バニラのナチュラル香水の作り方

6月 26, 2015

 

バニラは魅力的な香りを持っているので、様々な料理の味付けにアクセントを付けたり、特にデザートの香りづけなどによく使われています。またバニラに含まれる成分の素晴らしい効果により、自然薬としても使われています。

今回はこの自然のバニラを使った香水の作り方を見てみましょう。

 

 

バニラの香りの効果

上品で心地よいバニラの香りは私たちに大きなエネルギーを与えてくれます。また不安感などを和らげる効果があることから、精神状態を安定させることができます。バニラの芳香成分はうつ病の人などに特に勧められています。

 

バニラの香りの香水には、気持ちを静める作用があるのでより簡単に心身を落ち着かせることができ、不眠によるストレスを防いでくれます。同じように、バニラの香りは自然の虫よけと言われていて、蚊を私たちに近づけないようにする大きな役割を持っているということも覚えておいてくださいね。

 

バニラの香水の作り方

材料

蓋つきのガラスの容器

香水の容器

ナイフ

コーヒー用のフィルター

70%のアルコール

4~5本のバニラの鞘

20滴ほどのホホバオイル、またはアーモンドオイル

 

 

作り方

作り方はとても簡単です。最初にバニラの鞘を半分開けます。

中の種などを全て出したら、ガラスの容器に入れます。残った鞘なども使うことができるので、細かくみじん切りにしてください。

 

すぐにアルコールをこのバニラの鞘が全部覆われるところまで注いだら、蓋をして温かく乾燥したところに大体6週間ほど置いてください。その間、週に1回だけ蓋を開けてよく混ぜたらまた必ず蓋をしてください。6週間経ったら、コーヒー用のフィルターを1,2枚使ってよく濾してください。

 

全部濾し終わったら、香水用の容器に移し替えて先ほど選んだオイルを入れてください(このオイルは香水の香りを長持ちさせる機能があります)。

 

出来上がった香水は涼しくて乾燥した場所で保管します。何か月か持ちますが、少しずつ香りが薄れていくので4か月以内に使い切ってください。

 

 

あなたの特製バニラのナチュラル香水を作ってみませんか?

 

 

あなたへおすすめ