あなたにふさわしい香水を選ぶ方法

· 6月 12, 2016
肌のタイプが人それぞれであるように、香りもつける人によって様々に異なります。そのことを知っているかどうかが重要なのです。

自分自身のために香水を選ぶことは、非常に主観的な体験です。もし、誰かが特定の香りまたは特定のブランドを手渡してくれたとしても、あなた自身の肌で試してみると、それが魅惑的な香りというよりも不快な香りになったりすることも当然あります。

香水を選ぶことほど難しいことはありません。たまに香水をプレゼントされることもありますが、その人はあなたの性格や雰囲気と一致すると思って選んでくれたのでしょう。しかし、実際にはあなたの脳が香りを受け入れるか否かを決めるのです。時には、木や柑橘類のような成分があなたの体にあまり合わず、なんらかの反応がでることもあるかもしれません。この記事を読めば、あなたに似合う香水を選ぶのに役立つ、興味深いシンプルな法則を見つけることが出来ることでしょう。

香水の濃度別分類

香水の強弱は、濃度によって決まります。香りの強いものほど良いものであるとは限りません。

「特別な日」には強い香りを使いつつ、普段使いにはほのかな香りを使う人もいることでしょう。一般的な方法ですが、以下の分類を覚えておくと良いでしょう。

 

ボディースプレー

通常、約 1% の濃度です。香りが長く持続しないかわりに、フレッシュな感じを与えてくれます。スポーツや身体活動の後にふさわしいです。

オーデコロン

3% から 6% の濃度で生成されていて、販売されている香水では最も一般的なタイプです。香りのベースや軽さを出すのに使われるのは柑橘類系が多いです。

オードトワレ

オーデコロンのタイプよりもう少し濃く7% から 15%です。一日中、どの時間帯に使うのにも適しています。

オードパルファム

15% の濃度です。

パルファム

最も強く、15% から 40% の濃度です。

 

あなたにふさわしい香水を選ぶ方法

2-perfume

香水を選ぶとき、いくつかの大事な点を考慮する必要があります。同じ香水でも異なる2 人が使えば同じ香りにはなりません。乾燥しがちか、オイリーかといったような肌のタイプに依存するからです。覚えておくべきは、あなただけがあなたの香水を選べる唯一人の人ということ。

 

香水の香りで誰かを思い出すことは珍しくありません。香りだけでなく、「あなた自身はどんな人か」を決める必要があるのです。素敵な香りがしても決してその場を邪魔しない香り、それはあなたとの時間を過ごす人に良い思い出を残してくれます。

 

アクティブで楽しい人

このタイプの人は、新鮮で、柑橘系のような香りを好みます。オレンジ、レモン、バーベナの香り. それらは、とても爽快で軽やかです。このタイプの香りには、とても素敵なユニセックスタイプの香水があります。

 

優雅な雰囲気を伝えたい人

誰でも時々、ミステリアスでエレガント、そして魅力的な雰囲気を漂わせたい時があるものです。そんなときこそ、高濃度でよりエキゾチックな香りをみつけましょう。長い間持続して、花やトロピカルフルーツ、森の面影を肌に残してくれます。

 

セクシーで若々しい性格

あなたが何歳かなんて問題ではありません。誰しも時には、挑発的で危険、セクシーな人格を装いたいものです。良いではありませんか。そんな時にはキャンディのような甘い香り、東洋の花々、リンゴ、バラの香りのする香水を選びましょう。

 

失敗することのない香水

いつでも外すことのない香りが2種類あります。どんな肌タイプでも、とても素敵な香りがします。

フレッシュな香り:「緑」の香りとして知られています。芝生の香り、柑橘類の香り..

花の香り:花の香りが嫌いな人はいないでしょう。楽園にいるような、飽きることのないバラ、ジャスミン、クチナシ、オレンジの花、スズランの香り…

3-perfume

すべての肌タイプに

あなたのお肌がオイリータイプなら、汗が香水の香りを変えてしまうことがよくあるでしょう。夏の時期には特に大事なことです。どうすればいいのでしょうか?

・濃度の薄いほのかな香り、または柑橘類ベースのいずれかを選択します。

冬の時期、また乾燥しやすい肌の場合は、東洋の花の香り、または少し強めの香りを選びましょう。

香水を選ぶということは思っているよりずっと難しいことです。だからこそ決めるまえには、お店である程度の時間を過ごすことが重要でしょう。是非自分の肌のタイプにあった香水を選んでみてください。