プルーンが健康にもたらす素晴らしい効果

4月 19, 2018

プルーンの素晴らしい効果の1つは、お通じを良くしてくれるところです。

これは、プルーンが食物繊維とソルビトールという成分を多く含んでいるためです。また、エネルギーを高めてくれる効果があることでもよく知られています。

プルーンは、乾燥するとしわになり、色も濃く暗い色になります。

プルーンは、とても甘い果物で、これが、料理や焼き菓子を作るのにプルーンがよく使われる理由です。

この小さい果物は、たくさんの栄養素を含んでいます。例えば:

・食物繊維

・ビタミン(E、K、C、および葉酸)

・ソルビトール

これらの高い栄養価のおかげて、プルーンは私たちの健康に素晴らしい効果を発揮してくれます。

自然の便秘薬として

プルーンの便秘薬としての効能は、とてもよく知られていると思います。これは、ソルビトールという成分によるものです。

ソルビトールは、腸の働きを改善する下剤のような働きをします。

便秘で悩んでいる時は、プルーンは天然な便秘薬として素晴らしい効果を発揮します。

プルーンを8つほど食べる、またはプルーンジュースを飲むと便秘にとても良いので、簡単に摂取できるところも魅力的です。ジュースを飲むだけでも果物を食べるのと同じ効果が期待できます。

プルーンジュースの作り方をご紹介します。

材料

・プルーン 8つ

・水 約900ml

・はちみつ 小さじ1〜2杯

この記事も合わせて読みましょう:厄介な便秘を解消する7つの自然療法

作り方

腸とお腹

・プルーンを水に浸して、一晩おく。

・翌朝、プルーンをミキサーに入れて、液体になるまで1〜2分ほどブレンドする。

・その後、水を加えて、甘くしたい場合は、お好みではちみつを1〜2杯入れる。

ナチュラルエネルギー

プルーンには、果肉に糖分が凝縮されているため、特にアスリートがエネルギーをチャージするのに最適な食べ物です。

特に、疲れている時、食事の間に軽食として食べると効果的です。

酸化防止のためのフェイスパック

シワのある顔とない顔

プルーンには、ビタミンEが豊富に含まれています。そのため、お肌にとてもよく、シワを予防してくれます。

1日にいくつかプルーンを食べると、肌の酸化を防止してくれる抗酸化物質を摂取することができます。また、プルーンはフェイスパックとして使っても、素晴らしい効果が得られます。

パックの作り方をご紹介します。

材料

・プルーン 2〜3つ

・牛乳(必要に応じて)

作り方

・クリーミーなマスクを作るために、少量の牛乳とプルーン2〜3つをミキサーでブレンドします。

・ブレンドしたマスクをコットンを使って、優しく顔全体に塗ります。そのまま、15分待ちます。

・ぬるま湯で、顔をすすいでください。

このパックは、ニキビ、シワ、そしてシミを改善するのに役立ち、肌のテカリを抑えてくれます。

ダイエット効果

下剤としての効果に加え、プルーンには食物繊維が多く含まれています。また、低カロリーなので、ダイエットにもうってつけの果物です。

プルーンを食べると満腹感が得られるので、カロリーや炭水化物の取りすぎを防いでくれます。

さらに、体内をきれいにしてくれるクレンズの効果もあり、糖分や脂肪の消費を助けます。

食べ方

2週間、毎日プルーンを約90グラム食べましょう。だんだんダイエットの効果が見られるようになります。

この記事もおすすめです。:体内のデトックスに最適な6つの果物

虫歯と歯肉炎の予防

歯の健康

口は細菌が入りやすいところの1つです。

歯磨きの他に、虫歯や歯肉炎の予防に効果的な食べ物があります。プルーンは、その1つです。

プルーンに含まれるトリテルペノイドという成分が、虫歯の成長と細菌の繁殖を防いでくれます。

いかがでしたか? このようにプルーンは、体内、口、そして肌をきれいにしてくれる素晴らしい果物です。ぜひ毎日の食生活にプルーンを取り入れましょう!

 

  • Igwe, E. O., & Charlton, K. E. (2016, May 1). A Systematic Review on the Health Effects of Plums (Prunus domestica and Prunus salicina). Phytotherapy Research. John Wiley and Sons Ltd. https://doi.org/10.1002/ptr.5581
  • Lever, E., Cole, J., Scott, S. M., Emery, P. W., & Whelan, K. (2014). Systematic review: The effect of prunes on gastrointestinal function. Alimentary Pharmacology and Therapeutics. Blackwell Publishing Ltd. https://doi.org/10.1111/apt.12913
  • Hooshmand, S., & Arjmandi, B. H. (2009, April). Viewpoint: Dried plum, an emerging functional food that may effectively improve bone health. Ageing Research Reviews. https://doi.org/10.1016/j.arr.2009.01.002
  • Tinker, L. F., Schneeman, B. O., Davis, P. A., Gallaher, D. D., & Waggoner, C. R. (1991). Consumption of prunes as a source of dietary fiber in men with mild hypercholesterolemia. American Journal of Clinical Nutrition53(5), 1259–1265. https://doi.org/10.1093/ajcn/53.5.1259
  • Furchner-Evanson, A., Petrisko, Y., Howarth, L., Nemoseck, T., & Kern, M. (2010). Type of snack influences satiety responses in adult women. Appetite54(3), 564–569. https://doi.org/10.1016/j.appet.2010.02.015
  • McDonald J, Pirhonen D, Rangam MA. High fiber diets: their role in gastrointestinal disorders. Can Fam Physician. 1983;29:1632–1638.