血管に付着した
コレステロールの除去方法

コレステロールは脂肪の一種で動脈壁に付着し、人体の健康に害をもたらすものとして知られています。人体は一定量のコレステロールを必要としていますが、過度のコレステロールは心臓病、心臓発作、はたまた心臓の血管に悪影響を及ぼします。

体内のコレステロール量は私たちが摂取する食べ物により決まります。果物、野菜、小麦などの穀物、水などの健康的な食事はコレステロールを悪玉コレステロールの軽減に効果的で、悪玉コレステロールに関わる病気になるリスクを減らすことに役立ちます。このように血管に付着している脂肪の原因となる高コレステロールの食べ物を摂取を控えることはとても大切です。

さらに体によい食べ物を摂取することは、私たちの知らないうちに体内のコレステロールの調整や、血中の脂肪、有害毒素を軽減するような働きをしてくれているのです。それでは動脈硬化(老化に伴い動脈が硬くなったり、血管内に老廃物がくっついて血流が滞る状態のこと。)の軽減と血液循環を良好にする食べ物として有名なにんにくとレモンを紹介します。

コレステロールの軽減に効果的な食べ物には何が含まれているの?

にんにく2

今日、血中コレステロールを下げるための実に多くの薬があるにもかかわらず、多くの専門家はコレステロールの軽減に効果的な食事の摂取を提唱しているのは、これらの薬の多くは副作用があるのに対してコレステロールを下げる食事の摂取は非常に健康的だからなのです。

にんにくとレモンは動脈硬化とコレステロール値の軽減に効果が高く、また体内のさまざまな老廃物を排出するのにも高い栄養素を含んでいます。

にんにくの効果

にんにくは自然界の抗生物質としても名高く、食べ物に風味を増すだけでなく健康にも効果の高いものとして長年食されています。

研究結果によると、インドをはじめ世界の多くの国で、にんにくの消費量に比例して動脈硬化や高血圧のリスクを軽減できるだけでなくわれわれの健康にとって重要な心臓病に効果があるという報告がありました。

にんにくの主な効能

・炎症を抑える

・血管の拡張、血液をさらさらにする、血中の毒素を減らす

・殺菌作用、抗生物質の役割を担う

・動脈を拡張させ、コレステロールを軽減し、血流を正常にする

・心臓によい

・免疫機能を高める

・インスリンの数値を上げる役割があり、血糖値を下げる

レモンの効果

レモンもまた豊富な栄養素を含み多くの病気に効果的な食材として有名です。ビタミンCだけでなく老化防止もたかく、ビタミンB,E、ミネラル、カリウム、マグネシウム、リン、銅、亜鉛、鉄、マンガンなどの多くの成分を含んでいます。

コレステロールと動脈について言えば、レモンは血管内をきれいにお掃除してくれるような効果があり、血中の脂肪、有害毒素を軽減するように働きかけをしてくれる食べ物なのです。またレモンに含まれるクエン酸は、脂肪を酸化させて除去することに役立ち、老廃物が血管壁に付着するのを防ぎます。

レモンとにんにくでコレステロールを下げてさらさらの血液を保とう!

2-永遠の若さと長寿.レモン

にんにくとレモンがコレステロールの軽減と免疫機能に高い効果を示すことがここ数年でわかってきました。そこで自宅で出来る、にんにくとレモンを使った健康な飲み物の作り方を紹介します。

材料

にんにく4片、レモン小4つ、3リットルのお湯と水

作り方

ますはにんにくをきれいに洗い細かく刻みます。レモンを薄切りにしてボウルで刻んだにんにくと混ぜます。そこにぬるめのお湯を注いで混ぜた後、固形物がなくなるまでミキサーにかけます。全体的に液体となったら、3日間冷蔵庫で冷やします。3日後、液体をこしてできあがりです。

飲み方

これを13回、食事前に50ml飲みます。しかし、まずは1日ティースプーン1,2杯飲むところから始めましょう。1度作ると約40日間摂取できる量になります。