ご自宅で気軽に試せる!/シミを防ぐ4つのケア方法

· 6月 30, 2017
加齢によって現れるシミは誰にでも起こってしまいます。シミができて嬉しいという方はいないですよね。この記事では、シミの予防と治療方法をご紹介します。

加齢と共に、私たちのお肌のトーンは変化し、小さな茶色のシミが特に顔や手に現れ始めます。

幸いにも、シミを防ぐためにご自宅で試せる方法がいくつかあります。この記事で詳しくご紹介していきます。

シミ:加齢のサイン

年を重ねるにつれて、身体に起こる変化を否定することはできません。その変化の一つに「シミ」として知られる「日光黒子」があります。

シミは、加齢の最も一般的なサインの一つです。

そばかすよりも大きく、濃くて平らなスポットとして現れます。現れやすい主な箇所は:

シミが健康状態に被害を与えることはありませんが、女性の多くは美容上の理由からシミを消したいと願っていると思います。

シミの主な原因は紫外線によるものです。

もちろんビタミンDを作るために、人間は紫外線を浴びる必要があるのは事実です。しかし、強い紫外線に長時間あたると、皮膚を傷つけてしまう可能性があります。

特に、夏に屋外で数時間過ごすと皮膚の表層がダメージを受け、シミができやすくなります。

皮膚を傷つけてしまう他の要因は、香水に含まれる光増感物質です。この物質が紫外線に当たると、アレルギー反応を引き起こし、お肌にダメージを与えます。

また遺伝子的な要因で、シミが出来やすい方もいます。

シミを予防するには

Manchas-de-la-edad-500x334

女性の多く(もちろん男性も)は、シミが手や顔に現れてから、ケア方法を見直します。

ですが、シミが目立つ前から予防しようと心がけるのは非常に重要です。30〜35歳くらいから、目にはまだ見えないシミの予備軍を減らすために、お肌への習慣を変えることをお勧めします。

1.紫外線を浴びすぎないように注意する

お肌へのダメージを最小限に押さえるために、紫外線からお肌を守ることはとても大切です。

紫外線が強い時(例えば、正午や夏に)、太陽の光を浴びすぎるとお肌は軽いやけどをします。それが、後にシミとなって現れます。

2.日焼け止めを使用する

晴れた日や暑い日には、SPF30以上の日焼け止めの使用をお勧めします。

お肌が敏感な方や元々色白な方は、日常的に日焼け止めを使ってください。

3.お肌がカバーされる洋服を着る

夏の午前11時〜午後3時までの間は、外出を控えるのが賢明です。もし外出する場合は、背中や胸元などをきちんとカバーできる服を着て出かけてください。

4.新鮮な果物や野菜を食べる

Aprender-a-comer-500x334

食べ物は、私たちを内側から健康を保つために不可欠です。

フレッシュジュース、サラダ、スープ、旬の野菜や果物を使った料理をたくさん食べるように心がけましょう。

シミをなくすために、ご自宅でできるケア方法

紫外線によるお肌のダメージや加齢によって、既にシミが現れてしまったという方もご安心ください。

シミをなくすための、ナチュラルなケア方法がたくさんあります。

1.ひよこ豆のパック

このパックは缶詰のひよこ豆を使えば、何時間も豆を煮る必要がありません。

材料

  • 調理済みのひよこ豆 半カップ(150g)
  • 水 1/4カップ (62ml)

使用方法

  • ひよこ豆をさっと洗い、ボウルに入れます。
  • ゆっくりとボウルに水を入れ、ひよこ豆をすり潰すように混ぜます。
  • 滑らかなペーストができたら、それをシミに塗りましょう。塗る前に、お肌が清潔で乾燥しているかを確かめてください。
  • 塗った後は、20分間そのままにして乾かします。
  • 水ですすいではいけません。完全に乾くと、パックが自然と剥がれます。
  • このケアを毎晩してみてください。

2.レモン汁

レモンの高い酸のレベルが、皮膚の層に浸透して、シミを取り除きます。

このケア方法は、夜間のみに行ってください:レモン汁を塗って、太陽の光に当たると有害反応を引き起こしてしまう可能性があります。

レモン汁は現れたばかりのシミに効果的です。

  • レモンを半分に切って、入浴後にそれでお肌を擦ります。
  • 数分後、お肌をぬるま湯で洗ってください。
  • レモンがない場合は、赤たまねぎでも同じ効果が期待できます。

3.タンポポ

diente-de-leon-500x334

この植物は、シミをなくすのに非常に有効です。

とても簡単なケア方法です:

  • タンポポの茎を水平に切って、中の液体を取り除きます。
  • その液体をシミに1日3回塗りましょう。その後は、水ですすがず、そのままにします。
  • アロエベラに含まれるゲルでも、同じ効果が得られます。アロエベラは、他にもたくさんの効用があるので、お家にあると良い植物ですね。

4.リンゴ酢

すでに、リンゴ酢が冷蔵庫にあるという方が多いのではないでしょうか? リンゴ酢に含まれる酸が、レモンと同様の効果をもたらします。

日頃使っているハンドクリームとリンゴ酢を2:1の割合で混ぜると、手の甲に出来たシミをなくすのに、素晴らしい効果を発揮します。