静脈瘤を予防する6つのコツ

静脈瘤を予防し、循環を改善する方法の一つに、毎日数分間脚を上げるというものがあります。是非試してみてください!

静脈瘤とは拡張した静脈で、一般的に下半身に、循環が悪いために現れます。

静脈瘤ができるということは、血液が心臓まで正常に戻るというのが困難な状態となっています。これは、炎症性の不安定さや血液を送り出す弁が弱っているためです。

静脈瘤ができてしまうと、赤や紫の静脈が浮き出てしまうので美容的トラブルでもあると考えられてきました。

また美容の問題だけでなく、気分が重くなることから健康トラブルでもあります。循環が悪いことで痛みを引き起こしたり、その他にも不快な症状を引き起こす場合があります。

ですが、ありがたいことに、日々の生活習慣に少し気を付ければ、静脈瘤のリスクを軽減することができるかもしれません。特に若い時から意識して行えば、より効果的でしょう。

今日は、静脈瘤を予防する6つのコツをご紹介しましょう。

静脈瘤を予防するコツ

1. 体重をコントロールして静脈瘤を予防

女性と量り

静脈瘤ができる主な理由の一つとして、太り過ぎや肥満が挙げられます。

過剰に体重が多いと、通常静脈を通る血液を防いでしまいます。これによって毛細血管が炎症するのです。

ポイント

  • 毎日の食生活の中でカロリーや脂肪の摂取をコントロールする。
  • フルーツ、野菜、全粒穀物をベースとする食事を取る。
  • 一日30分以上のエクササイズを定期的に行う。
  • 肥満の場合は、医師の指示に従う。

2. 快適な靴を履いて静脈瘤を予防

幅が広く、底が柔らかい快適な靴を履くことは、下半身の循環障害の予防となるでしょう。

ヒールの高すぎる靴を履くと静脈を通る血液の移動を規制する弁を弱らせてしまいます。つまり、炎症や貯留を引き起こしてしまうのです。

ポイント

  • ヒールの高さが5cm以上のハイヒールを履くのは避けましょう。
  • 靴底が厚く、通気性のあるローヒールまたはヒールのない靴を履きましょう。

3. 水を飲む量を増やして静脈瘤を予防

水を飲む女性

水を普段あまり飲まない人は、水をたくさん飲む人に比べ、循環系のトラブルに見舞われることが多い様です。

水は体の機能に取って欠かすことができない飲み物です。水は血液を最高の状態に保ってくれるのです。また、体の隅々から心臓へと血液が戻るのを促進します。

ポイント

  • 一日あたりグラス6〜8杯の水を飲みましょう。
  • そんなにも水を飲むことができないという人は、フルーツを入れたフレーバーウォーターなどにしても良いでしょう。

4. 体を締め付ける服を避けて静脈瘤を予防

信じられないかもしれませんが、着る服が体にフィットしすぎている場合、静脈瘤やクモ状静脈を引き起こすことがあります。

ジーンズやスカートなど体を締め付けるようなデザインの服を着ていると、脚の循環を妨げてしまいます。ずっと着続けていると次第に見た目のトラブルにもなるでしょう。

ポイント

  • 柔らかく通気性のいい生地でゆったりしたデザインの服を着ましょう。
  • パンツやレギンスなどを買うときは無理にサイズダウンせず、自分の体に合ったものを選びましょう。

参照:きつい服は健康を害する?

5. 足を上げて静脈瘤を予防

足を上げる運動

脚を上げるというとても単純なことで脚の循環を改善され、静脈の炎症を予防することができるのです。

このエクササイズは心臓の上部を通る血液の戻りを促進します。リラックス効果もあるでしょう。

ポイント

  • 可能なときに2〜3分脚を上げましょう。
  • 平日仕事を終えた後の夜間に行うとよいでしょう。
  • 特に日中同じ姿勢を取ることが多い人にオススメです。

6. 塩分を控えて静脈瘤を予防

塩はどこのご家庭でも最もよく使われている調味料の一つではないでしょうか。また、多くの食品にすでに含まれています。したがって、食生活から塩を取り除くというのはとても難しいことでしょう。

塩は、過剰に摂取されると、様々な健康トラブルを引き起こします。静脈瘤もその一つです。

塩分の過剰摂取によって体液貯留を引き起こし、炎症を起こします。そして、静脈瘤や蜂窩織炎が現れることとなるのです。

ポイント

  • 塩分を控えめにしましょう。味が物足りない場合はヘルシーなスパイス類を利用しましょう。
  • 食料品を買う際は表示をよく読み、塩分量を確認しましょう。
  • 塩を加えるときはごく少量を心がけ、海塩やヒマラヤンソルトを使いましょう。

静脈瘤ができたらどうしようと心配していませんか?今日ご紹介したアドバイスに気をつけ、予防を心がけてくださいね。

カテゴリ: 健康習慣 タグ:
あなたへおすすめ