レモンウォーターを飲むことで得られる効能

6月 19, 2018
レモンウォーターは水分補給に最適な方法ですが、水分補給以外にも私たちの体に多くの健康効果があるのをご存知ですか? 本記事で詳しくご紹介します。

様々な臨床研究などによると、野菜と果物をベースにした食事法は慢性疾患のリスクを低下する効果があることがわかっています。そしてもちろん柑橘系の果物も例外ではありません。

レモンウォーター:レモンと水の完璧な組み合わせ

レモンは、ビタミンC(アスコルビン酸)が豊富に含まれていることでも知られる果物です。

またビタミンCは、生物がコラーゲン合成、赤血球、および免疫系の適切な機能に必要な栄養素です。

レモンはビタミンCの含有量が最も多い柑橘類の一つで、レモン果汁1ml当たり40〜70ミリグラム含まれています。

さらにビタミンC以外にも、 レモンにはベータカロテンやフラボノイド(ヘスペリジン、ジオスミン、エリオシトリンなど)も含まれており、レモンに含まれる抗酸化物質および抗フリーラジカル成分が、鎮痛作用やおよび抗炎症作用を発揮します。

ご存知ですか?:心臓と肝臓のためのレモンウォーター

もう一つの材料である水は、人間が生命を維持するのに不可欠な要素です。

水は消化を促進し、便秘や頭痛を和らげて軽減するだけでなく、体温の調節や免疫システムの改善などの働きがあります。

このような理由からもわかるように、レモンウォーターを継続して飲むことで、私たちの健康に驚くべき効果をもたらします。早速ご紹介します:

静脈不全

静脈不全

レモンウォーターには、静脈不全、静脈瘤、および関節リウマチを治療する際に医師が使用する物質である、ジオスミンを含んでいます。この物質は、血液循環を促進して炎症を減少させながら、コラーゲンの産生を増加させます。

さらに、筋緊張、血管抵抗性、および炎症状態を改善するためにも使用され、 静脈壁の強化にも高い効果があることがわかっています。

レモンウォーターに含まれるジオスミンは、抗炎症性、抗痔核性および抗酸化性を保持しています。

こちらの記事でさらに詳しく:静脈瘤を予防する6つのコツ

骨粗鬆症予防

レモン果汁に含まれるビタミンCの効果により、骨基質における良好な骨芽細胞発達を促進する骨密度を増やします。

また、関節間の軟骨形成を促進し、骨構造の健康を改善します。

天然の利尿剤

利尿効果

レモンは、尿路のデトックスとクレンズ作用を促進し、体内の不要な成分を尿を経由して体外へと排出する作業を加速するためです。

便通を促進する

レモンウォーターに含まれる便通を促進する作用は、よく知られています。 消化酵素の産生を刺激することにより、レモンウォーターが腸の活動を改善し、便を軟化させることで、便秘を緩和します。

貧血予防

貧血予防

レモンウォーターは、胃腸管における鉄分の吸収を促進し、貧血を予防することで組織形成に良い影響を与えます。

肉、魚、または鶏肉からの鉄分の吸収は、ミルク、チーズ、または卵などの食品からの鉄分吸収の4倍以上に増加する可能性があります。

消化機能の改善

レモンウォーターは、唾液、胃の胃液、ペプシンの産生を刺激します。その結果、これらの物質が食物を分解して適切なタンパク質の吸収を確実にすることで、消化が促進されます。

食後の消化不良、胸やけ、膨満感、またはガスなどにお悩みの時は、レモンウォーターを一杯飲みましょう。数分で症状が改善されます。

減量効果

減量効果

レモンに含まれるカフェイン、ペクチン、リモネン、ビタミンCの働きにより、食欲を抑えて代謝を高めながら、体内での脂肪吸収を減少させます。

またコレステロールや中性脂肪、および高血糖値を低下させる働きがあるため、減量を目的としている時には、レモンウォーターが役立ちます。ただし魔法のダイエット法ではないことを留意してください。

pH値のバランス

pH値は、体内の水素イオンの濃度を測定します。 健康なpH値は、7.3〜7.45の間で変動します。

乱れた生活習慣や食生活により、腎臓を介した体内の安定が妨げられることでph値のバランスが乱れます。

レモンウォーターは、酸性にもかかわらず、体内に入るとアルカリ性になるため、血液を浄化し、体内をデトックスする効果をもたらします。

体内がアルカリ性になることで、乾燥肌、割れたり弱くなった爪、そしてハリや輝きを失った肌などの、外見上の劣化を改善します。

今回ご紹介した効果のあるレモンウォーターは必ず継続して飲み、自然が与えてくれる素晴らしいレモンウォーターの効果をぜひ実感してください。

あなたへおすすめ