静脈瘤に効果抜群!利尿作用の高いお茶5選

利尿作用の高いお茶は、静脈瘤の症状を緩和しながら体液貯留を予防・解消します。本記事では静脈瘤に効果抜群のお茶をご紹介します。

皮膚に細いこぶのような血管が広がる静脈瘤は、美容面からもその見た目が気になる、厄介であり多くの人が悩む血管の病気です。

体内細胞での炎症反応が引き金となり、循環系、そしてリンパ系の健康に問題が生じます。

静脈瘤とは、静脈の弁が弱るまたは壊れることで下半身から心臓までの血液の流れが低下し、心臓から動脈が体中に運んだ血液を心臓に戻す働きのある静脈に問題が生じる状態です。

静脈内には、重力に従い逆流しようとする血液が落ちるのを防止するための弁がありますが、足などの場合は、この弁が壊れてしまうと心臓へ血液を送り返すことができなくなり、足先に戻ろうとします。

ここで、足先に戻ろうとする血液と上に向かって流れる血液の衝突で血液が滞留し、瘤(こぶ)できます。これが静脈瘤です。

静脈瘤の症状を緩和するためには、血液の循環を改善することが大切で、その中でも利尿作用の高いお茶を使った方法は、体液貯留を解消しながら静脈瘤の症状を緩和するのにおすすめの方法です。

本記事では、静脈瘤の症状を緩和する利尿作用の高いお茶を5つご紹介します。

静脈瘤の解消に最適なお茶

1. トクサ茶

抗炎症成分と利尿成分が含まれているトクサは、静脈瘤の症状を緩和するのにおすすめです。トクサ茶として体内に摂取することで、静脈の血液の循環を改善し、毛細血管を引き締めることで炎症を予防します。

材料

  • 水 1カップ(250ml)
  • トクサ 大さじ1(10g)

作り方

  • 水を沸騰させたらトクサを加えます。
  • 火を止めてから10分間かけて抽出します。

摂取方法

  • 1日に2−3カップを、週に3日以上飲んでください。

 

2. パセリ茶

パセリ茶は体液貯留と、それに関連する炎症系の問題を解消するお茶として知られています。

ビタミンとミネラルを豊富に含むパセリ茶は体内のデトックスをサポートしながら、血液の循環を妨害する老廃物の排出を促進します。

材料

  • 新鮮なパセリ 大さじ1(10g)
  • 水 1カップ (250ml)

作り方

  • 水を沸騰させたらパセリを加えて15分間抽出します。
  • パセリを濾したら出来上がりです。

摂取方法

  • 朝の空腹時に、パセリ茶1杯を飲んでください。
  • 可能ならば午後にもう一度飲んでください。

3. マロニエ茶

セイヨウトチノキとも呼ばれるマロニエは、利尿成分と抗炎症成分が含まれていることでも人気の植物です。

特に静脈瘤の原因となる血液循環などの代替治療として使われます。

マロニエ茶として飲むか、エキスを使って湿布をすることで、静脈の健康状態を改善しながら炎症や痛みを軽減します。

材料

  • 水 1カップ(250ml)
  • マロニエの樹皮 小さじ1(5g)

作り方

  • 水を沸騰させたらマロニエの樹皮を加えます。
  • 10分間かけて抽出してから服用してください。

摂取方法

  • マロニエ茶を毎日1杯飲み、2週間続けてください。

4. アメリカマンサク茶

天然のアメリカマンサク(別名:ウィッチヘーゼル)には、利尿成分が豊富に含まれているため、体内に蓄積された体液や過剰な水分を体外に排出しながら、血液の循環を促進します。

材料

  • アメリカマンサク 小さじ1(5g)
  • 水 1カップ (250ml)

作り方

  • 水を沸騰させたらアメリカマンサクを加えます。
    10−15分間抽出したら出来上がりです。

摂取方法

  • 1日に2回、3週間続けてください。

 

5. セージ茶

「女性のための植物」という名を持つハーブであるセージには、静脈の炎症を軽減しながら血液循環を改善する、抗炎症成分と利尿成分が豊富に含まれています。

また体内に過剰に蓄積された体液などを体外に排出しながら、炎症反応を癒します。

材料

  • 水 1カップ(250ml)
  • セージ 大さじ1(10g)

作り方

  • 水を沸騰させたらセージの葉を加えます。
  • 2分間火にかけた後、火からおろします。
  • 適温になったら飲んでください。

摂取方法

  • セージ茶2カップを週に3回飲んでください。

今回ご紹介した、静脈瘤の症状を緩和するのにおすすめのお茶をぜひお試しください。

カテゴリ: 自然療法 タグ:
あなたへおすすめ