精神状態を安定させる5つの大切な方法

· 7月 20, 2018
世の中には自分の思い通りにはいかないことが数多く存在すると言う事実を認めることで、無駄に心配する機会が減り、精神状態が安定します。

一年のある特定の時期(例えば12月)や結婚や引越しなどの人生における転換期に不安になり緊張するのは普通のことです。

しかし、特別な時期や状況ではないのにすぐに不安を感じたり神経質になる時は、1日の中で時間を作って、自分の心を少しだけ休ませる「休暇モード」になる練習をすることが大切です。

現代社会で正常な精神状態を保つために

苛立つことや怒る瞬間が誰にでもあります。また自分はそのつもりがなくても感情をコントロールできない状況に陥ることがあります。

忙しい日常生活を送る現代人の毎日は、リラックスしたり、ほんの数分間も自分自身を充電したり、心を落ち着かせることさえ許さないような日々なので、完全にリラックスできる唯一の時間が休暇中なのではないでしょうか?

しかし、年間を通じて蓄積されたすべてのストレスから解消されるのには2週間では不十分な場合もあります。

休暇中に海岸で横になっている時は精神状態を穏やかに保つことができるかもしれませんが、仕事に戻った初日に「現実の世界」を目の当たりにするとまた元の精神状態に戻ってしまうリスクもあります。

人間が落ち着くよりも神経質になる方が簡単なのはなぜなのでしょうか?

私たちの心は落ち着きがなく、常に何かを探求し続ける必要があることは事実ですが、探究心と、寝られなくなるほどの精神状態に陥ったり周りの人と争っているという状況は大きく異なります。

現代では交通手段の発達により、学校や職場の試験、仕事の面接、そして仕事に遅れて到着しないように神経を尖らせている状況が多くあります。

また電気代の上昇などの小さなことにもイライラしてしまうこともあります。

精神状態をコントロールするために

精神状態が正常でないことに慣れてしまっても、実は心身の健康に悪影響を及ぼします。

本記事では、これまで以上に精神状態や不安感をコントロールする方法をご紹介します。

1.緊張の原因となっているものを特定する

原因を特定する

上司の話し方、上司が仕事を依頼するときの頼み方、同僚が自分の意見に賛成しない、毎日の渋滞がひどい、住んでいる街の環境が悪いなど、様々な要因が私たちを緊張させます。

精神状態を安定させるためには、自分を緊張させる原因を特定し、それを一旦脇に置く習慣を身につけることが大切です。

そして、その原因を解消する方法を見つけましょう。

例えば、ストレスを感じる可能性のある上司とのミーティングが控えている時は、ストレスが溜まらないように様々な対策をしてからミーティングに参加しましょう。また、毎日の渋滞が辛い時は、別の道や時間を少しずらすなどの対処方法があります。

2.呼吸

不安を感じた時や神経質になって追い詰められているように感じる時には、意識的に呼吸を行って精神状態を安定させることが大切です。

私たちは極度のストレスを感じると、呼吸が表面的なものになり、過呼吸などを引き起こすことがあります。

そのため、神経質になったり精神的に追い詰められているように感じる時は、目を閉じて深呼吸を数回行うと、ある特定の負の感情が解消されます。

この方法は、特定の感情を避けるだけではなく、感情的に誰かと激しい議論をしそれを後悔するのを防ぐ効果があります。

意識をして深呼吸を行うことで、自分の心身状態が正常であること、そして何も心配する必要はないことを脳に伝えます。また普段から呼吸法を取り入れることで、常に穏やかな精神状態を維持するのに役立ちます。

3.プレッシャーを感じない

プレッシャー

自分自身に多くのプレッシャーをかけたり、自分がプレッシャーを感じている時に神経質になり、精神状態が不安定になります。

物事をすべて完璧にやり遂げたいと考えると、自分の失敗や間違いを受け入れることができなくなるため、睡眠障害が起こったり心が落ち着かなくなり心身がリラックスできない状態が続きます。

自分自身に対して多くの期待をかけすぎず、自分が期待していたものにならない物事もあることを受け入れることが大切です。

もちろん、自分に期待することは大切です。しかし時には、物事は私たちが期待していたものにならないことがあります。

「何かがうまくいかないのなら、その状況を変更しない?」と自分に尋ねてみませんか?

何か悪いニュースや状況に直面した時も神経質にならず、厳しい状況から多くのことを学ぶ機会だと前向きに考えることが大切です。

4. 自分がコントロールできないことは心配しない

「問題に解決策があるのに、人はなぜそれを心配するのか?また問題に解決策がないのに、人はなぜ心配するのか?」と言う言葉がアラビア語にあります。

私たち自身が、改善したりコントロールする力が及ばない物事が数多くありますが、逆説的にこれらの物事が私たちを緊張させます。

例えば「結婚式の天気」「高速道路での事故」「大切な会議の日に同僚が病気になる」などの出来事は、偶然の出来事であり、私たちがコントロールすることはできません。

コントロールできないのであれば、できる限り最善の方法でこれらの出来事に直面する方法を理解するべきです。このような考え方をすれば、自分が感じているプレッシャーが和らぎ、人生を楽しむことができます。

5. 自然の中で過ごす時間

自然の中で過ごす時間

公園に行ってリラックスをする、キャンプに行く、鳥の歌声を聞く、海岸沿いを歩くなど、自然に触れる時間は神経質になっている精神状態を正常に保つためにおすすめです。

自然と触れ合う時間には「魔法のような」不思議な効果があります。

私たちが本来の純粋な精神状態に戻り、母なる大地とのつながりを再認識することができる自然との時間を大切にしましょう。

都会を「抜け出す」と言う表現がありますが、忙しい毎日の中、週末などの時間を活用して自然の中で心身を充電して心を癒しましょう。

また森林や山でのハイキングやキャンプ、海岸沿いの散歩、そして大気汚染などの影響がない自然の中で過ごす時間や一泊以上の滞在は、心身のリラクゼーション効果があります。