ヒドロモルフォン:使用法と副作用

ヒドロモルフォンは、モルヒネと同等の鎮痛作用と副作用がある薬です。この薬についてさらに理解を深めるためにも、ぜひ続きを読んでみてください。
ヒドロモルフォン:使用法と副作用

最後の更新: 10 5月, 2021

ヒドロモルフォンは、半合成のモルヒネ由来の鎮痛薬であり、オピオイドの5倍の効力がありますが、作用は短くなります。

この薬は、中枢神経系と平滑筋の両方に存在するμオピオイド受容体との相互作用における鎮痛作用があります。

投与経路は、経腸および非経口の両方となる可能性があります。 μ受容体への結合は、その鎮痛効果と副作用の両方の原因となります。

オピオイド鎮痛薬は、中等度から重度の痛みの治療において、特に急性の痛みや腫瘍性疾患に由来する痛みに関しては、薬理学的範囲における最も強力な柱の1つを構成しています。

急性の痛みの治療における臨床試験により、この薬が他のオピオイドと同様の鎮痛剤の同等性を保持していることがわかっています。

さまざまな製剤による癌性疼痛および他のオピオイドの治療に関する評価の中で、この薬は鎮痛作用と副作用の点でモルヒネと同等の薬であるとされています。

ただし、慢性の非癌性疼痛の治療を受けた患者における、ヒドロモルフォンの使用の有効性に関する科学的証拠を提供する対照臨床試験はまだありません。

ヒドロモルフォンの簡単な歴史

ヒドロモルフォン 使用法 副作用

すでに触れた通り、ヒドロモルフォンはモルヒネに由来する半合成薬で、1921年にドイツで合成されました。臨床的有効性に関する最初の結果は1926年に発表されましたが、この分子の特性に関する薬物動態学的および薬力学的研究は、1981年まで行われていませんでした。

製薬会社は、この種の医薬品をさまざまなブランド、プレゼンテーション、および用量で販売しています。ですが、即時販売する準備がまだ整っていない国も一部あります。

ヒドロモルフォンは私たちの体でどのように機能する?

ヒドロモルフォンは、μオピオイド受容体の強力なアゴニストです。そして、他のタイプのオピオイド受容体と同様に、これらはGタンパク質とペアになり、正と負の両方のモジュレーターとして機能します。これらは主に、このタンパク質を介して行われるシナプス伝達です。

ヒドロモルフォンは、神経終末の痛みの閾値を変えることも、末梢神経に沿ったインパルスの伝達に影響を与えることもありません。

私たちに生じる鎮痛は、前述の受容体に結合したときに脊椎レベルでの痛みの知覚に生じる変化によるものです。この薬は、他のアヘン剤と同様に、非常に高い鎮痛作用を持っています。

こちらもご参考に:鍼治療は関節痛に効く?

ヒドロモルフォンの副作用

ヒドロモルフォン 使用法 副作用

ヒドロモルフォンは、現在販売されているすべての医薬品と同様に、あらゆる種類の副作用が起こる可能性があります。

この薬を使った治療を行なった患者で観察された、最も頻繁に起こる副作用のいくつかを次にご紹介します。

  • 疾病状態
  • 嘔吐
  • 便秘
  • 眠気
  • 陶酔感
  • 口渇
  • めまい

この薬に関連する重篤な副作用としては、循環虚脱、ショック状態、呼吸停止、心停止に加えて、呼吸抑制や無呼吸などがあります。

結論

ヒドロモルフォンには、鎮痛特性や薬理学的特性があり、モルヒネと同様の副作用がありますが、この2つの薬剤の投与量、および経腸投与と非経口投与の間には依然として様々な論争があります。

現在、腫瘍性疾患に起因する慢性疼痛の治療におけるヒドロモルフォンの役割と質に関する公表データは多くありません。したがって、この分野ではより多くの研究が必要であり、臨床試験による患者へのヒドロモルフォンの効果については研究が続けられることでしょう。

こちらの記事もおすすめ
がん性疼痛に対するオピオイド治療
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
がん性疼痛に対するオピオイド治療

オピオイド治療により、がんの激しい痛みを抑えることができます。ただし、これらの薬は多くの副作用を引き起こす可能性があるため、使用には注意が必要です。がん患者は、激しい痛みに対処するためにオピオイドを使った治療を行うのが一般的です。多くの場合、腫瘍自体による圧力が原因で、激しく痛みと無力感が生じます。



  • García, B., Latorre, S., Torre, F., Gómez, C., Postigo, S., Callejo, A., & Arizaga, A. (2010). Hidromorfona: Una alternativa en el tratamiento del dolor. Revista de La Sociedad Espanola Del Dolor. https://doi.org/10.1016/S1134-8046(10)70025-2
  • Gil, S. J., Ramírez, C. L., & Galindo, V. (2011). Comparación del grado de sedación, profundidad anestésica y efectos colaterales de cinco protocolos anestésicos en perros sanos. Revista de Medicina Veterinaria. https://doi.org/10.19052/mv.566
  • Tolerabilidad y eficacia de la morfina versus hidromorfona en analgesia epidural posquirúrgica con bupivacaína en un hospital universitario: ensayo ciego, con asignación aleatoria. (2008). Iatreia.