体の中の有害な重金属を排出する方法

· 1月 31, 2016
ニンニクには、血行を促進する効果だけではなく、デトックス効果もあることをご存知でしたか? ニンニクを食べることで、体が毒素を排出する働きを促すことができます。

体の中に蓄積された重金属の害について、しばしば耳にする機会はありますが、具体的にはどういうことか、知っている人はあまり多くありません。重金属は、どのように私たちの体内に取り込まれ、体に害を及ぼすのでしょうか?また、どうすれば体に入るのを防ぐことができるのでしょうか?

この記事ではこういった疑問にお答えするとともに、体内に蓄積された重金属が原因となって起こり得る症状を予防する、クロレラ、コリアンダー、ニンニク、マグネシウムなどの食品やサプリメントを紹介します。

重金属とは何か?

内閣府 食品安全委員会委員会によると、重金属とは『そもそも地球の地殻中に存在するものであり、通常の環境下では、人も含めてすべての動植物に微量に存在する』ものです。これらの金属の中には必須ミネラル(銅、鉄、コバルト、マンガン、亜鉛など)もあるのですが、体内に過度に蓄積されたとき、体に少しずつ悪影響を与える有害ミネラル(アルミニウム、鉛、ヒ素など)もあるということが問題です。

私たちの体への影響

重金属を体内から取り除くことは難しいため、長い時間をかけて蓄積され、体が影響を受けることになります。古来より、医師たちは、重金属が過度に体内に蓄積された場合の症状について記録してきました。現在わかっているものとして、体内の有害な重金属は、多量に蓄積されると次のような病気や疾患のリスクを高めることになるかもしれません。

  • がん
  • 腎臓病
  • 肝臓病
  • 体の発育の遅れ
  • 自閉症
  • 自己免疫疾患
  • 関節の疾患
  • 神経機能の障害
  • パーキンソン病やアルツハイマーのような変性疾患
  • 内分泌疾患
  • 妊娠中の異常
  • アレルギー

このような病気や疾患を予防するためにも、デトックスを行い、体内の重金属を排出しましょう

こちらもお読みください『デトックスを習慣化するための方法3選

どのように体に取り込まれるのか?

有害な重金属は、私たちの周りにさまざまな形で存在しています。最も一般的なものは以下の通りです。(以下に当てはまるものに必ず有害な重金属が含まれているということではありません)

  • 鉛のパイプ
  • サーモン、マグロ、メカジキのような大きくて脂ののった魚に含まれる水銀
  • 壊れた水銀の温度計
  • 壊れた省エネ電球
  • アルミニウムなどが使われている調理器具
  • 予防接種ワクチンに含まれる有機水銀
  • 殺虫剤、農薬
  • ガソリン
  • たばこ
  • 食品添加物
  • 鉱山、工場、下水などの水
  • 歯科治療に使われるアマルガム(水銀が使われているもの)

 

テフロンフライパン

体の中の有害な重金属を排出するには

重金属を排出するために、キレート作用(重金属と結合し排出する)のある、次のような食品やナチュラルサプリメントを摂りましょう。これらには薬のような副作用もありません。

  • クロレラ:この藻類には強力なデトックス作用があり、重金属だけではなく、あらゆる種類の有害物質を排出する効果があります。これは主にクロロフィル(葉緑素)が豊富に含まれていることによるものです。
  • コリアンダー:このハーブは伝統的に、香辛料として使われてきました。しかし、キレート作用があることに加えて、ビタミンAK、含有量は多くないもののビタミンBCEなど、多種多様なビタミンが含まれています。
  • ニンニク:この食材には薬効があり、さまざまな症状の自然療法に使われますが、デトックスにおいてもとても役立ちます。ニンニクのデトックス作用は、あらゆる種類の毒素が体から排出されるのを促す効果があります。重金属のデトックスを行ったあと、効果を持続させるために、ニンニクを使ったチベットの伝統的な自然療法を行うこともできます。
  • マグネシウム:このミネラル自体にキレート作用はありませんが、毒素の排出を促進するのにとても効果があるとされています。

 

にんにく

これらのサプリメントや食品を、少なくとも3ヶ月の間、毎日摂取してください

デトックスを行うと、体が毒素を排出しようとする働きに伴い、痛み、にきび、下痢などの症状が現れる場合があります。この場合、サプリメントの服用や食品の摂取をやめるのではなく、デトックス効果を補うため、食間に水をたくさん飲むようにしてください。

また、便秘は重金属が排出されるのを妨げ、さらに毒素が発生する原因になるため、便秘対策も行いましょう

この記事でご紹介した内容を含め、民間療法・自然療法を行う際は、前もって必ず主治医に相談してください。

こちらもお読みください『便秘に良い自家製プルーンシロップの作り方