ネガティブさに取り込まれないために/気を付けたい6つのこと

6月 3, 2017
ネガティブなエネルギーに取り込まれてしまわないよう、自分の心を見つめ、心や体の不調の原因を見つけ、リラックスや気分のリフレッシュを心がけましょう。

エネルギーには、ポジティブとネガティブの両方があり、どちらも思考や行動に大きく影響することを実感した経験がある人も多いのではないでしょうか。

ポジティブなエネルギーは、毎日を楽しむための活力になりますし、周囲にも良い影響を与えます。

しかしネガティブなエネルギーもまた、あなたの生活をいつの間にか侵食することがあり、時には周囲にまで伝わってしまい、人間関係などに問題を生じさせる場合もあります。

時に私たちは、自分のネガティブな感情を自覚せず、特に対策を取らずそのままにしてしまうことがあります。

心が少しネガティブな方向に向かっていると気付いたら、自分の心や、自分を取り巻く環境、人間関係などを見つめ直してみましょう

生きていく上で、時々否定的な考えを持ってしまうのはごく普通のことですが、ネガティブなエネルギーにとらわれて、自分の生活の質に悪影響を及ぼすようなことは避けた方がよいですし、そういったネガティブさに自分から近付くこともやめた方がよいでしょう。

一年中ポジティブでいる必要もありませんが、心のバランスを取ることが大切です。

この記事では、ネガティブなエネルギーに取り込まれないために、注意したい6つのサインをご紹介します。

1. 不機嫌

ネガティブなエネルギーは、心と体、両方の健康にとって、良い影響があるとは言えません。

イライラした状態が続いても「大丈夫」と考える人もいるかもしれませんが、実際のところ、ストレスや神経過敏は、思考や行動、周囲とのコミュニケーションに明らかに影響します

ネガティブな感情の原因を知り、自分の感情のコントロールにつとめることが大切です。

自分が不機嫌になっていると感じたら、数分間、目を閉じて、ゆっくりと深呼吸し、自分の内面を見つめることは、心を落ち着かせるために効果的な方法の一つです。

2. 不安と落ち込み

現代では、不安感やうつ状態に悩まされる人の数は増えています。どちらも、体の不調と同じくらい一般的な症状です。

しかし、体調を崩して病院に行くことはあっても、心の不調の場合はなかなか深刻なものとして考えられなかったり、我慢したりする人が多くいます。うつ病の初期症状に気付かずに、結果的に悪化するまで放っておく人もいます。

最近気分がすぐれない、落ち込みやすいと感じたら、決して一人で思いつめずに、信頼できる人やカウンセラーなどに相談したり、リラックスできることや楽しいことをしたり、エクササイズをしたりして、自分自身をいたわりましょう

3. 不満ばかり口にしてしまう

周囲に対する不満ばかり口にすることは、何の解決にもなりません。状況を良くする妨げにもなりかねませんし、自分自身の心もむしばんでしまうことがあります

ストレスを解消しているつもりが、ネガティブなことばかり話しているうちに、いつの間にかポジティブさを失ってしまったことに気付くかもしれません。

また、周囲との人間関係にも悪影響を及ぼす場合があります。

不満に対して耳を傾け、アドバイスをくれる人はたくさんいるかもしれませんが、不満を喜んで聞きたいという人はほとんどいないと言ってよいでしょう。

相手のことを考えず、グチや不満を聞かせてばかりいると、やがて相手はあなたから離れていくかもしれません。

4. 人間関係が長続きしない

何事もネガティブに考える傾向のある人は、ポジティブな態度の人と比べて、長続きする人間関係を築きにくい場合があります。

いつも機嫌の悪い人や、ネガティブなことばかり口にする人と付き合うのは大変疲れるものですし、時には不快に感じることさえあります。

怒りやストレスを感じることは誰にでもありますが、そういったときは感情に任せて自分のことばかり話すのではなく、心を落ち着かせ、相手とのコミュニケーションを意識して、相手の話に積極的に耳を傾けるようにしましょう。または、心が落ち着くまでできる限り一人で過ごすのも良い方法です。

5. 緊張と頭痛

ネガティブな感情は、思考や行動に影響を与えるだけでなく、筋肉痛や肩の凝り・筋肉の緊張、頭痛など、身体的な症状となって現れることもあります

体調を崩してしまう前に、何か楽しいと思えることや、夢中になれること、リラックスできることをしてみたり、ポジティブな人と会話したりして、疲れた心を癒しましょう。

6. 頻繁な口論

職場や家庭でいつも口論になってしまうという場合も、ネガティブなエネルギーの表れの一つかもしれません。

物事を話し合いで解決するのが難しかったり、普通に会話をしたくてもすぐに口論が始まったりする場合、自分や周りの人たちが置かれている立場や環境を見つめて、何がそういう態度にさせているのか、原因と解決策を考えましょう。

アロマテラピー、部屋の掃除、心地良い音楽などは、リラックスや、気分をリフレッシュさせるために役立ちます。

ネガティブなエネルギーに自分自身が支配されることのないよう、ポジティブな気持ちで立ち向かっていきましょう!

 

あなたへおすすめ