毎日バナナを2本食べると私たちの体に起こること

3月 31, 2018
バナナは世界中で最も消費されている果物の1つです。バナナはおいしいだけではなく、私たちの体に多くの健康効果をもたらします。本記事では、健康を改善するために1日2本のバナナを食べることをお勧めします。

風味が豊かなバナナは、私たちの健康に非常に多くの効能をもたらします。毎日バナナを2本食べることで、私たちの体には大きな変化が訪れます。

本記事では、数多くあるバナナの効能の中からいくつかをご紹介します。

血圧を下げる

バナナに豊富に含まれているカリウムが、高くなりがちな血圧を通常に戻します。一本につき約420 mgのカリウムが含まれています。

こちらの記事もご参考に:高血圧に効果のある薬用植物

過剰に増えた体重を減らす

バナナに豊富に含まれている食物繊維が、満腹感を持続させて、過剰に増えた体重を減らす効果があります。

バナナには、食欲を減らして体重を増やさないようにするのに役立つ物質である耐性デンプンが含まれており、これは血糖値を下げるのにも役立ちます。

さらに脂肪の蓄積はインスリンに依存するため、インスリンに対する体の感受性が高まる作用があるバナナは、減量を目指すときに非常に大切です。

貧血を予防する

バナナは貧血を予防します。

貧血は血液中の鉄分の欠乏によって引き起こされ、赤血球および低ヘモグロビンの結果として極度の疲労を引き起こします。

バナナに含まれる鉄分が、赤血球の形成を促進し、ビタミンB6は血液中のブドウ糖濃度を調節する役割を担っています。

消化機能を改善する

消化管を刺激することなく簡単に消化されるバナナは、消化機能を改善する働きがあります。

またバナナに含まれる耐性デンプンは大腸に達して、健康な細菌の増殖を促進します。

一般的には、胃炎や胸やけの症状を緩和するのに強く推奨されているバナナですが、下痢の後に体内から失われたミネラルを補給するために食べるのもおすすめです。

こちらの記事もご参考に: 消化不良や胃もたれに効く方法

ストレスを軽減する

バナナには、幸福ホルモンとして知られているセロトニンを産生するために必要な物質であるトリプトファンが含まれているため、ストレスを軽減し、気分を改善します。 

またバナナには約27mgのマグネシウムが含まれています。マグネシウムは、私たちの気分に影響を及ぼす睡眠の促進に役立つミネラルです。

ビタミンの欠乏を補う

バナナにはビタミンCが多く含まれており、1日の推奨摂取量の15%を占めています。

バナナ

ビタミンCは素晴らしい抗酸化物質であり、私たちの体内を破壊する活性分子である有害なフリーラジカルを中和する役割を果たします。

バナナに含まれる豊富なビタミンCのおかげで、血管の健康を維持しながら、コラーゲンを産生することが容易になります。

エネルギーの供給

バナナに含まれるカリウムにより、筋肉を痙攣から守ります。また、バナナに含まれる炭水化物が、激しい運動などに耐え抜く持久力やエネルギーを補給します。

注意事項

バナナを食べるときは、バナナの熟成度がバナナに含まれる栄養の質に直接影響することに留意してください。

緑色のバナナの主な栄養はデンプンです。

カットバナナ

前述したように、デンプンは少しずつエネルギーを放出するグルコース分子の多糖類です。

熟したバナナは90%がショ糖で7%がデンプンで、 ショ糖は、グルコース1分子とフルクトース1分子から構成されているため、 素早く体内に吸収され、血糖値やインスリンへの影響がより大きくなります。

あなたへおすすめ