いちばん妊娠しやすい日っていつ?

2月 8, 2016

「妊娠しようと努力しているけれど、なかなか実現しなくてイライラする」「もしかしたら私か主人のどちらかが不妊症かもしれない」……そんな悩みをお抱えなら、何よりもまずリラックスし、いちばん妊娠しやすい期間を割り出す方法を学ぶ必要があります。

今回は、妊娠したいと願っているあなたのために、毎月の身体の変化に気づくにはどうしたらいいか、基礎体温管理法とは何かについてお話します。この記事を読めば、受胎に最適な日がすぐわかるようになることでしょう。

カレンダーを作りましょう

あなたのいちばん妊娠しやすい日を見つけるための第一歩は、月経が規則正しいかどうかによってちがってきます。いつも規則正しく生理があるなら、このタスクはとても簡単ですが、不規則な場合は、以下に挙げるさまざまな要素を考慮に入れなければなりません。

どちらの場合も、カレンダーを用意して、これからご説明する重要な情報を書きとめていかれるようおすすめします。あなたの月経周期の傾向を理解するのに役立ちます。

妊娠しやすい期間っていつ?

あなたの月経周期において、いちばん妊娠しやすい期間とはいつか—言い換えれば排卵期はいつか—を割り出すには、次の生理が始まる日から逆算して14日目をマークする必要があります。この14日というのはおよその日数ですが、月経周期が28日間だとしたら、いちばん妊娠しやすいのは、生理と次の生理のちょうどまん中あたりである、ということができます。ただし、次の生理予定日から逆算するようにし、すでに終った生理の初日から数えるのではないことを覚えておきましょう。

妊娠-1

何日つづくの?

排卵後の卵子の寿命は12時間から24時間、射精後の精子の寿命は2日間から5日間であることを考慮に入れると、妊娠可能な期間は月平均6日間しかありません。この6日間のうち、いちばん妊娠しやすいのは、排卵日とそれにつづく2日間です。ですから、この期間がいつかを知るために、身体が送ってくるその他のサインに注意を払うことが大切になります。

あなたのカラダが送ってくるサインとは

身体は賢いもので、妊娠しやすい期間が近づいてくるとさまざまなサインを送ってきますから、以下に挙げるような変化に気がつくことでしょう:

  • 自分がもっと魅力的だと感じる。
  • 性欲が高まる。
  • 不快感・乳房の腫れなど、生理中によく似た症状を経験する。
  • おりものに、卵白のような粘り気と透明感が見られる。このタイプのおりものは、精子を卵子へと運ぶのに適しています。排卵の2~3日前に現れ、次第に粘り気を増し、白っぽくなっていきます。
  • 基礎体温に変化が見られる。
恋愛関係と愛

基礎体温を管理しましょう

あなたの基礎体温を知ることは、懐妊するために妊娠しやすい期間はいつかを見極める手助けをしてくれるだけでなく、自然な避妊法としても利用できます。実際、基礎体温の管理は、最も古い避妊法のひとつです。

基礎体温は、必ず身体が休んだ状態のとき(なるべく目がさめた直後)、できるかぎり正確な体温計を使って計ります。

月経周期の5日目から、体温を測り始めましょう。計測部位は直腸内・膣内・口腔内などがありますが、3分間が目安です。実際の基礎体温を変えてしまう要素がいくつかあります:

  • 計測まえに3時間眠っていない、または不眠症
  • 計測直前に身体を動かした。
  • いつもとちがう時刻に計測した。
  • いつもとちがう夕食を食べた。
  • 風邪をひいている・身体が弱っている。
  • 瞑想中。
  • 体温計を変えた。
  • 身体のちがう部位で計測した。
  • その他。

基礎体温による、妊娠しやすい期間の割り出し方とは

基礎体温のグラフをつけると、結果がわかりやすくなります。

人によってちがいがありますが、排卵日まえの基礎体温は、36.5度から36.7度のあいだで変動する傾向にあります。ホルモンの変化の影響で、排卵日の前後を境に体温が0.3~0.5度ほど上昇します。この高温状態は月経周期が終わり、次の生理が始まるまでつづきます。

あなたの妊娠しやすい期間を見極めるためには、最低2ヶ月間、グラフをつける必要があります。あきらめずに、根気よくつづけましょう!

写真は、 ilyoungko様、 Boris SV様、Susan様のご好意で使用させていただいております。

あなたへおすすめ