自分を幸せにしてくれる人と一緒にいよう

10月 29, 2016

私たちは、日々を過ごしていく中で、他人のエネルギーを失わせるようなタイプの人と、どうしても関わらなくてはいけない時があります。したがって、そういうタイプの人からの影響を受けないように境界線を引く方法を身につけましょう。

世の中には色々なタイプの人がいます。中には、あなたのエネルギーを奪ってしまい、疲れさせてしまう人、穏やかに、平和に暮らしたいのに争い事を持ち込む人などがいます。

そして、こういう”幸せを妨害をする人”は、身近に必ず一人は存在すると言っていいのではないでしょうか。家族の中にいるかもしれませんし、友達や同僚かもしれません。

自分でも気がつかないうちに、周りにネガティブな影響を与える態度を取っていることがあるかもしれません。その人はあなたの事が必要で、あなたのサポートやアドバイスを求めているからこそ、自分の感情をぶちまけるのかもしれません。いつもいつもそんな態度を取るのでなければ、もちろん理解できることなのですが…

こういうタイプの人と上手くやっていくのは簡単なことではありません。しかし、自分を守るためには、適切な配慮を示す方法を知っておくこと、自分を啓発してくれる人を探すことが絶対に必要です。自分を啓発してくれる人は、私たちの心を幸せにしてくれるからです。

毎日のストレスの元、周りを疲れさせる人

私たちは、生きていると日々、様々なストレスに晒されています。

しかし、はっきりと理解しておくべきことがひとつあります。もし、誰かがあなたを疲れさせ、息を詰まらせ、感情のバランスを崩させるのであれば、それはあなたが”浸透性”のある人だからです。
woman-with-head-in-clouds

もちろん個々のタイプにもより程度は違いますが、心には浸透性や耐性があります。

  • 内向的な性格の人は、一定の社会的インタラクションに関わる状況への耐性がずっと低いのです。こういうタイプの人は、しばらく一人になって自分のバッテリーを”再充電”する時間が必要です。
  • 外交的な性格の人は、より刺激を求めます。一般的には耐性が強く、たくさんの人と話すことが好きです。色々な環境を渡り歩き、計画を立てることを好みます。
  • 問題は、内向的な人と外交的な人が”幸せを妨害する人”と直面しなければいけない時です。幸せを妨害するタイプの人は、自分が一番優先だと考えているため、周りが疲れてしまうのです。

幸せを妨害するタイプの人は、他の人に対する批判や妄想、存在すらしない問題を探し続けることであなたを疲れさせるのです。

信じがたいかもしれませんが、ストレスの大半は他人との関わり合いの中から来るのです。あなたを疲れさせ、ストレスを与えるタイプの人との関わり合いです。

ネガティブな相互関係によって脳に起こること

こういった状況では、”燃える”という言葉が意味を成します。人間の脳は、神経が張り巡らされた素晴らしい蜘蛛の巣だと考えてください。調和が広くはびこる、相互接続した組織なのです。

長期的または慢性的なストレスを感じている時、この調和は壊れています。脳の中の幾つかの部分は失われてさえいるのです。

  • 脳の海馬の神経細胞のデンドライトが壊れ始めます。これは、神経伝達物質に変化が生じるためです。コルチゾールが脳にネガティブな影響を与えます。
  • デンドライトとは、神経細胞を結合させる小さな腕です。
  • ストレスが大きいと、海馬エリアの連結性が弱くなります。これはデンドライトがたくさん壊れてしまうためです。デンドライトが連結性を邪魔してしまうのです。
  • 脳の海馬は記憶や感情を保存する部分です。

不安感やストレスを抱えている状況では、私たちは集中力を失います。無気力やネガティブな気持ちになるのもよくあることです。
neuron-connections

周りを疲れさせるタイプの人の影響を受けない方法

ストレスいっぱいの状況下で、その影響を受けない方法を身につけるのは簡単なことではありません。まず第一に、自分自身のネガティブさが自分を閉じ込めてしまう場合も時にはあるからです。

では、もし自分の母親がそういう、周りを疲れさせるタイプの人間だったらどうしますか?自分の配偶者や上司がそうだった場合は?実は多くの人がこのような状況に陥っているのです。

簡単なストラテジーを見ていきましょう。

自分を疲れさせる人からの影響を受けない

問題があるといつもあなたに電話をしてきて愚痴る友達や家族がいませんか?これを防ぐには、電話に答えるのは2日に1回にすることです。

境界線を引くことで罪の意識を感じるのは止めましょう。一度、もしくは二、三度は相手を怒らせてしまうかもしれません。しかし、あなたの引いた境界線をだんだん受け入れるようになるでしょう。

happiness

自分を啓発してくれる人を見つけ、心を幸せにしましょう

もし、家族の誰かや職場の誰かがあなたを疲れさせるタイプの人間なら、その人とは少し距離を置き、あなたを幸せな気持ちにしてくれる人と時間を過ごしましょう。

  • 人生はバランスです。埋め合わせをしなくてはいけないのです。
  • 周りの人を疲れさせるタイプの人とは距離を置くべきです。もし、どうしても関わらなくてはいけないのなら、境界線を引きましょう。自分を優先にし、自分を大切にしましょう。
  • 自分に与えられた時間のうちの70%を自分を豊かにするために使いましょう。そのためには、自分の時間を費やす価値のある人、自分を啓発してくれる人、一緒にいると自信が持て、ポジティブな気持ちが持てる人を見つけましょう。
  • 職場には色々な人がいると思いますが、きっと良い人がいるでしょう。家族の中にもおそらく尊敬する人がいるのではないでしょうか。

覚えておきましょう。もし、愛があるなら、あなたをだめにしてしまうタイプの人の場所はありません。なぜなら、あなたをだめにしてしまう人は、あなたを愛しているのではないからです。あなたの持つエネルギーを奪い、健康をも奪ってしまうでしょう。

あなたへおすすめ