手の甲のシミを目立たなくする方法

4月 28, 2016

手の甲のシミは、明らかな加齢のサインです。したがって、手の甲のシミに気がついたら、なんとか隠したり消したいと思う方が多いでしょう。今日は、手の甲のシミを目立たなくする方法について見ていきましょう。

加齢による手の甲のシミ:知っておきたいこと

年を重ねるに連れ、メラトニンのバランスが崩れ、肌に色素が沈着していきます。年配の人に茶色いシミやソバカスが多いのはそのためです。手だけはなく、首、肩、腕、顔など体全体にシミができていきます。例えば、直射日光、スキンケアクリームを使わない、遺伝、食生活(脂肪の多い食生活)、1日あたりの水分補給量、お酒、タバコ、メイクアップ化粧品、閉経、妊娠、薬など様々な要因がシミには関係しています。

2-hands

加齢による手の甲のシミを予防するには…

  • 特に夏場、直射日光に晒される場合には気を付けましょう。シミができてしまいます。特に肌の色が薄い方は気をつけ、SPF値の高い日焼け止めを使用しましょう。(子供用の日焼け止めはSPF値が高いことが多いです)にも忘れずに塗りましょう。
  • 常に手を保湿し、シミができるのを予防しましょう。
  • 水をたくさん飲み、体の内側から体に潤いを与えましょう。体から毒素が排出され、体の加齢プロセスを遅らせることができるかもしれません。
  • 抗酸化作用が豊富な食べ物を含むバランスの取れた食生活を送りましょう。肌がより健康的に若々しくなり、現在ある手の甲のシミやソバカスを薄くするだけでなく、予防効果も期待できるでしょう。
  • 手の甲のシミが濃い場合や、ずっと前からできている場合は皮膚科に相談することをお勧めします。

加齢による手の甲のシミに効く自然療法

加齢による手の甲のシミには、以下にご紹介するようなホワイトニングクリームやレモン1個分のレモン汁、適切なSPFの日焼け止めを利用しましょう。手の甲のシミが気になる部分に、シミ対策ホワイトニングクリームを塗ります。外出する際は、手の甲にも日焼け止めをしっかりと塗りましょう。特に夏場、海やプールに行くときは気を付けましょう。肌の色に合うメイクアップを使ってカバーするのも良いでしょう。最後にレモン汁についてですが、レモン汁は1週間に1度、手の甲のシミに直接付けましょう。ただし、付けた後に日光を浴びてはいけません。レモン汁を付けた後に日光を浴びると、シミが余計にひどくなってしまいます。

3-hands-2

加齢による手の甲のシミを目立たなくする方法:

  • アロエベラ1本から取れるジェル(もしくは市販のジェルエクストラクト)を1日2回、手の甲のシミが気になる部分に塗布します。新鮮なホエーが手に入るようなら、ホエーに直接手を浸したり、コットンにとって手に塗布するのも良いでしょう。
  • 牛乳とアップルサイダービネガーを同量ずつ混ぜたものを手や体に塗ります。
  • 過酸化水素(オキシドール)はシミに大変効果があるとされています。毎晩寝る前に、過酸化水素水(オキシドール)を浸したコットンで手の甲のシミが気になる部分を優しく塗布しましょう。
  • たんぽぽ茶を作り(たんぽぽ茶大さじ1杯につき水カップ1杯)、1日2〜3度手の甲のシミが気になる部分に塗布します。庭にたんぽぽが生えているなら、茎を切って広げ中の液体を直接シミにつけるのも良いかもしれません。
  • ヒヨコマメ1/3カップを潰し、少し水を加えて1日置いておきます。夜、これを手の甲のシミが気になる部分に塗布し、乾燥するまでおいてから洗い流しましょう。毎日繰り返すことをお勧めします。
4-washing-hands

手の甲のシミやソバカスを消す自然療法

加齢ではなく、若いのに手の甲のシミやソバカスが気になる方は、次のような方法を試してみてください。

  • 潰したクレソン、またはパセリ一握り分から取れる汁と水を混ぜたものを夜、手の甲に塗布します。翌朝に洗い流しましょう。
  • 缶ビールを1本分鍋に入れて温めましょう。沸騰寸前になったら火から下ろします。冷めたらこのビールで手を洗います。2週間、毎日繰り返しましょう。このトリートメントを行った後は、オリーブオイルやひまし油で手を保護すると良いでしょう。
  • 水1カップに塩ひとつまみ、レモン汁少々、消毒用アルコール大さじ1杯を加え混ぜます。寝る前にこの液をコットンに取り、手の甲のシミやソバカスが気になる部分に円を描くように優しくマッサージしながら塗布しましょう。翌朝洗い流します。
  • レモン汁に砂糖を少々溶かします。コットンを使って、手の甲のシミやソバカスが気になる部分を優しくマッサージします。30分程置いてから洗い流しましょう。
  • 純正ハチミツ大さじ1杯にレモン汁を少し加えてペースト状にします。これを直接手の甲のシミやソバカスが気になる部分に塗布し、30分待ちましょう。レモン汁は乾燥してしまいますが、ハチミツが肌の水分を逃さず保護してくれるでしょう。
  • イチゴ3粒とアプリコット2個を潰し、ペースト状にします。手の甲に塗布し、15分置いてから洗い流しましょう。
  • スライスしたパパイヤで直接ソバカスやシミを優しく擦ります。汁が乾くまで約20分程待ってから洗い流しましょう。ソバカスを目立たなしてくれるだけでなく、肌がもっと輝き清潔に見えるでしょう。
5-hand-lotion

どの方法であれ、肌に合わない時、トラブルが現れた時は、すぐに使用を止めましょう。シミが気になる時はまず皮膚科を受診し、専門医に相談することをお勧めします。

あなたへおすすめ