脳卒中になる前にあらわれる8つの兆候

脳卒中は、血液循環の欠陥によって脳血管の塊が死んでしまうことにより起こる、脳血管の問題です。血管が、壊れたり、また凝血塊によってブロックされてしまうと、脳へ必要な血液が流れなくなり、神経細胞が十分な酸素を受け取れなくなります。

脳卒中は、高血圧、脂質障害、喫煙の上昇に伴い、世界で増えている病気です。影響は男女ともにありますが、半数以上のケースが死に至るのは女性の場合です。

リスクは55歳以上で増し、その後も加齢とともに増し続けます。

最も心配なのは、他の心臓血管の病気と同じで、早期発見が難しく、他の一般的な問題と混同されやすい点です。症状が急に起きやすいのと同時に、患者は最悪の事態の前に、何かがおかしいなと感じる場合があります。

1.高血圧

lower-blood-pressure

高血圧の患者は普段、自分が危険な状態にあるという強い症状を感じません。

問題は監視されていない限り、高血圧は前触れであり、脳卒中や大出血のリスクは大幅に増大します。高血圧は脳の血管にダメージをあたえ、また負担を掛けがちです。これらは血液の崩壊や漏出の原因になります。定期的な医師の検査が、特に特有のリスクが現れた場合は大事です。

2.首コリ

首のコリは恐らくストレスや、悪い姿勢、仕事のし過ぎなどからくるものでしょう。しかし、血管がブロックされている、もしくは漏れがあるという可能性を捨ててはいけません。もし、顎を型に触れることが出来ない、もしくは頭にまで痛みをかんじるようでしたら、速やかにお医者さんへ相談してください。

3.ひどい頭痛

headache-1

頭痛は様々なことからくる、とても普通の症状です。そして、ほとんどの場合、深刻ではありません。しかし、明らかな理由がないのに、強い症状を感じる場合は、病院で診察を受けるのが賢明です。強い、ズキズキとする頭痛は、一般に動脈圧上昇のサインです。そして深刻なケースだと、卒中の接近です。

4.体の片側の麻痺

低血糖ととしても知られますが、これは脳卒中になろうとしているの人の一般的な症状です。これは一般に寝ている間に起きますが、眠りに落ちる少し前に起こる場合もあります。ほとんどの場合、診断が難しいですが、いかなることも無視してはいけません。

5.視界の問題

visual-stress-or-myopia

視力の良い人が急に視界にもやがかかったり、見えにくくなったりしたら、医師に相談した方が良いです。この症状はとても沢山の健康上の問題から来ますが、卒中の可能性も捨てることは出来ません。

6.突然の疲労

突然の疲れはいつでも何かの警報です。疲労は多くの深刻な健康上の問題の一般的な症状です。特に、何かが脳に酸素を運ぶ流れを妨げたときに出ます。

7.歩行困難、腕を動かすのが難しい

leg-pain

手足の運動障害は、卒中の前触れであることが多いです。皆が経験することではないのと同時に、時々これは発作の前に起きます。強く、通常ではない肩の痛みは、病院へ行く理由としては十分すぎます。

8、目まい、その他の錯乱

これらの症状は、沢山の健康上の問題からくるもので、ほとんどの場合問題はない、というのは事実です。しかし、医師に相談する理由にもなります。これらの症状は注意を向けられ、治療されるべきです。

なにより何かしらの心臓血管の問題のリスクを上昇させることがあります。まとめとして、発見は簡単ではないですが、脳卒中が起こる前にはある症状が現れるというのを知っておくことは賢明です。これらの症状には注意を払い、ただちに医療の助けを探すことは、悲劇を防ぐ鍵になります。