無視できない!皮膚ガンの症状

9月 10, 2017
皮膚ガンに打ち勝つには、早期発見が鍵となります。皮膚ガンかもしれない6つのサインを見ていきましょう。

皮膚ガンの患者数は近年増えています。

皮膚ガンは50歳以上の人がなることが多いのですが、若いからといってリスクがないというわけではありません。

皮膚ガンは紫外線によって放出された放射線に継続的に晒されることと関連していますが、上皮細胞DNA異変からくる場合もあります。

よくあるガンの一つではありますが、その致死率は下がっています。治療が発達してきましたし、簡単に診断を得ることができるからです。

皮膚ガンのケースの多くは、非メラノーマ多様です。これは細胞ベースでの変化を引き起こすことはありませんので、より効果的にコントロールすることができるでしょう。

しかし、できるだけ早く皮膚ガンの症状を見つけることが大切です。皮膚ガンがひどくなるのを避けるには、早期発見が鍵なのです。

今日は無視してはいけない皮膚ガンの6つの症状について見ていきましょう。

1. ホクロができている

今までなかった場所に新しくホクロが出来ている、それも変わった形をしているという場合は皮膚ガンのサインである可能性があります。

大きさ、色、触った様子などからとても特徴的ですので、すぐに気がつくことが多いでしょう。

赤みを帯びた点の場合もありますし、暗い色をした分厚いものである場合もあります。

2. 前からあるホクロの変化

以前からあるホクロが変化した場合は、決して無視してはいけません。上述したように、時間をかけて成長した変化には気をつけましょう。”

”アルファベットルール”、または”ABCDE”と名付けられた特徴がありますので、注意してみてくださいね。

  • アシンメトリーのA:ホクロの半分がもう半分とは全く違う
  • ボーダーのB:ホクロと周りの皮膚の境目が変わっている、崩れている、はっきりしない
  • カラーのC:ホクロの色が変化した。色が暗くなったり、変色した。青や赤、ピンク、グレーに見えるような影がある
  • ダイアメーターのD:メラノーマは最大幅6mmまでです。時にはもっと小さいこともあります。
  • エレベーションのE:ホクロの表面が盛り上がっているか

3. 傷が癒えない

肌細胞は健康なら、短期間で怪我やただれを癒し、皮膚を再生する能力を持っています。

肌細胞が悪性に変化すると、これとは逆のことが起こります。ヒーリング能力は消え、ほんの小さな傷でさえも癒すのが難しくなるのです。

ずっと前にできた傷やただれがなかなか治らないという人は、もしかすると皮膚ガンのサインかもしれませんよ。

4. シミが広がる

肌にシミができてしまうのには、体の内側だけでなく外側からの様々な要因が挙げられます。しかし、そのシミのでき方によっては、皮膚ガンである可能性も捨てられません。

例えば、シミがホクロからその周りに広がっているのであれば、一度チェックしてみるべきでしょう。細胞の健康に変化があることが原因かもしれません。

5. 赤みやむくみ

悪性の細胞は、ホクロとその周りの部分に炎症を起こす引き金となります。

これは通常、ホクロとの境目を超えて赤みを伴い、よくある皮膚の炎症の症状と似ています。

しかし、通常の皮膚の炎症とは違って赤みが消えず、日に日に悪化していくでしょう。

6. 敏感で痛みがある

皮膚が敏感になり痛みを感じるというのもまた、皮膚ガンの症状として考えられます。

医師の診察を受ければ、かゆみや触れた時の痛み、炎症など普通ではない細胞の発達サインを評価してくれるでしょう。

上記に挙げたようなサインがある場合、すぐに病院へ行き、皮膚ガンと関連しているかどうかを診てもらいましょう。

覚えておきましょう。早期発見が鍵なのです。

あなたへおすすめ