歯肉炎に効果あり!5つの自然療法

· 2月 13, 2018
デンタルフロスの使用や正しいブラッシングは、歯肉炎を引き起こす食べ物の磨き残しや歯石を予防するのに必要不可欠です。

往々にして私たちは、歯の歯垢や歯石がたまったままでいることに慣れてしまい、そこに生じる細菌が歯茎に炎症を起こす、つまり歯肉炎の原因となるということを気に掛けていません。

歯肉炎がある人は、頻繁に歯茎から出血があるものです。しかし、歯肉炎は重大な病気ではありません。

正しい歯のブラッシング習慣とデンタルフロスの使用、そしてもちろん歯科でクリーニングを受けることによって、歯肉炎は解消できます。

これが、歯周の症状を一掃し、歯を維持している歯茎や骨を失わないための唯一の方法です。

もし適切な処置をとらなければ、歯周病となってしまいます。歯の周りに重大な炎症が起きる病気です。

  • 歯茎と歯の間に隙間ができ、口内炎ができます。
  • すると免疫系が炎症に抵抗するために機能し始めます。
  • 細菌の毒素と身体の自然の抵抗力が歯とそれを支える歯周組織を徐々に破壊し、歯がぐらついてしまいます。そうなると抜歯するしか解決法はありません。

リスク要因

喫煙

  • 喫煙は、歯茎の病気を起こす原因となる習慣の一つです。
  • ホルモンの変化によって歯茎が弱くなることもあります。
  • 糖尿病患者は、炎症を起こす可能性が高いです。
  • がんやエイズの治療が歯茎の健康に悪影響を及ぼすことがあります。
  • 特定の薬剤を飲むことによって唾液の分泌が少なくなり、口内に細菌が生じやすくなる人もいます。

こちらもお読みください:今すぐタバコを止めるべき8つの理由

症状

  • 口臭
  • 歯肉が赤くなる
  • 歯肉が腫れる
  • 食べ物を噛む時の痛み
  • 歯がぐらつく
  • 歯が過敏になる

治療方法は?

まずするべきは炎症をコントロールすることです。歯肉炎の重症度によって異なる治療法があります。

どの方法を選んだとしても、ポイントは毎日症状を確認することです。ここにご紹介する自然療法をぜひお試しください。その効果に驚くでしょう。

1. 重曹

木さじに重曹

重曹はアルカリ性の制酸剤で、菌類を退治しphバランスを整える働きがあります。

材料

  • 水 175ml
  • 重曹 大さじ3(30g)
  • デンタルフロス

方法

  • まず重曹を分量の水の中に入れます。
  • すぐに大さじ2のお湯を加えます。
  • デンタルフロスを重曹水に浸し、食べかすが溜まる場所などの汚れを取ります。
  • 次に、歯ブラシを重曹水に浸し、普段通りにブラッシングします。
  • 最後にたっぷりの水で口をすすぎます。

2. ミントの葉

ミントは、消毒作用、抗菌作用を持つ植物なので、細菌を除去し、歯肉炎による炎症を抑える効果があります。

材料

  • フレッシュミント 大さじ3(30g)
  • 水 200ml

方法

  • まず水を火にかけます。
  • フレッシュミントの葉をすりつぶします。
  • 水が沸騰したら、ミントの葉を加えます。
  • 30分間火にかけたままにし、その後火を止めて冷まします。
  • 1日3回このミントティーで口をすすぎます。

こちらもお読みください:ペニーロイヤルミントの効能とその他のスゴイ事実

3. ターメリック

ターメリック

ターメリックに含まれるクルクミンは、抗酸化作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用を持っています。そのため歯垢の蓄積を取り除き、歯肉の炎症を抑える助けとなります。

材料

  • ターメリック 大さじ4(40g)
  • 塩 大さじ1/2(5g)
  • 水 125ml

方法

  • まず、ターメリックと塩を水の中に入れ、なめらかなペースト状になるまで混ぜます。
  • できたペーストを指先を使って歯肉につけてこすり、15分間作用させます。
  • 1日2回行います。
  • ぬるま湯で口をすすぎます。

4. オキシドール

オキシドールまたは過酸化水素水は、細菌を一瞬で除去する化学化合物です。

材料

  • オキシドール 大さじ1(10ml)
  • 水 大さじ1(10ml)

方法

  • コップに2種の液体を入れ、スプーンで混ぜます。
  • 普段通り歯磨きをした後、オキシドールを混ぜた水で口をすすぎます。
  • さらにうがいを1分間します。
  • 最後に、ぬるま湯で口をすすぎます。

5. 塩とレモン

塩とレモン

レモンは強力な洗浄作用と抗菌作用があり、塩は傷を治し、炎症が広がるのを防ぎます。

材料

  • レモン果汁 1個分
  • 水 大さじ3(30g)
  • 塩 大さじ1/2(5g)

方法

  • この材料でうがい薬を作ります。
  • 器にレモン果汁を入れ、分量の水を加えます。
  • 次に塩を加え、スプーンで混ぜます。
  • 1日に数回、特に歯磨きの後にこの液でうがいをします。

これらの自然療法で、健康な歯茎を取り戻しましょう!

  • Page, R. C. (1986). Gingivitis. Journal of Clinical Periodontology. https://doi.org/10.1111/j.1600-051X.1986.tb01471.x
  • De Vries, K. (2015). Gingivitis. Australian Journal of Pharmacy. https://doi.org/10.1016/j.cemconres.2009.06.012
  • Deinzer, R., Weik, U., Kolb-Bachofen, V., & Herforth, A. (2007). Comparison of experimental gingivitis with persistent gingivitis: Differences in clinical parameters and cytokine concentrations. Journal of Periodontal Research. https://doi.org/10.1111/j.1600-0765.2006.00951.x