目尻にできるシワ「カラスの足跡」の原因と自然療法

· 5月 28, 2016
今回は目のまわりにできるシワ、いわゆる「カラスの足跡」の原因を説明し、目立たなくするのに役立つ自然療法をご紹介します。

さて、 カラスの足跡 は目尻にできるシワのことを言いますが、一体その原因は何なのでしょうか。どうやったらそれを予防または目立たなくできるのでしょう?

この記事で、そんなシワが出来る理由、そして自然療法を用いて身体の内側も外側も健康に保ち、そんなシワを予防する方法を一緒に学んでいきましょう!

目のストレス

目尻に小ジワが現れ、だんだん深くなっていく原因のひとつは、目の周辺の緊張です。よく注意していれば、ものが見えにくくて目を凝らさなければならないとき、目を細めてしまい、その結果目尻にシワを作っていることに気づくことでしょう。

これは誰にでもよくあることですが、もし目が疲れていたり、近視など視力に問題がある場合は、さらに起きやすくなるでしょう。日頃から目をいたわり、必要ならば自分の視力に合った眼鏡やコンタクトレンズを使うようにしなければなりません。つまり、とにかく目をリラックスさせる必要があるわけです。では、どうやったら目をリラックスできるのでしょうか。

  • 一日に数回、目を冷たい水で洗うと、目の周辺の血行が直ちによくなります。
  • 目の回りをやさしくマッサージすることを、毎日の日課にしましょう。眉毛の内側から始め、小さな円を描くようにします。
  • 1日をとおし、コンピューターの前で何時間も過ごしたり、何かを凝視したりしたとき、両手をこすり合わせて温めてから、まぶたの上に置いて2~3分間待ちましょう。目をリラックスさせ、視力を回復させるのに役立ちます。
  • 目をギュッと閉じてから力を抜き、深呼吸しましょう。
女性の顔

弱った肝臓

「みうらクリニック」の三浦直樹医師曰く、カラスの足跡ができる原因の一つとして、肝臓の弱体化を挙げています。顔とパーツと内臓にはそれぞれ相関性があって、シワだけじゃなく、目の付近に血色や膨らみなど、なんらかの異変が見られたら、それは肝臓が悲鳴をあげているサインである可能性があるのです。肝臓の機能を弱める原因は様々で、例えば以下のようなものが挙げられます。

  • 栄養失調・飽和脂肪酸・精製糖・合成保存料など
  • 喫煙・飲酒などの悪習慣
  • 怒りなどのネガティブな感情

こちらもあわせてご覧ください:

目じりのシワは肝臓が弱っているサイン?

弱った肝臓のための自然療法

  • よりよい食品を選ぶ(くだもの・野菜・全粒穀物・豆類・ドライフルーツ・種など)。
  • タンポポ茶を飲む。
  • 感情の健康によい活動に参加する。
  • 寝る前に湯たんぽを肋骨の上におき、肝臓を鎮める手助けをする

こちらも合わせてご覧ください:

タンポポの優れた効能7つ

たんぽぽ

目のまわりのお肌のお手入れ法

最後に、環境にも優しい天然製品を使って目のまわりのお肌をお手入れする必要がありますが、売られているものは少しお値段が高めなのが玉に瑕です。しかし、化粧品を手作りしてしまえば、もっと経済的で十分効果も期待できます。

お顔の中でも非常にデリケートな箇所ですから、毎日朝と番にお手入れするようおすすめします。ローズヒップオイルまたはアルガンオイルは、どちらも乾燥肌やシワのある熟年の肌にピッタリです。どちらかを選び、お肌の再生を助けるゼラニウムオイルを数滴加えましょう。

オイル

目尻のシワを防ぐのに加え、以下の方法を使えば、目の周辺をリラックスさせることができます:

  • 新鮮なキュウリの薄切り
  • 生のジャガイモの薄切り
  • 冷やしたカモミール