あなたは他人の目を気にしすぎるタイプ?

· 10月 19, 2017
あなたは他人の目を気にしすぎるタイプですか? 自分の意見よりも人の考えが気になるのなら、自分の幸せを他人の手に委ねていることになるのです。

他人の目を気にしすぎていませんか?

他人を喜ばせようとしたり、その場のすべての人の承認を得られるような決定をしているとすぐに疲れ果ててしまいますし、自分の幸せも壊れてしまうでしょう。

私たちは皆それぞれの意見を持っているため、時には、混乱を感じることさえもあるでしょう。

誰の話を聞けばいいの?

誰のことを気にしたらいいの?

実は、他人があなたのことをどのように考えているかなどを心配しなくてもよくなる方法があります。

他人の視点から自分を評価するのは止めましょう

眼鏡を選んでいる人

他人が自分をどう評価するかで自分を評価しがちな人は、、明らかに自尊心に問題を抱えているでしょう。

誰かがあなたに魅力的だねと言えば、魅力的だと感じ、次の日、誰かが別のことを言えば、あなたも意見を変える傾向にある人は注意が必要です。

ありのままの自分に目を向けず、他人にどう見られているかにばかり気を取られていると何に関しても自信がなくなり、常に不安感に襲われる結果になります。

鏡を覗いてみましょう。

自分を見つめ、自分に対してどう思うかを考え他人の意見には左右されてはいけません。

人生で一番大切なのはあなた自身です。自分の意見を第一に考えてください。

こちらもご参考に:ありのままの自分を受け入れることを学びましょう

完璧でいる必要なんてありません

ノーという人

他人の目が気になり、人が自分をどう思っているかばかり心配している人は、周りの人が考える完璧な人間のイメージを作り出し、それに自分を当てはめようと必死になる傾向があります。

もちろん、完璧な人間など存在せず、完璧な人間になることばかりに気を取られて疲れ果ててしまうでしょう。

完璧でいなくてはいけないという強迫観念が、すべてにおいて罪悪感を感じ、自分が悪くないのに謝ってしまったり、小さな失敗にさえ耐えられなくなることもあるでしょう。

ひどい時には、他人に喜んでもらうためだけに、自分の計画や予定すら変えてしまうかもしれません。

外出せず家にいたいと思っていても友達が何か計画をしていたら、友達を喜ばせるためだけに無理にでも外出したことはありませんか?

「そんな気分じゃない」と言わず、周りの人にとって完璧な自分でいるために、他人を優先させ、自分が望んでいないことさえ、他人を喜ばせるためだけに実行しがちです。

まわりの人を喜ばせ、彼らとうまくやろうと考えるあまり、ストレスを抱える結果になります。

完璧でいる必要はありませんし、周りのすべての人と完璧な関係を築く必要はありません。

こちらもご覧ください:自分を愛することから始めよう 自分が望む愛を求めて

自信を持って物事を決定しましょう

岐路に立つ人

他人の意見や他人の目ばかりを気にし続けていると、自分が決めたことに不安を抱えることになります

重要な決定事項から、些細なことまで、すべてに対して「本当にそれでいいのか?」と疑うようになります。

自分が出した決断に対して、周りの人がどう反応するかばかりを気にする結果、自分が決定したことを周りの人が受け入れなかったらどうしようかと恐怖心を感じ、最終的に自分の決定や意見に疑いを持ち出します。

他人がどう考えるかなどは大切なことではなく、自分が考えた意見や決定事項こそが大切であり優先事項です。

他人の意見を優先するのを止め、自分を第一に考えてください

あなたが歩んだ道はあなたのもので、これから歩んでいく道もあなたのものです。

他人の目を気にせず、自分の考えや人生に責任を持ち、自分を第一に考える毎日を送りましょう。