心停止とその警告サインについて

· 3月 6, 2019
心停止の前兆となる警告サインを学んで理解することで、予防に役立ちます。健康第一だということを忘れずに毎日の生活を送ってください。

私たちの健康は、非常に大切な問題です。

心停止が起こる前の症状を理解することで、心停止が起こった場合の対処方法を学ぶのに役立ちます。

心停止の警告サインを知っておけば、事前に医師の診察を受けて医師がその原因を見つけるのに役立ちます。

 

心停止とは何ですか?

心停止の警告サインをご紹介する前に、心停止についてご紹介します。

動脈内に血栓や閉塞があると、血液が心臓に到達するのを妨害します。そしてこの閉塞によって、心臓は必要な酸素を摂取することができずに、心臓細胞は死滅して心臓発作や心停止が起こります

ご存知ですか?:心臓発作のサインを知る5つの方法

心停止の警告サインとその症状

1.呼吸困難

呼吸困難

疲労を感じたり呼吸が困難になる場合は、いずれ心停止となる可能性があるため、十分に注意してください。

これは科学的に呼吸困難として知られている症状で、一般的に女性に多く起こる症状です。

呼吸困難が起こったからといって、すぐに心停止になるわけではありませんが、心臓発作を起こす数ヶ月前に呼吸困難が症状として現れたというケースが報告されています。

そして呼吸困難に大きな疲労を伴うときは特に注意が必要です。

特別な理由もなく常に疲れを感じているのであれば、できるだけ早く医師の診察を受けてください。

2.過度の発汗

過度の発汗は心停止の警告サインである可能性があるもう一つの症状です。

運動や激しい活動をしていない時、または暑くない時期にたくさん汗をかいているのなら、心臓に何か問題がある兆候があるかもしれません。

動脈が閉塞している場合、心臓は体内に血液を送り出すためにより努力をしなければなりませんが、体が通常の温度を維持しようとするため、発汗が起こります。

3.消化不良および嘔吐

心停止と消化器系の問題の間に関係はないように思われるかもしれませんが、実は密接に関わりあっています。

そのため、心停止の前には、先行して吐き気や嘔吐などの消化器系の症状が現れることが多くあります。

嘔吐や吐き気が、間違いなく冠状動脈疾患の症状であると断言はできませんが、体に悪いものを食べたり胃腸が弱っているわけでもないのに、消化不良や吐き気が頻繁に起こる場合や、嘔吐をしてしまう場合は、深刻な問題へと繋がる可能性が高いため、必要に応じて医師の診察を受けることが大切です。

こちらもご参照を:心臓発作 男女の違い

4. 胸の痛み

胸の痛み

胸の痛みは、心停止の兆候としては最も一般的なもので、容易に認識される心停止の症状の1つです。

ただし、心停止が必ずしも胸痛を伴うわけではないことにも注意が必要です。

心臓発作による胸痛が心起こると、約15分間持続する傾向があります。

また胸に強い圧力がかかり、痛みが肩や腕にまで広がる可能性があります。

全体として、これらの痛みは体の左側に、心停止の数日前に現れることが多く報告されています。

5.背中と顎の痛み

心臓発作が起こる前には、背中や顎の痛みに気づくことが多くあります。

これらの症状は、男性より女性により頻繁に発生するようです。

突然これらの症状を感じ始めたら、すぐに病院に直行してください。

背中の痛み

6.めまい

めまいは心停止の兆候の一つで、通常、次第に悪化していく可能性があります。

またバランスを失って、その状況に圧倒される人が多くいるため、落ち着いて急な動きをしないことが重要です。

推奨事項

これらの症状のいずれかに気付いたとき、その症状が胃の健康問題やストレスなどの何にも関連していない場合は、原因を特定するためにすぐに医師に相談してください。

予防は心臓の問題の可能性を検出するための鍵です。

また、心臓発作を起こす前に生活習慣を常に改善するべきです。

禁煙や禁酒を行い、健康的でバランスのとれた食事を行いながら定期的に運動をし、座りがちな生活を避けることが大切です。

そしてこれらの警告サインには注意が必要です。