声帯結節を示す5つのサイン

声帯に見られる最も一般的な症状に声帯結節があります。この病気はよく声帯ポリープと間違うことがありますが、この2つは別の病気です。

声帯結節は名前の通り声帯に起こる結節(がんではありません)で、長期間喉を酷使することによって現れます。

声帯結節の成長は炎症から始まり、最終的にその部分が硬質化します。ですので、この症状は出来るだけ早く検知して治療する必要があります。

原因

  • 叫ぶ
  • 喉を過度に開く
  • 慢性的な咳
  • 変な声を出そうとする
  • 喋り過ぎる
  • 難しい音程の歌を歌う

このように、声帯を過度に使用するような動きは徐々に喉にダメージを与えます。そして、声帯の酷使が炎症から声帯結節へと変化するのです。

 

こちらの記事もおすすめです:

喉のイガイガにオススメしたい家庭療法

 

最も頻繁に見られる症状

1.声のかすれ

声のかすれ

声がかすれるのは喉が弱くなることで起こります。声がかすれると、話し終える前に息を吐き出してしまったり、空気が足りてないような感覚を感じます。

2.声の疲れ

咽頭や喉頭に乾燥を感じることがあるので、喉をすっきりさせたくなるでしょう。

3.首の筋肉の張り

首の筋肉の張り

脱水から肥満、悪い姿勢、そして突発な動きなど筋肉の緊張を引き起こす原因は様々なものがあります。これは、動きの影響を受けた部分の筋肉をブロックすることが起こる一般的な症状です。

しかし、声帯結節を患っている人は首に強い張りを感じることがあります。その結果、頭痛やその他の合併症を引き起こすのです。

 

こちらの記事も読んでみませんか?:

首の痛み:あなたが気づかない6つの原因

 

4.咳

喉に何か引っかかっているような感覚を咳は頻繁に見られる症状の一つです。また、その咳は痛みを伴うことがあります。特にコンスタントに咳をすると痛みを伴いやすくなるでしょう。

5.体に伴う喉の疲れ

体に伴う喉の疲れ

体に負担をかけると疲労を避けられません。同様に喉にも疲労が出ると症状が現れるのです。

結節を引き起こす可能性のある原因

  • アレルギー
  • 喫煙
  • 空気の量が少ない
  • 胃食道逆流症
  • 過度に湿気のある場所
  • 声を使う仕事:教師、キャスター、歌手など
  • 刺激性のガスや化学製品を吸引する

診断や検査について

診断や診察について

もし声のかすれを2、3週間以上感じているなら病院で診てもらいましょう。身体検査や、あなたのこれまでの病歴と現在の症状を医師としっかり話す機会を設けることはとても大切です。また、以下のような検査が必要な場合もあるので覚えておいてください。

  • 神経学的な検査
  • 耳鼻咽喉科での検査
  • 音声学者、言語学者、またはセラピストによる音声テスト
  • 声帯の動きを調べるための光を使用した喉頭鏡検査

治療について

声帯結節の治療は、手術、医薬品、または適切な声のケアで行うことが出来ます。

手術

手術による治療の目的は結節を声帯から取り除くことです。結節が大きかったり、長期間結節が存在していた場合などに手術などの措置を取ることが多いです。

医薬品

医薬品

声帯への負担を降らす為に、場合によっては医薬品による治療が必要な時もあります。医薬品治療は胃食道逆流症やアレルギー、または甲状腺などに用いられることがあります。

声のケア

具体的に、このセラピーは適切な口腔衛生や声帯を酷使することを避ける指導学習、健康的なトーンや音量の使用、そして良い声を出す為の呼吸法などを含みます。

その他の治療

  • 完全に喉を休める
  • 結節が小さくて柔らかい場合は、抗炎症性ステロイドで治療する
  • 結節が再び現れるのを防ぐために適切なボイストレーニングをする

声帯結節の予防法

  • 声を酷使しないようにする
  • もし歌手、教師、キャスターのような仕事をしている場合はしっかり声を休める時間を作る
  • 自信を持って落ち着いた喋りが出来るように練習する
  • 幼少期に喉に緊張を与えると問題を引き起こしやすいので親は子供に正しい発声方法を教える
  • タバコなど喉や鼻への刺激物を辞める
  • 声帯結節の疑いがある場合は、すぐに医師に相談してください。検査は簡単で痛みも伴わないので、本当に声帯結節があるかどうかを気軽に確認することが出来ます。

参考画像:©wikiHow.com

 

カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ