タイルの目地を白くする5つのエコ掃除法

6月 23, 2018
タイルの目地には、洗剤の残りやホコリ、その他カビの温床になる物質がたまります。そのため定期的に殺菌することが重要です。

タイルの目地を白くするのに化学洗剤を使用する必要はありません。効果的な洗剤が市販されていますが、経済的でエコロジーな材料できれいにすることができるものがあります。

目地には、湿気やホコリその他の物質がたまっていくことで劣化していく目地材が埋め込まれています。初めは気が付かなくても、時が経つにつれてカビが生えて黒っぽい色になってきます。

厄介なのは、壁が不衛生に見えることと、こういった微生物の蓄積はアレルギーのリスクを高めることです。ですから1週間に1回、数分間のそうじをするのがおすすめです。

タイルの目地を白くする方法

タイルの目地を白くする天然材料をご存知ですか? 今回は、5つの優秀な材料について詳しくご紹介します。ぜひお試しを!

 

1. ホワイトビネガー

ホワイトビネガー

そうじに大変役立つ天然材料として知られるホワイトビネガーは、タイルの目地を白くするのにも強い味方です。天然の酸を含むので、カビを落とし湿気によるシミを取り去ります。

材料

  • ホワイトビネガー 125ml
  • ぬるま湯 60ml

準備

  • 容器にホワイトビネガーとぬるま湯を入れて混ぜます。
  • 混ぜた溶液を瓶に保存します。

方法

  • タイルの目地にこの溶液をかけ、10分から15分間作用させます。
  • そのとスポンジかブラシでこすり、洗い流します。

注意… 頑固な汚れの場合は、ホワイトビネガーを薄めずにそのままかけてこすります。

 

2. 重曹

重曹は、私たちが利用できるエコロジー「洗剤」の中で最も効果的なものの一つですその収れん作用と抗真菌作用によって目地が汚く見えるカビの汚れを落とします。それだけでなく、悪臭と細菌も中和してくれます。

材料

  • 重曹 100g
  • 熱湯(必須)

準備

  • 重曹を容器に入れ、ペースト状になるように熱湯を加えて混ぜます。

方法

  • タイルの目地に重曹ペーストを塗ってこすります。
  • 30分間作用させた後、洗い流します。

こちらもお読みください:自宅で簡単! エコフレンドリーなガラスクリーナーの作り方

3. レモン果汁

レモンとその果汁

レモン果汁に含まれるクエン酸は、タイルの目地のカビや細菌の成長を止める作用があります。レモン果汁を直接使うと、汚れを取り除くだけでなく、果汁による汚れやシミも残りません。

材料

  • 搾りたてのレモン果汁 125ml
  • 熱湯 60ml

準備

  • レモン果汁に熱湯を入れて薄めます。
  • それをスプレー容器に入れます。

方法

  • タイルの目地にこの溶液をスプレーし、スポンジでこすります。
  • 洗い流してみて、汚れが落ちるまでくり返します。

 

4. リンゴ酢

リンゴ酢の主な用途は、確かに料理と自然療法です。しかし酸の濃度が高いので、タイルや浴室の掃除にも優秀な材料になります。

材料

  • リンゴ酢 125ml
  • 水 125ml

準備

  • リンゴ酢を水で薄めます。

方法

  • 溶液に浸したスポンジでタイルの目地をこすります。
  • 目地が白くなるまでくり返します。
  • 最後にぬるま湯で洗い流します。

こちらもお読みください:リンゴ酢のちょっと変わった使い方5選

5. オキシドールと重曹

重曹の瓶と木さじ

タイルの目地やよく似た部分を白くするのに最もおすすめの材料の一つがオキシドールです。今回は湿気のシミと石けんかすを取り除くために重曹と混ぜてみましょう。

材料

  • オキシドール 60ml
  • 重曹 100g

準備

  • オキシドールと重曹を半固体のペーストになるように混ぜます。

方法

  • タイルの目地にペーストを広げ、ブラシかスポンジでこすります。
  • 10分間そのまま作用させ、熱湯で洗い流します。

注意… カビの汚れが落ちない場合は、オキシドールと重曹のペーストを使用した後に、ホワイトビネガーを少々かけてこすりましょう。

 

浴室やキッチンのタイルの目地に見苦しい汚れがたまっていませんか。ご紹介したシンプルな掃除法をぜひお試しください。ご覧のように簡単に準備ができて、高価な材料を使う必要もありません。

 

 

あなたへおすすめ