性があるかどうかを確認してください。

相手とのスケジュールが合わない場合は、次の候補者との面接に移りましょう。

6. こちらが提示するルールと条件を相手に伝える

ナニーの候補者を面接する時には、こちらが相手に求める条件を伝えることが大切です。

  • 子供(赤ちゃんの場合もあります)をどれだけ正確に世話することを求めるか
  • ナニーとしての責任の範囲
  • 緊急事態が発生した時の対処法
  • 何を緊急事態と考えるか

これらの条件とともに、相手がこれらの条件をどう考えるかも質問し、相手からの答えが満足のいくものでない場合や、こちらの考えとは異なる場合は、次の候補者の面接へと移りましょう。

こちらもご覧ください:子どもが言うことを聞いてくれない!親としてできること

7. 候補者からの希望条件を聞く

面接では、候補者からも労働条件を聞く必要があります。

できる限り具体的に詳細を述べてもらうことが、ナニー選びには欠かせません。

相手の条件とこちらも条件が合わない場合は、こちらが求めているナニーではないと考えてください。

そして別の候補者との面接を行うなど、ナニー探しを継続する必要があります。

完璧なナニーを選ぶ方法

完璧なナニーを見つけるためのヒント

完璧なナニーとは、子供の健康と健全な発達を保ちながら、子供を満足させながらうまく関わることができる人であり、子供が自由と心の安らぎを感じる人でなくてはいけません。

面接を終えて、これらの条件をすべて満たしている人だとわかったら、正式なテストを行う準備を整えましょう。

正式なテストとは、子供のお世話を頼むお試し期間を設けることですが、この期間は、子供の親が同じ空間にいる日を選んで候補者に家に来てもらうようにしましょう。

そうすることで、ナニー候補がどのように子供に接するか、様々な状況においてどのように反応し、ナニーの行動が子供にどのような影響を与えるかを冷静に観察して分析することができるでしょう。

また、あなたが決めた条件や家庭内のルール、そして子育ても方針に従うかどうかも大切な点です。

二つ目の正式なテストは、短時間でもあなたがいない時に子供を任せましょう。

子供に何かあった場合には、ナニーからすぐ連絡を受けることができるような電話番号を必ず伝えて出かけましょう。

二つ目のテストの結果に満足をしたら、長期雇用へと移行しましょう。

世界一の完璧で最高のナニーを選んだとしても、親としてのあなたの愛情に置き換えることはできません。

仕事をしているから子供と過ごす時間が少ないのは問題ではありません。

大切なのは、子供と過ごす時間には、子供への無条件の愛を提供できるかどうかです。

親は子供と一緒に成長します。

子供の成長はとても早いため、子供と過ごすことができる時間があるときは、必ず子供に十分な愛情と注意を払ってください。

  • Castrillón González, Lisbeth Yalile, et al. “Corporación escuela para niñeras y cuidadores.” (2010).
  • Cid López, Rosa María. “Madres sustitutas y oficios femeninos. Nodrizas y niñeras en la Roma antigua.” Los trabajos de las mujeres en el mundo antiguo: cuidado y mantenimiento de la vida (2016).
  • Gorbán, Debora. “De niñeras, cuidadoras y empleadas domésticas: una mirada sobre los procesos de selección de trabajadoras del cuidado entre familias de clases medias en la ciudad de Buenos Aires.” Documentos para discusión Nº14(2014).