貧血に効く果物

10月 15, 2015
鉄分をもたらすだけでなく、果物には体を労わるビタミンが多く含まれています。特にアセロラはビタミンCと鉄分を豊富に含んでいる果物です。

誰でも一度は貧血に悩まされたことがあるのではないでしょうか。食欲不振、生理中の出血、腎臓や肝臓の問題などは全て鉄分不足から引き起こされるものです。

果物をもっと食べることから始めてみませんか? 今回は貧血に効く果物をご紹介します。 

貧血にはどんな果物を食べればいいの?

貧血に効く果物

果物は鉄分の不足を解消してくれるのでしょうか? 完全に解消してくれるわけではありませんが、果物は私たちの体の鉄分量を安定させてくれる効果を持っています。

多くの栄養士の方が、鉄分を含んだ食べ物にレモンを搾って食べることを勧めています。例えば、ザルガイ、ムール貝、ほうれん草などにレモンを搾って食べると鉄分をさらに摂ることができます。

 

 1.オレンジとレモン

kankitsurui-veronicasheppard1

柑橘類はビタミンCの宝庫です。普段の食事に欠かすことはできません。朝食にオレンジジュース、クルミ、アーモンド、イチゴを入れたオートミール、レモンを搾ったサラダを食べるようにすれば貧血は日に日に良くなっていくでしょう。

2.プラム

薬用の果物の1つです。消化に良く、便秘や炎症に効き、活力を与えてくれ、豊富な鉄分を摂ることができます。プラムは生で食べられますし乾燥したものを朝食に取り入れたり、お昼にスナック感覚で食べるのもいいでしょう。プラムは貧血には最適な食べ物です。

3.洋梨とリンゴのジュース

younashi-jyusu

健康的で美味しく治癒力もあります。朝食の時にリンゴと洋梨を剥いてジューサーにコップ1杯の水と加えて攪拌してください。これを飲むとヘモグロビンが増えます。

 

4.アセロラ

aserora

アセロラは鉄分とビタミンC を豊富に含んでいる果物の1つです。西洋インドのサクランボの1種で様々な気候で栽培されています。豊富なビタミンC以外に、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンA、フラボノイド、ミネラル分(鉄分、カルシウム、リン、カリウム、マグネシウム)などの体に必要不可欠な栄養素を持っています。食べ方は、新鮮なアセロラをジュースにしてもいいですし、ジャムなどを作ってもいいです。貧血には最高の果物で疲労、ストレス、免疫機能を強化してくれます。

あなたへおすすめ