便秘に良い自家製プルーンシロップの作り方

· 7月 13, 2018

辛い便秘を解消するには、排便活動を促し、糞便を取り除くため水分摂取量を増やすことです。繊維が豊富な食べ物を積極的に取り入れることも鍵です。

便秘はよくある消化トラブルの一つです。通常の排便が困難となる排便習慣の変化によって引き起こされます。便秘とは通常3日以上排便がない場合が多いでしょう。

排便活動が困難になるだけでなく、便秘はお腹の痛みやガス、不快感を引き起こします。さらに、大腸に毒素が蓄積されるため、治療を必要とするような複雑化を招くこともあります。

便秘に良い自家製シロップ

自家製シロップを食べると便秘対策になるでしょう。腸の活動を促すため、硬く水分が不足した便を排出しやすくしてくれます。

今日ご紹介するこの自家製シロップはプルーンとレモン汁だけでできています。どちらも繊維が豊富で、抗炎症作用のあるフルーツです。下剤のように働き、細菌フローラのpH値を変えずに糞便を取り除くことで大腸を洗浄してくれるのです。

プルーンの効能

プルーン

プルーンはバラ科サクラ属のフルーツです。実は多肉質で硬い内果皮に包まれた種があります。

プルーンは便秘や消化不良に良いとして知られています排便活動を促すだけでなく、炎症や過剰な酸を抑えてくれるからです。

  • プルーンには食物繊維が非常に多く含まれています。この栄養は排便を促す効果があります。
  • また、悪玉コレステロール(LDL)の蓄積を減らします。
  • カロリーが低いのにも関わらず、細胞が燃料として使う天然の糖分を与えてくれます。
  • プルーンはプロバイオティック食品です。つまり、健康的な細菌に良い食べ物なのです。
  • プルーンには必須ミネラルが含まれているため、炎症や体液貯留を抑えるのに良いでしょう。

便秘に良い自家製シロップの作り方

ジャム

便秘に良い自家製シロップには様々な利点があります。

  • 市販されている下剤よりも安い
  • 体に有害な物質を使わない
  • 副作用がない
  • 週に何度も利用できる
  • 体にエネルギーや栄養を与える

作り方はとても簡単です。あなたも是非、作ってみてくださいね。

材料

  • プルーン 10個
  • レモン汁 レモン1個分
  • 水 グラス1/2杯(100ml)

使う道具

  • ブレンダー
  • 蓋つきのガラス製保存容器

作り方

  • プルーン、レモン汁、水をブレンダーに入れます。
  • 2〜3分攪拌します。
  • 蓋つきのガラス製容器に入れ、冷蔵庫に入れます。

食べ方

  • 便秘がちな人は朝食前に大さじ3杯、午前中に大さじ3杯、午後に大さじ2杯食べましょう。
  • 慢性的な便秘の人は排便周期が正常になるまで、積極的に食べましょう。
  • 便秘を予防したいという人は1日大さじ2〜3杯食べると良いでしょう。

重要!

グラスを持つ女性

今日ご紹介した自家製シロップを食べるだけでなく、食生活全体を見直すと良いでしょう。便秘のリスクを上げる可能性のある以下のような食べ物をできるだけ取らないようにするのも便秘を解消する一つの方法です。

  • 精製された小麦粉
  • 砂糖
  • ハムなどの加工肉
  • 揚げ物、缶詰の食べ物
  • 塩分の高い食べ物

水をたくさん飲むこと、繊維が豊富な食べ物を積極的に食べることも腸の機能を正常化する助けとなるでしょう。頻繁に便秘になるという人は、医師に相談し、他の原因が隠れていないか調べましょう。