あなたは他人の目を気にしすぎるタイプ?

10月 19, 2017
あなたは他人の目を気にしすぎるタイプですか? 自分の意見よりも人の考えが気になるのなら、自分の幸せを他人の手に委ねていることになるのです。

あなたは他人の目が、他人がどう考えているかが気になりますか?

いつも他人を喜ばせようとし、いつも皆の承認を得られるような決定をしていると疲れ果ててしまいますし、自分の幸せも壊れてしまうでしょう。

あなたは悲しみと孤独の輪に入り込んでしまうでしょう。他の人は皆それぞれの意見を持っているからです。時には、混乱を感じることさえもあるでしょう。誰の話を聞けばいいの? 誰のことは気にしなくていいの?

実は、これは変えることができます。他人があなたのことをどのように考えているかなど心配しなくてもよくなる方法があるのです。

他人の視点から自分を評価するのは止めましょう

眼鏡を選んでいる人

他人の視点から自分を評価してしまうという人は、明らかに自尊心に問題を抱えているでしょう。

誰かがあなたに魅力的だねと言えば、魅力的だと感じるのです。しかし、次の日、誰かが別のことを言えば、あなたも意見を変えるのです。

つまり、自分自身をありのままの自分として見るのを止めてしまっているのです。他人がどう自分を見ているかに囚われ、自分の見た目に不安を覚え出すでしょう。

鏡を覗いてみましょう。自分を見つめ、自分はどのように思うかを考えましょう他人の意見には囚われないようにしましょう。

自分自身の意見が一番最初にくるのです。あなたの人生で一番大切なのはあなたなのですから。

完璧でいる必要なんてありません

ノーという人

他人の目が気になり、人が自分をどう思っているか心配し出したら、完璧な人間のイメージを作り出してしまっているのです。

もちろん、完璧な人間なんていませんし、完璧な人間を作り出すことで自分自身を更に疲れさせることになります。

失敗の責任が自分にない時も謝るようになってしまうでしょう

完璧でいるという強迫観念が、ほとんど全てのことにおいてあなたに罪の意識を感じさせるのです。なぜなら、失敗に耐えられないからです。

あなたは他人を喜ばせるため、自分の計画すら変えるでしょう。

例えば、外出せず家にいたいと思っていても友達が何か計画をしていたら、その友達を喜ばせるために無理にでも外出しようとするのです。

「そんな気分じゃない」なんて言おうと思えないのです。結局のところ、あなたは完璧でいたいのです。いつも他人を優先させ、自分がしたくないことでさえも他人を喜ばせるためにするのです。

結果、あなたは周りの人全てと上手くやろうとしてストレスを抱えることになります。そして誰か、上手くやれない相手が出てきたら、不安になるのです。

完璧でいる必要などありません。また、周りの人全てと上手くやることもできません。他人が好むように、と自分のやりたくないことをするのは間違っています。

自分自身についてもっと考えましょう。本当は自分がどう感じているのかを考えましょう。これを行ったからといって失うものはないのです。

 

自信を持って物事を決定しましょう

岐路に立つ人

あなたは自分が決めたこと一つ一つに不安を抱えることになります

決定といっても必ずしも重要なことばかりではありません。些細なことでもあなたは本当にそれでいいのかと疑うようになります。

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。

それは、これまであなたは他人に焦点を当ててきたからです。あなたが出した決定に対し、周りの人がどう反応するかを気にしているからです。自分が決定したことを周りの人が受け入れてくれなかったら、と恐れているのです。だから自分自身に疑いすら持っているのです。

そう考えれば、他人がどう考えるかなどそれほど重要なことではないのです。あなた自身がどう考えるかの方がずっと大切なのです。

自分自身を優先しましょう。他人の意見を優先するのを止めましょう。他人の反応次第で決定するのは止めましょう。

自分の人生をどのように導くかという責任はあなた自身にあります。なぜなら、あなたが歩んだ道はあなたのもので、歩んだ足はあなたのものだからです。

他人の目を気にしすぎないでください。重点は自分自身におきましょう。

あなたへおすすめ