タンポポの優れた7つの効能

1月 1, 2018
利尿作用があることで知られるタンポポですが、それだけではなく、貧血や目の健康に良い栄養も含まれています。

タンポポは、信じられないほど素晴らしい効能があるキク科の植物です。

ただの雑草ではありません。タンポポには様々な栄養と健康効果があり、代替医療としても価値があります。

庭や小道、草むらで簡単に育つタンポポを、自然療法として利用するために敢えて育てている人もたくさんいます。

タンポポの効能についてよく知らないという人も多いでしょう。じつは、タンポポは抗炎症作用、利尿作用、抗酸化作用のある植物なのです。

タンポポ茶は摂取しやすく、病気を予防し、様々な体の機能を高めます。

知らない人もまだまだ多い、タンポポの効能についてご紹介します。

 

タンポポの優れた効能

 

1. 体液貯留を改善

足を押さえる人

タンポポの持つ利尿作用と抗炎症作用が、体に貯留した体液を排出する手助けをします。

タンポポに含まれる天然の活性物質は、腎臓の機能を改善し、尿の生成を通し、過剰な体液を排出します。

  • この目的でタンポポを利用する場合は、タンポポ茶を1日2〜3杯飲みましょう。

 

2. 肝臓の機能を改善

タンポポの根は肝臓の保護作用があることで知られています。肝臓の機能を改善するだけでなく、炎症を予防し、胆汁の流れを正常に保ちます。

タンポポの抗酸化物質は組織に蓄積された毒素の排出にも役立ちます。また、脂肪肝などのトラブルを予防します

  • タンポポ茶を週に3回以上飲むのが理想的です。

こちらもお読みください:肝臓を洗浄する食生活

 

3. 腸の状態を改善

お腹を押さえ横たわる女性

タンポポには優しい便通剤のような働きがあり、腸の動きを改善し、大腸に蓄積された老廃物の排出を促します。

また、食物繊維や抗酸化物質が非常に多く含まれています。これらは消化器官を助け、消化を促進します。

さらに、ガスや消化不良にも有効です。健康的な細菌の活動に影響を与えることなく、pHを中和します。

  • 寝る2時間前にタンポポ茶を飲みましょう。

 

4. 貧血に良い

タンポポには、鉄分、マグネシウム、カルシウムが多く含まれ、貧血や倦怠感からの回復を促す効果があります。

体に吸収されると、赤血球と白血球の形成をサポートし、免疫系を強化します。

  • タンポポ茶を1リットル用意し、1日3〜4回に分けて飲みましょう。

こちらもお読みください:貧血に効く果物

 

5. 目の健康を守る

目

タンポポの必須栄養素は目の健康を守る助けとなります。

タンポポに含まれるルテインとゼアキセンチンは白内障、黄斑変性症、その他加齢に関連する目の疾患のリスクを最小限に抑えます。

  • タンポポ茶を1日1杯、週に3回以上飲みましょう。

 

6. 肌トラブルに良い

タンポポ茶にして飲む、また、外用薬として使うことで皮膚トラブルを軽減します。

タンポポに含まれる抗酸化物質は血液を洗浄し、ニキビやアトピーの原因となりうる毒素を取り除きます。

また、タンポポには傷やアレルギーなど肌トラブルの治癒に役立つ抗炎症作用、治癒作用があります。

  • タンポポ茶を1日2〜3杯、肌の状態が良くなるまで飲みましょう。
  • 外用薬として使う場合、湿布や軟膏のように直接塗布しましょう。

 

7. 炎症の緩和

肩を押さえる女性

タンポポには必須脂肪酸、βカロチン、必須ミネラルが含まれています。体に吸収されると、これらは炎症過程のバランスを立て直す助けになります。

また、激しい頭痛を軽減する効果もあります。さらに、関節炎や変形性関節症など慢性的な症状の治療効果を促進する働きも期待できます

  • 夜間の痙攣や関節痛がある場合、タンポポ茶を利用しましょう。予防、または、症状緩和のために、1日2〜3杯飲みます。
  • 加えて、抽出液を準備して温湿布を作り、痛みのある部分に塗ることもできます。そのまま10分間おいて終了です。毎日行いましょう。

 

今日ご紹介したように、タンポポには優れた効能がたくさんありますが、妊娠中の女性や授乳中の女性には禁忌であるということを覚えておきましょう。タンポポの染料にはアルコールが含まれており、健康を害する恐れがあります。

また、胆嚢結石患者やその他胆嚢に問題を抱えている人も避けた方が良いでしょう。その他の症状がある方も、医師にご相談ください。

  • González-Castejón, M., Visioli, F., & Rodriguez-Casado, A. (2012). Diverse biological activities of dandelion. Nutrition Reviews70(9), 534–547. https://doi.org/10.1111/j.1753-4887.2012.00509.x
  • Wirngo FE, Lambert MN, Jeppesen PB. The Physiological Effects of Dandelion (Taraxacum Officinale) in Type 2 Diabetes. Rev Diabet Stud. 2016;13(2-3):113–131. doi:10.1900/RDS.2016.13.113
  • Qureshi, S., Adil, S., El-Hack, M. E. A., Alagawany, M., & Farag, M. R. (2017, July 4). Beneficial uses of dandelion herb (Taraxacum officinale) in poultry nutrition. World’s Poultry Science Journal. Cambridge University Press. https://doi.org/10.1017/S0043933917000459
  • Clare, B. A., Conroy, R. S., & Spelman, K. (2009). The diuretic effect in human subjects of an extract of Taraxacum officinale folium over a single day. Journal of Alternative and Complementary Medicine15(8), 929–934. https://doi.org/10.1089/acm.2008.0152
  • Cai, L., Wan, D., Yi, F., & Luan, L. (2017). Purification, Preliminary characterization and Hepatoprotective effects of polysaccharides from dandelion Root. Molecules22(9). https://doi.org/10.3390/molecules22091409
  • Jin, Y. R., Jin, J., Piao, X. X., & Jin, N. G. (2011). The effect of Taraxacum officinale on gastric emptying and smooth muscle motility in Rodents. Neurogastroenterology and Motility23(8). https://doi.org/10.1111/j.1365-2982.2011.01704.x
  • Modaresi M, Resalatpour N. The Effect of Taraxacum officinale Hydroalcoholic Extract on Blood Cells in Mice. Adv Hematol. 2012;2012:653412. doi:10.1155/2012/653412
  • Buscemi S, Corleo D, Di Pace F, Petroni ML, Satriano A, Marchesini G. The Effect of Lutein on Eye and Extra-Eye Health. Nutrients. 2018;10(9):1321. Published 2018 Sep 18. doi:10.3390/nu10091321
  • Yang Y, Li S. Dandelion Extracts Protect Human Skin Fibroblasts from UVB Damage and Cellular Senescence. Oxid Med Cell Longev. 2015;2015:619560. doi:10.1155/2015/619560
  • Park, C. M., Cho, C. W., & Song, Y. S. (2014). TOP 1 and 2, polysaccharides from Taraxacum officinale, inhibit NFκB-mediated inflammation and accelerate Nrf2-induced antioxidative potential through the modulation of PI3K-Akt signaling pathway in RAW 264.7 cells. Food and Chemical Toxicology66, 56–64. https://doi.org/10.1016/j.fct.2014.01.019