簡単ユニーク バナナの使い方6種

バナナはカロリーが高いという噂がありますが、バナナを食べても太りません。バナナは栄養価が高く、健康食材の代表です。

料理しなくても美味しく食べられるので、外出先でも手軽におやつになります。

この記事では、簡単でユニークな、バナナの持つ素晴らしいメリットを生活に取り入れる方法をご紹介していきます。

バナナ

バナナは、どんな年齢の人でも、気軽に食べることができる美味しい果物です。

炭水化物が豊富で、食物繊維とほんの少しの脂肪も含まれるとてもバランスの良い食べ物です。

この果物は、体重を増やすことなく私たちにたくさんのエネルギーを与えてくれます。最も健康的なおやつの一つかもしれません。

そして、ビタミンA、B、C、そしてマグネシウムやカリウムなどのミネラルも含みます。子供たちやスポーツ選手のためのスーパーフードと言えるでしょう。

バナナのメリットとして知られているものは、

  • 高血圧を軽くする
  • 筋肉の痙攣を予防する
  • むくみをとる
  • 胸焼けを落ち着かせる
  • 神経系を整える

バナナからメリットを受ける6つの方法

毎日違う方法でバナナを美味しく食べるためのオリジナルで簡単なアイデアがいくつかあります。

1.スムージーをよりクリーミーに。栄養価を高める。

バナナが入っていないスムージーは少し物足りなく感じます。バナナを使うと乳製品を加えなくても、濃くてクリーミーなスムージーが作れます。

  • さらに、バナナには強い風味があるので、セロリやほうれん草などの野菜の味を気にならなくしてくれます。美味しいスムージーなのに、しっかりと野菜をとることができますね。
  • バナナと純ココアを混ぜれば、健康的なチョコレートスムージーを作ることもできます。

Batidos-de-banana-500x375

2.砂糖を減らす

レシピにバナナを使えば、味に影響を与えずにレシピに書かれている砂糖の量を減らして、ヘルシーな甘さを加えることができます。

バナナは、ステビア、メープルシロップ、ココナッツシュガーなどの天然甘味料と組み合わせて使えます。お菓子作りの時に、普通の砂糖を全く使わないのも可能になります。

3.小麦粉と卵の量を減らす

ケーキを作る時、小麦粉の一部をバナナに置き換えてみてください。ちょっと工夫するだけで、より消化のしやすいしっとりとしたケーキになります。

これは、グルテンアレルギーがある人や炭水化物の消化に時間がかかる人にとって、とても嬉しいニュースですね。

完全に熟しているバナナは、お菓子作りの際に卵と置き換えることができます。これは、動物由来の製品を食べないビーガンの人にとって素晴らしいチョイスです。

4.お手軽な朝食

簡単に、美味しい朝ご飯を作りたいですか? 手作りバナナパンケーキに挑戦してみましょう。

材料(一人分)

  • 熟したバナナ 1本
  • 卵 1個
  • ハチミツ お好みで
  • トッピング用のジャム、チョコレートクリーム、ピーナッツバターなど

作り方

  • フォークや泡立て器を使って、卵を混ぜます。
  • バナナを加えて、フォークで潰しながら混ぜます。
  • バナナにも十分な甘さはありますが、甘いのが好きな人はハチミツを加えてください。
  • オムレツを作るように、生地を焼きます。少量の油を使って、中まで火が通るように両面を焼きます。
  • 出来上がったら、お皿に移し、トッピングを加えて温かいうちに召し上がってください。

tortitas-platano-500x334

5.ドライバナナ

バナナを薄くスライスし、乾燥するまで低い温度(40℃)でオーブンで焼けば、お手軽なおやつの出来上がりです。

約一〜二時間かかりますが、いつでも食べられるおやつが簡単に作れるのは嬉しいですよね。ドライバナナを常備しておけば、健康に悪いお菓子の衝動食いも抑えられます。

6.バナナシャーベット

ブードプロセッサーがご自宅にある場合は、簡単にできるシャーベットを作ってみましょう。

熟したバナナを凍らせてから、シャーベットのようにクリーミーで滑らかになるまでフードプロセッサーにかけます。

シナモンやココアパウダーを振りかけて、召し上がれ!

カテゴリ: レシピ健康習慣 タグ:
あなたへおすすめ