短時間睡眠しか取れないあなたへ

人間の脳は7時間以下の睡眠では正常に機能することが難しいのです。それでも短時間しか睡眠が取れない時にはどうしたらいいのでしょうか。

もし1日の睡眠時間が7時間以下ならば慢性的睡眠不足に陥っています。そうなってくるとあなたの健康に支障が出てきます。

少しずつではありますが疲れが取れなかったりしてあなたの体と脳に影響が出てきます。

健康を維持するためにしっかりと疲労回復するためには1日7時間から9時間の睡眠が必要です。もちろん人それぞれ睡眠時間は違いますし、年齢にもよりますが睡眠が重要であることにはかわりありません。そして7時間睡眠は最低限、誰にでも必要です。

もしあなたの平均的睡眠時間が1日4時間から6時間ならば日常生活を見直し、専門家を訪ねてみるのがいいかもしれません。1日4から6時間というのはたまにある眠れない日というのは含みません。あくまでも慢性的に、日常的にという意味です。

慢性的睡眠不足に陥っていると感じるならます日常生活の小さな習慣を見直すことから始めてみてはどうでしょう?例え睡眠不足でない人でも生活習慣を見直すのはよいことです。

もし短時間睡眠しか取れないなら試してみる価値ありです

sunrise-planet-normal-sleep

ちょっとびっくりするかもしれませんが、健康的な睡眠について一番よく理解している人達は宇宙飛行士の方々なんです。

なぜなら彼らは宇宙で長い時間を過ごさなければならず、それには24時間周期でしっかり決められた1日を過ごすことが重要になるからです。

宇宙ステーションからは地球は完全に停止して見えるため、1日の日の出から日没までを見ることができます。そして重力のない宇宙においては光や暗闇から隔たっているために人間本来の持つ睡眠と覚醒のバランスが自然と保たれます。

このため宇宙飛行士の方々にとって睡眠は特に重要になってきます。彼らの宇宙で果たさねばならない仕事の重要性を考えればなおさらです。

そのためアメリカのNSA宇宙研究所では睡眠に関する興味深い研究が行われていて、良質な睡眠を得るためのそのアドバイスは、私達にも役立つものです。

体内時計を見てみましょう

人間にはみな体内時計があります。この自然の時計は私達が24時間のリズムで生きていくのを助けてくれています。

日常において食事の時間や寝る時間を毎日一定にすることは私達の体が良い状態で活動できるための重要な鍵です。

この毎日決まった時間に食事、睡眠をとることで人間の体はしっかりと休むことができてより活動的な生活が送れるようになります。

そうは言っても忙しい日常で毎日同じ時間に、、というのは難しいですよね。仕事のシフトが変わったりなどしたら体もそれに合わせて体内時間を変えないとなりません。

そんな時には必ず1日7時間から9時間の睡眠を取るようにしましょう。質の高い睡眠のために下記のことが助けになってくれます。

睡眠環境

sleep-with-cell-phone

よく眠るには暗くなくてはいけません。なぜなら人間の脳が暗闇で寝ることによって睡眠のリズムを作りだすからです。もし日中に眠らなければいけないならばカーテンなどを閉めて光を遮断して眠りましょう。

それから携帯電話やパソコン、テレビなども切っておくといいでしょう。最初はちょっと難しいかもしれませんがよく眠れるようになります。

快適な部屋作り

安眠するには眠る環境がとても大切になってきます。部屋の温度と香りにも気を使ってみましょう。眠るのにちょうどいい気温はだいたい摂氏15度から22度くらいといわれています。

深いな匂いは睡眠の妨げになりますし、悪夢を見るかもしれません。なのでラベンダーやバニラなどの心を落ち着ける香りがおすすめです。

眠る前の準備

read

もしあなたが何かしらの事情で1日に7時間睡眠を取ることが不可能ならば、先ほど述べたように携帯電話やパソコンの電源を寝る前に切ってしまいましょう。

そして読書の習慣を付けるとよいです。眠らなければいけないという強迫観念もよくないです。明日は何をしなければいけない、、などと寝る直前に考えすぎてもだめです。心を落ち着けて寝る準備に入る必要があります。

そうこうしているうちにあなたの脳はリラックスしてだんだんと眠気が襲ってきます。そしたらそのまま眠りにつきましょう。

短時間の仮眠はよい

意外に思われるかもしれませんが、昼寝などの短時間の仮眠はいいことなのです。

一番よいのは15分から20分の仮眠です。これ以上ながくなってしまうと夜眠るのに障害が出てきます。15分から20分なら休むこともできる上に起きた時の集中力も上がります。

このように十分な睡眠を取ることが私達の健康において重要なことは言うまでもありませんが、もし1日7時間以上の睡眠を取ることが難しいならば体内時計を正常にする努力が大切になってきます。人間の体には本来備わった機能があるのです。それに耳を傾けてみてください。

それでも睡眠障害が治らなければ専門家に相談することを勧めます。睡眠障害を引き起こしている理由を探る必要があります。それくらい睡眠と健康は密接に関係しているということです。

 

カテゴリ: 健康習慣 タグ:
あなたへおすすめ