質の良い睡眠をとる方法

疲れてベッドに行き、睡眠をとり日常生活で消費したエネルギーを回復したはずなのに、ときどき朝目を覚ますと一睡もできなかったように感じることがある。そんなふうに疲れが取れなかったら腹立たしいですよね。以下に、質の良い睡眠をとる秘訣を紹介しますので、読んでみてください。

最悪なのは、寝ている間に全く休めていないことです。もし度々繰り返されるようなら、健康的にとても深刻な問題になります。睡眠不足のせいでひどくイライラして、他人に対して不機嫌になってしまうこともあるでしょう。

しかし、この問題には誰にも責任はないので、この不快な状況を改善する正しい方法を探すほかありません。以下に紹介する夜に質の良い睡眠をとるコツを是非実践してみてください。

質の良い睡眠をとるコツ

2-alarm

  • 最も重要なことの一つに、規則正しい睡眠習慣を維持することがあります。つまり、毎日同じ時間に布団に入り、少なくとも夜間に7時間寝ることを心がけます。こうすることで体がルーティーンに慣れて眠りに落ちやすくなり、エネルギーを蓄えるために必要な休息を助け、新しい一日をリラックスして元気いっぱいな状態で迎えられるようになります。
  • 寝る前に約30分間熱いシャワーを浴びることも、早く入眠しより深い睡眠を取るのに良い方法です。熱いお湯は筋肉を弛緩させ、その日に溜まった緊張をほぐしてくれます。
  • おばあちゃんやお母さんから、温かい牛乳を寝る前に勧められたのを覚えている人もいるのではないでしょうか。これは本当に効果があるのですが、乳糖不耐症の人はできません。乳糖不耐症とは、乳糖分解酵素の欠乏によって乳糖が消化できない状態を指し、下痢や腹部の痙攣が起こります。なので、もし乳糖不耐症の人がこの方法をやってしまうと、夜通し腹痛に悩まされ眠れなくなってしまい逆効果なので注意してください。
  • もし睡眠に障害を持っているのなら、コーヒーのようなカフェイン飲料を飲むのは避けましょう。カフェインには興奮させる作用があり、十分な休養を妨げます。―アルコールも同様です。もしどうしてもというのなら、朝に飲むようにして寝る前には飲まないようにしましょう
  • 睡眠を妨げるその他の因子として、寝る前に大量の食事をとることがあります。なるべくサラダなどの軽い食事を摂取するのが良く、寝る前の2時間前までに食べ終えるようにしましょう。そうすればよく休めるはずです。
  • 質の良い睡眠を取るには、よいベッドを購入することも重要です。硬すぎもせず、柔らかすぎもせず、中くらいの硬さが良いです。それは枕にも同じことが言え、夜寝るときに快適に体を支えてくれるでしょう。
  • 寝室の室温を快適にしましょう。そして、十分な睡眠の妨げとなる邪魔な光や騒音を排除しましょう。