声帯の腫れ:原因、症状、治療法

11 1月, 2021
声帯の腫れは、声の変化や痛みを引き起こします。感染性の場合もあれば、声帯が過度に緊張した結果というケースもあります。声帯の腫れはどのように治療をするのでしょうか? 本記事で詳しくご紹介します。

声帯が腫れていると、いつもとは違う声になり首に不快感が現れて、何かがおかしいと身体が警告するのが一般的です。冬の間に起こる声帯の腫れは、寒さと気温の変化の中で外出したことが原因であることが多いですが、様々な職業病も、声帯の腫れを引き起こす可能性があります。

声帯は喉頭にある非常に小さな筋肉です。空気がそこを通過するときに筋繊維が受ける振動により、明確に発声することができます。この部分に炎症による滲出液がたまると声が変化します。

声帯の腫れの原因

声帯は、ウイルスが原因で炎症を起こしたり、増殖過程で声帯の表面で炎症を起こす可能性があります。つまり、声帯の腫れの原因は、感染性または非感染性である可能性があります。

感染性病原体の中には、ウイルスや細菌があります。感染性喉頭炎は、咽頭にコロニーを形成するウイルス粒子と微生物の拡散に有利に働く秋と冬にピークに達します。

免疫システムは防御機能として、白血球と免疫グロブリンを患部に動員して、体液の流れを増加させます。声帯は非常に細いため、これにより声帯が崩壊します。つまり、このプロセスが機能に影響を与えます。

感染性喉頭炎は最大3週間続くことがあり、多くの場合、最初の原因物質は存在していません。つまり、元々の原因となった物質がすでに存在しないにもかかわらず、腫れが続くため、免疫反応が時間とともに長くなります。

感染性咽頭炎とは違い、非感染性の喉頭炎は主に仕事に関連した要因が原因で発症します。教師、歌手、そして講演をはじめとする話すことを職業にしている人などが、自分の声帯に注意を払わずに負担をかけると、結節やポリープが現れる可能性があります。職業が原因で起こる声帯の腫れは、法医学の研究対象です。これらは、特に学校など、職場での予防措置が欠如しているために起こると考えられます。

水分補給をせず、高頻度で過度に声帯を長時間使用すると、喉頭の小さな筋肉が互いにこすり合って水分を蓄積します。これが頻繁に発生すると、腫れが慢性化する可能性があります。

声帯の腫れ:原因、症状、治療法 喉の痛み
感染性または非感染性の病気や賞状が、声帯の腫れを引き起こす可能性があります。これは、教師、講演者、歌手によく見られます。

続きはこちらから:声帯結節を示す5つのサイン

喉頭炎の症状

喉頭炎や声帯の腫れの最初の症状は、声の変化です。ただし、次に示すように、この問題の兆候は声の変化だけではありません。

声の変化にもさまざまな種類があります。一部の人々は声が弱くなります。この場合、叫ぶことも、高い声を出すこともできません。また、完全に声を失う人もいます。これは医学的に失声症として知られている状態です。

声帯が腫れると痛みが起こるのが一般的です。この痛みは、咽頭炎や、食道で起こる嚥下困難と混同されることがあります。喉頭炎はしばしば継続的な不快感を引き起こし、患者は休息したり眠ることができなくなります。

一部では、いびきが声帯の腫れの臨床像の一部であるケースが多くあります。これは、太りすぎの人により多く発症する症状です。太り過ぎの人が水平の状態になると、首の重さが喉頭にさらに圧力をかけ、空気の通過を妨げます。

最後に、炎症による声帯麻痺が最も深刻な障害の形態であることに注意してください。声帯は筋肉なので、過度の緊張は声帯をすり減らし、特徴的な筋緊張を失う可能性もあります。

声帯の腫れの治療法

声帯の腫れの治療は、腫れの原因によって異なります。職業病による声帯の腫れの治療は、ウイルス性喉頭炎による声帯ポリープの治療と同じではありません。同様に、慢性失声症の長期治療は、数日で自然に治る感染症による失声症の治療とは異なります。

ここからは、最も一般的な声帯の腫れを治療するために何ができるのかを分析します。

  • ウイルス性喉頭炎:声帯に起こる最も一般的な感染症です。抗生物質は細菌のみを治療するため、ウイルス性咽頭炎の特別な治療法はありません。ウイルス性咽頭炎を発症した人は、声帯を休ませ、回復するのを待つ必要があります。ただし、痛みを和らげ、分泌物が流体化するのを助けるために、抗炎症薬を必要とする場合があります。鎮咳薬や咳止め薬はまったく役に立たないため、お勧めしません。
  • 結節とポリープ:専門家は、喉頭鏡検査などの検査で声帯の異常増殖を見つけて治療を行います。この検査では、医師は通常、カメラと手術器具を備えた機器を鼻から挿入します。必要に応じて、医療専門家は結節やポリープを切除します。そうでない場合は、リハビリテーションとしてスピーチセラピストとの訓練を提案します。
  • 喉頭ガン:咽頭ガンへの腫瘍学的アプローチ計画は、重症度と病期によって異なります。患者が手術、放射線療法、化学療法、またはこれらすべての治療の組み合わせて受ける必要があるかどうかは、重症度と病気などを考慮して決定します。
声帯の腫れ:原因、症状、治療法
適切な治療法を選択するためには、声帯の腫れの原因を特定する必要があります。

詳細はこちら:咽頭炎を自然に治す方法

いつ医師に相談するべきか?

声帯は繊細な場所です。そして私たちの声は、他の人とのコミュニケーションを可能にするツールなので、声帯の正しいお手入れが欠かせません。

発声障害、失声症、または喉の痛みがある場合は、医師の診察を受ける必要があります。ウイルス性喉頭炎の場合は、医師が保守的な治療と休息を指示します。耳鼻咽喉科医が結節やポリープを疑う場合は、侵襲的な処置を行って、内部で何が起こっているかを確認します。これは迅速な診察で、正しい診断を行うのに役立ちます。

いずれにせよ、正しい治療法を見つけるためにできるだけ早く医師の診察を受けることが重要です。

  • de las Casas Battifora, Rosa Mª, and José Mª Ramada Rodilla. “Disfonías funcionales y lesiones orgánicas benignas de cuerdas vocales en trabajadores usuarios profesionales de la voz.” Archivos de prevención de riesgos laborales 15.1 (2012): 21-26.
  • Espinosa, Guillermo José López, Grisel Aparicio Manresa, and René Quintana Mugica. “Repercusión del ambiente laboral en el desarrollo de las enfermedades profesionales.” Acta Médica del Centro 6.1 (2012): 122-126.
  • Martínez, Eduardo Bracamontes, Rigoberto Astorga del Toro, and María del Carmen Jiménez Martínez. “La laringitis crónica por abuso de voz en pacientes profesionales de la voz, se encuentra asociada con reflujo gastroesofágico no aparente.” Revista del Instituto Nacional de Enfermedades Respiratorias 16.2 (2003): 64-69.
  • Buiret, G., S. Tringali, and P. Céruse. “Laringitis agudas del adulto.” EMC-Otorrinolaringología 38.3 (2009): 1-7.
  • Bothe, Carolina, et al. “Etiología y tratamiento de la parálisis laríngea: estudio retrospectivo de 108 pacientes.” Acta Otorrinolaringológica Española 65.4 (2014): 225-230.
  • Fernández, Cristina Povedano. “1.4. TRATAMIENTO FARMACOLÓGICO Y DISFONÍA.” DISFONÍA: 32.
  • Ortega, Gonzalo, Alejandra Rivadeneira, and Felipe Cardemil. “Pólipo bilateral de cuerda vocal: Presentación de un caso clínico.” Revista de otorrinolaringología y cirugía de cabeza y cuello 77.2 (2017): 164-168.
  • Alfonso Muñoz, Eulalia. “Caracterización clínica y epidemiológica de pacientes con cáncer laríngeo.” Revista Cubana de Medicina Militar 47.3 (2018): 1-9.